ここから本文です
健康な食生活を目指して&ボーダーコリー愛犬ムギ
いつも拙いブログにお越しいただき、ありがとうございます。

書庫全体表示

鶏ささ身の青しそ巻き

お弁当にもぴったりなんですよ。
青じそがたくさん採れて美味しい季節に作ってみてください。

鶏肉の中でもささ身は低カロリーです。

●鶏肉の栄養

鶏肉の主な栄養成分は、たんぱく質と脂質です。鶏肉のたんぱく質は、メチオニンなどの必須アミノ酸をバランスよく含み、肉の繊維も細くやわらかいので、消化吸収率が高いので、病人や老人などに最適のたんぱく源です。メチオニンは、肝臓の機能を活性化する働きがあり、肝臓疾患の予防や改善に役立ちます。また、手羽先や骨付きモモ肉などの骨の回りには、コラーゲンが非常に多く含まれます。
コラーゲンは、細胞に栄養分や酵素を行き渡らせ、新陳代謝を活発にします。
コラーゲンを摂取すると、肌にうるおいを持たせ、しわやしみを防ぐ効果があります。
さらに皮膚や粘膜の健康を保つビタミンAやB、ナイアシンも含まれるので、美容に役立つ食材です。
脂質は、牛や豚に比べ不飽和脂肪酸のオレイン酸やリノール酸の割合が多いので、コレステロールの心配が少ないです。
特にささ身は脂肪分が少ないので、ダイエットには最適の蛋白源です。(食と健康に関する辞典より)


●青じその栄養

しそは大変栄養価が高く、様々な栄養成分を含んでいます。その代表的なものが「βカロテン」です。
この「βカロテン」は、ガン予防に対して大変良い効果を発揮します。
また、「ビタミンA」も豊富に含んでいます。この他にも、青しその栄養成分には免疫力を強化する効果があり、生体調節機能を正常化・活発化させる働きがあります。
その他、美白効果や食欲増進などの優れた効果を発揮してくれる食材です。(料理用語さしすせそより)

☆鶏ささ身の青しそ巻き☆

イメージ 1


<材料 2人分)

鶏ささ身 5本 
青じそ 10枚 
A(しょうゆ小さじ4 料理酒小さじ2 しょうが汁少々)
小麦粉 小さじ4 
サラダ油 小さじ4 
付け合せ(大根1/4本、にんじん1/4本、きゅうり1本)

<作り方>

1.鶏ささ身は筋を取り除き、1本を半分に切り、Aをからめて20分置く。

2.1に小麦粉をまぶして1切れずつ青じそを巻きつける。

3.フライパンに油を入れてしその巻き終わりを下にして入れ焼き色がついたら、箸で転がしながら焼いて全体に火を通す。

4.3を器に盛って付け合せと一緒に盛り付けます。


<付け合せの作り方>

大根、にんじん、きゅうりは薄切りにし塩小さじ1を振りかけて揉み、10分くらい置き、水気を絞り、合わせ調味料(酢50cc、砂糖大さじ1)に15〜20分位漬け込み、盛るつけるときに白ごまを振りかけます。


上記のブログのランキングに参加しています。クリックしてくださると嬉しいです

この記事に

  • 顔アイコン

    美味しそうです♪
    でも青じそがないので、私はバジルでやってみようかなあ・・・?
    付け合わせもいいですね!

    [ 朋子 ]

    2008/6/17(火) 午後 3:58

    返信する
  • 顔アイコン

    青じそは日本の香草。
    きっとバジルで美味しいと思います。
    作ってみてください。

    めぐみ

    2008/6/18(水) 午前 8:25

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事