ここから本文です
健康な食生活を目指して&ボーダーコリームギ
いつも拙いブログにお越しいただき、ありがとうございます。

書庫全体表示

回鍋肉

豚ばら肉の薄切りを一度茹でて、脂を抜いて使用します。

合わせ調味料に甜麺醤と味噌、みりん、酒を混ぜ合わせます。

豆板醤も入れて、辛味が加わって、何ともいえない美味しさです。

ぜひぜひ、作ってみてくださいね。

●キャベツの栄養

春に収穫する春キャベツは、みずみずしく柔らかいので、サラダなど生食に適しています。

冬に収穫される冬キャベツは巻きがしっかりしていて、加熱調理しても煮崩れしにくく、甘みが増します。ビタミンCを豊富に含み、大きめの葉1枚で1日の必要量の約7割を摂取することができます。

骨を強くし、骨粗鬆症を予防する効果のあるビタミンKや、またキャベジンと言われるビタミンUが含まれ、胃や十二指腸の潰瘍の予防・治療に効果が期待できます。各種のミネラルは消化・吸収を促進し、消化不良のむかつきを防いでくれます。〔旬の野菜・栄養情報より)

●ピーマンの栄養

ピーマンはとうがらしの仲間で、緑の他に赤、橙、黄などカラフルなピーマンを見かけるようになりました。赤ピーマンは栄養価が高く、甘味も強いようです。

ピーマンはビタミンCを豊富に含んでいますので、細胞を丈夫にし、カゼの予防やお肌のトラブルに効果的です。

毛細血管を丈夫にするビタミンPやコレステロールを低下させる作用のある葉緑素(クロロフィル)を含んでいますので、高血圧や動脈硬化にも有効です。

クロロフィルには抗酸化作用があり、がん予防にも効果が期待できます。(旬の野菜・栄養情報より)

☆回鍋肉☆

イメージ 1


<材料 4人分>

豚バラ薄切り肉 200g
下味調味料(酒・醤油各小さじ1)
キャベツ 600g
ピーマン 2個
ねぎ 1本
しょうが 2かけ
にんにく 1かけ
豆板醤 小さじ2
合わせ調味料(甜麺醤大さじ3・みそ大さじ1・醤油大さじ1・みりん大さじ1)

サラダ油 大さじ3


<作り方>

1.下ごしらえをする

‘敍は長さ3cmに切り、下味調味料をからめる。キャベツは6cm四方に切り、水をはったボウルにつけておく。ピーマンは縦半分に切り、へたと種を取り、乱切りにする。

△佑は青い部分と白い部分にわけ、白い部分は幅2cmの斜め切りにする。しょうが1かけは包丁の背でつぶし、もう1かけはみじん切りにする。にんにくはみじん切りにする。

2.豚肉を茹でる

|羃擇覆戮砲燭辰廚蠅療鬚鯤┐し、豚肉、ねぎの青い部分、つぶしたしょうがを入れる。豚肉の色が変わったら、ザルにあげて水気を切る。

▲ャベツをザルに上げ、水気を切っておく。合わせ調味料を混ぜておく。

3.順に炒める

中華なべをサラダ油大さじ2を入れ、しょうがのみじん切りとにんにくのみじん切り、豆板醤小さじ2を入れて、強火にして炒め、香りが出たら、豚肉を入れて炒める。豚肉の色が変わったら、斜め切りの長ねぎを入れて、全体に油が回ったら取り出す。

4.キャベツ、ピーマンを炒め豚肉をもどす

中華なべをサッと洗って強火で熱し、サラダ油大さじ1を熱して、キャベツを入れえ炒める。全体に油が回ったら、ピーマンを加えて炒め合わせる。キャベツがしんなりしてきたら、取り出しておいた3.を戻しいれて、全体をひと混ぜする。

5.調味する

鍋の中の具を少し端に寄せ、空いた所に合わせ調味料を入れる。煮立ってきたら、全体を手早く混ぜる。

にほんブログ村 料理ブログ
http://www.recipe-blog.jp/
↑レシピブログ
上記のブログのランキングに参加しています。クリックしてくださると嬉しいです。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事