ここから本文です
健康な食生活を目指して&ボーダーコリー愛犬ムギ
いつも拙いブログにお越しいただき、ありがとうございます。

書庫全体表示

ビーフシチュー

今回は圧力鍋を使って作りました。

調理時間は短時間なのにお肉がとろけるように柔らかく仕上がりました。

●牛肉の栄養●

■3大栄養素、たんぱく質

3大栄養素の一つであるたんぱく質は、血液や皮膚、内臓、毛髪、爪などをつくるために必要な栄養素です。毛髪や爪だけでなく、皮膚も周期的に生まれ変わるものなのでたんぱく質はきれいなお肌や髪の毛、爪を作るためには欠かせません。肌にはりを与えるコラーゲンもたんぱく質の一種です。
 また、たんぱく質は健康のためにも欠かせません。たんぱく質が不足すると、体力がなくなってガンバリがきかなくなったり、病気に対する抵抗力になる免疫体もつくることができなくなって病気にかかりやすくなったり、傷の回復が遅くなったり、鉄分がうまく体でつかわれずに貧血がおこりやすくなります。
 食肉に含まれている動物性たんぱく質はとってもスグレモノ。たんぱく質を構成するアミノ酸約20種類のうち、体内で作り出すことができないのは必須アミノ酸と呼ばれる8種類。8種類のうちどれか一つ欠けても重大な栄養障害を起こしてしまいます。食肉に含まれている動物性たんぱく質は8種類をバランスよく含んでおり、また植物性たんぱく質と比べて必須アミノ酸が多く含まれている優れもの。しかも体内の吸収率が植物たんぱく質よりも高く、牛肉は良質なたんぱく質として100点満点をつけられています(アミノ酸スコア)。

〔牛肉にバランスよく含まれている必須アミノ酸〕
食品に含まれるたんぱく質は体内でアミノ酸という小さな単位に分解されてから利用されますが、体内で合成することができずに食品から補わなければならないものを、必須アミノ酸といいます。

〔必須アミノ酸とは・・・ 〕
大人では8種類、幼児ではさらに+2種類の10種類が必要です。
  牛肉には、これらのアミノ酸がすべてバランスよく含まれているのが特徴。成長期の子供は丈夫な身体づくりのために、高齢者の場合も年齢をおうごとに消化管の機能が低下し、消化吸収能力が低下するので、やや多めにとることが必要です。
(牛肉の栄養話あれこれ:どん食学辞典より)

☆ビーフシチュー☆

イメージ 1


<材料 4人分>

牛バラ塊肉 600g
セロリ・にんじん 各1本
玉ねぎ 大1個
じゃがいも 中2個
ホールトマト缶 1/2缶
デミグラソース缶 1/2缶
塩・コショウ 各適量
サラダ油 大さじ3
薄力粉 適量
赤ワイン 1カップ
ローリエ 2枚
ブロッコリー(茹でて小房に分けておく) 1/2個分
茹で卵 2個

<作り方>

1.牛肉は6cm角に切り、塩、コショウをしっかりも見込んで、赤ワイン1/2カップとローリエ1枚分とともに2時間漬け込んでおく。(ワインでマリネすることで牛肉の癖が消えて、風味がつき柔らかくなる)

2.セロリ、にんじんは4cm長さくらいに切りそろえ、玉ねぎはくし型に切る。じゃがいもは皮をむき1個を3等分する。

3.フライパンにサラダ油を熱し、汁気を拭いて薄力粉をまぶした牛肉を入れ、焼き色をつける。肉を圧力鍋に移す。

4.のフライパンを洗わずに、肉の漬け汁と残りの赤ワイン、水1カップを注ぎ、強火で煮詰めて、の圧力鍋に入れる。(フライパンに残った肉の旨味をワインや水に溶かしこむようにするのがコツ)つぶしたホールトマトとローリエ1枚を加える。

5.蓋をして強火にかけ、圧力がかかったら弱火にして、25分加圧して自然放置する。

6.蓋を開けて△魏辰─∨遍なく混ぜて再び蓋をして、つよびにかける。圧力がかかったら弱火にして、3分加圧して自然放置する。(野菜はすぐに火が通るので後から加える。満遍なく混ぜ、煮えむらができないようにする)

7.蓋を開けて、デミグラソースを加え、全体になじむまで煮込み、味をみて塩コショウで調味する。器に盛り、茹でたブロッコリーを小房に分けたものとゆで卵を飾る。

にほんブログ村 料理ブログ
http://www.recipe-blog.jp/
↑レシピブログ
上記のブログのランキングに参加しています。クリックしてくださると嬉しいです。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事