えいきの修学旅行

田立の掃討して飛騨へ。宮地、楢尾山、萩原諏訪、桜洞、為坪、久々野、牛臥山、切手の偵察。

全体表示

[ リスト ]

増山城 その2

              二の丸(主郭)虎口正面 以後、主郭でいきます
イメージ 1虎口向かって右に櫓台を備え、強力堅固
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 13主郭虎口
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7主郭内
 
中央の看板の左手の木のたもとに神水鉢がある。自然石に穴を穿った石鉢。神保城主はこの水におとす月影で時刻を知ったとされている。
 奥にも郭は広がっていて、国人より上の格、守護代居城の威厳を感じます。
イメージ 8
振り返って、主郭虎口をうちから
 
左が櫓台
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2櫓台
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3櫓台から桝形
しっかり横矢
 
櫓、枡形という組み合わせは神保期ではないであろうか。
イメージ 9神水鉢
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10主郭東奥
 
左に鐘楼堂
右に土塁
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11鐘楼堂
非常時に鐘楼の鐘撞を合図に城兵を糾合したと伝えられる。
 
 
 
 
 
イメージ 4鐘楼堂うえから、堀切を隔てた北東の安室屋敷の土塁
高さがあっている。日常は木橋で連絡していたかもしません。
イメージ 12鐘楼堂からみた主郭西土塁
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5主郭南西下、堀と土塁
 
写真うえに見える郭は無常
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
時間切れで、ここまでにします。
その3、もしくは2につけたして、主郭周辺の郭を辿ります。
 
←国指定史跡 増山城跡リーフレットの縄張図に説明用に加筆してあります。
 
参考文献 国指定史跡 増山城跡リーフレット
 
 
 
 
 
 
 
 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事