えいきの修学旅行

練習としてアメーバブログに飛騨の久々野6/22、牛臥山6/26、切手7/1の3城を投稿します。

全体表示

[ リスト ]

箕冠城その2

イメージ 5その2では要害部を巡ります
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
イメージ 6内門から山上主郭
 
主郭
段郭
 
帯郭
 
横掘
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7内門奥、土橋から横堀をみる
 
 
 この横堀構造は大熊時代の構造ではなく、謙信後期から景勝期(私は後者と考えている)におけ改修・構築であろう。
 
越中樫ノ木城に類型あり。
 
 また、前面に土塁を備えていることから、前面土塁を胸壁とした横堀陣地である可能性もある。
 
 謙信の城?〜越中樫ノ木城〜 https://blogs.yahoo.co.jp/mei8812462/19356052.html
 
 
 

  切岸のうえ、帯郭へ
 
イメージ 8
上の写真の上段の帯郭
 
 
 
 
 
 
この帯郭奥端は鋭く大きな堀切で、その1で巡ったBと隔てられます
 
 

 
イメージ 11
帯郭の端から堀切こしにBをみる
 
 
 








 
イメージ 9
登山道を挟んで反対側
 
 
 
 
 

 
 

 
 
 
 
イメージ 10段郭を経て主郭
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 
イメージ 12主郭へは竪堀で狭められた土橋で繋がります
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 
 
 
 
イメージ 1折れておそらく枡形であったであろう虎口へ入ります
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 
イメージ 2振り返って土橋、段郭をみる
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
イメージ 3箕冠城主郭
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4主郭からの眺望
 
頸城地方で私がもっとも好きな景色のひとつです
 
秋は黄金の海が広がります。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
イメージ 14
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 大熊氏は弘治二年(1556)朝秀のとき、武田と通じ景虎に反旗を翻します。越中に退き、越中から越後に攻め込みますが、親不知駒帰で景虎軍に敗れ甲斐への逃れます。その後は武田被官として働きます。
 後年、御館の乱の際、景勝と武田勝頼は和議を結び甲越の同盟が成ります。上杉方の新発田尾張守と竹俣三河守に武田方の市川新六郎信房と大熊新左衛門尉長秀が書状を遣わし、なんらかの折衝が行われました。その大熊長秀は朝秀の子と思われます。また、市川信房は関田峠を越えたさき、信州志久見郷の領主です。もともと繋がりがあったのでしょうか。とすれば弘治2年の反乱も市河氏が手引きしたのでしょうか。
 眼下に、北陸新幹線(建設中)が富山県・石川県に向かって走ります。大熊朝秀が走った先は、越中。なんで越中?と思いますが、470年後にも北陸新幹線が大熊氏箕冠城下を走るのを見ると、古来この地となんらかのルートというか繋がり(一向宗かも)があったのかもしれません。
 
 参考文献 上越市史中世史部会 上越の城 板倉町史
 その3 市川繋がり http://blogs.yahoo.co.jp/mei8812462/13456580.html作成しました。
イメージ 13おまけ
 
冬の箕冠山

閉じる コメント(5)

顔アイコン

大熊氏の居城ですか。良い残り具合で、8月に上越に行った際は見れますかな?市川繋がりもありますか。興味深いです。

2012/5/17(木) 午後 5:21 [ 馬念 ]

顔アイコン

いっそ、主郭でキャンプしますか。
先日、市河領に初めて侵入しまして、なにやら感じております。地理的にはおおいに可能性はあると思いますが、姻戚関係なども調べてみたいと思っています。馬念さんのほうが詳しいので、なにか関連事項御知りでしたらご教示ください。

2012/5/17(木) 午後 10:10 [ えいき ]

顔アイコン

市川つながり、あたりのようです。

2012/6/11(月) 午後 8:57 [ えいき ]

顔アイコン

お疲れ様でした。また、ありがとうございました。こちらも早速風景写真をアップしました。
これですか、やはり冬の方が遺構がはっきり見れますね(笑)

2012/8/6(月) 午後 10:29 竹

顔アイコン

こちらこそありがとうございました。一人でそこに行くことが多いのですが、「おー!」と思ってくれる人々とそこに立つ気分は格別でした。春も美しく、夏は爽やかで、秋は黄金の海が広がります。
冬は雪が6mくらいあり、たどり着けないと思います…。
青と冬の写真、加えました。ご覧ください。お時間許せば、またおでかけください。地元の子供達にも、多くここに立って、郷土の美しさを体感してもらいたいものです。

2012/8/6(月) 午後 11:11 [ えいき ]

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事