ここから本文です
健康な食生活を目指して&ボーダーコリームギ
いつも拙いブログにお越しいただき、ありがとうございます。

書庫全体表示

春の香りのナムルです。

すりごまをたっぷりと一緒に和えます。

焼き豚は必ず入れてくださいね?この焼き豚が野菜の味に深みを添えます。

●グリーンピースの栄養

(栄養素 )食物繊維、たんぱく質、ビタミンB1、B2、C、鉄、カリウム、カロチン、

(効 用 )便秘を解消、ダイエットに。コレステロールの吸収を妨げ、体外へ排出。(食物繊維)

(memo )さやえんどう→スナップえんどう→グリンピースと、豆が大きくなるほど、ビタミンC、カロチンは減少しますが、グリンピースは食物繊維が豊富で、豆の中ではトップクラス。
サヤから出すと味がどんどんおちるので、使う直前にサヤから出す。

●そら豆の栄養

(栄養素 )たんぱく質、ビタミンB群、C、食物繊維、カリウム、鉄

(効 用) 疲労回復(ビタミンB1)ダイエットに。糖質や脂質をエネルギー代謝にかえる働きがある。(ビタミンB2)

(memo) 空気に触れると味も栄養価も低下するので、さやから出したらすぐに調理。
薄皮には食物繊維が豊富なので、そのまま食べる方がよい。

●春キャベツの栄養

(栄養素 )ビタミンC、U(キャベジン)が豊富。カリウム、カルシウム、食物繊維

(効 用 )胃腸の調子を整えます。胃粘膜を強化し、傷ついた胃を修復。(キャベジン)
肝臓の解毒作用を助けます。二日酔いに…。(キャベジン)
免疫力を高め、風邪を予防。(ビタミンC)
美容に…。メラニンの生成を抑えてシミ、ソバカスを防ぐ。皮膚にツヤがない時など。(ビタミンC)

(memo )ビタミンC、Uは加熱するとこわれるので、生食が効果的。加熱するときはスープなどにして汁ごと食べるとよい。
芯の部分に多くビタミンCが含まれています。
芽キャベツ(旬は秋から春!冬の緑色野菜)はビタミンCが普通のキャベツの3倍。
油による胃もたれを防いでくれるので、豚カツやフライなどに添えるとよい。

(野菜の栄養・春の野菜より)

☆グリーンピース・そら豆・春キャベツのナムル

イメージ 1


<材料 2人分>

グリーンピース(正味) 50g
そら豆(正味) 50g
春キャベツ 300g
塩 適量
焼き豚 100g
和えるたれ(白すりごま大さじ3・塩小さじ1/3・鶏がらすーぷの素小さじ1/4・ごま油小さじ1)

<作り方>

1.グリーンピース・そら豆は調理する直前にさやから出して、それぞれ塩を加えた熱湯で茹で、ざるにあげる。そら豆は薄皮をむく。

2.キャベツは芯を除き、塩少々を加えた根等で茹で、水にとって冷まし、ざく切りにして水気を絞る。

3.焼き豚は一口大に切る。

4.和えるたれの材料を合わせてよく混ぜ、,離哀蝓璽鵐圈璽后Δ修蘰Α↓△僚侫ャベツの焼き豚を入れて和える。

にほんブログ村 料理ブログ
http://www.recipe-blog.jp/
↑レシピブログ
上記のブログのランキングに参加しています。クリックしてくださると嬉しいです。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事