えいきの修学旅行

田立の掃討して飛騨へ。宮地、楢尾山、萩原諏訪、桜洞、為坪、久々野、牛臥山、切手の偵察。

全体表示

[ リスト ]

升方城 その2

    その2では石の門方向から寄せる敵に対する、南東への普請を辿ります
イメージ 1こちらも、主郭の虎口脇に櫓台を設け、ルートと虎口を厳重に監視しています。
主郭を降りる道は、寄せ手から見えないようなスロープにより二郭へ降ります。佐伯哲也氏は「完全な枡形虎口までは発達しておらず」という桝形様の虎口10で迎えいれます。その先に平場を置き、細い道を湾曲させて頭上から攻撃を浴びせることができます。また、その湾曲ルートを通すために畝状空堀群を設け、まわり込みを防いでいます。この防御普請の底にあたる11地点には横堀が掘られ関門となっています。そこからは、寄せ手を寄せ付けない威容のまさに大城塁が立ちはだかっています。
イメージ 2主郭
右てに井戸跡があります
奥に升方城の石碑があり、そこが櫓台9です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8主郭にのこる井戸
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 16主郭南東隅、升方城跡の石碑のあるところが櫓台9ただし、石積は社ものか城遺構かは不明。
わきの虎口に横矢をかける。
 
 
 
イメージ 17
櫓台9から虎口10をみる
上がってくるルートと桝形様の虎口10を厳重に監視する。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 18降りていきます
 
敵が寄せる虎口の反対側に曲がります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 19したから
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3桝形様空間
 
桝形様の右側土塁には石積があります。
右に主郭したをまわり込む先の土塁にも石積が残ります。
 
 
 
 
振り返って主郭から降りてくるスロープをみます。
イメージ 4竪堀があります
主郭から降りてくるスロープは、寄せ手から見えないように、、また攻撃されないように設けられているのではないでしょうか。
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5石積の残る二郭東の土塁
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6石積
 
 
 
 
 
 
 
 
 
虎口10へもどります
 
イメージ 7
虎口
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9虎口さきに平場があります
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10ぐーと曲がります
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11さらに湾曲します
向こうは畝状空堀群地帯
 
 
 
 
 
 
 
 
このへんを上から
 
イメージ 12
11地点左には横堀を堀り、右には畝状空堀群を伏せまわり込み展開を制限する。
城外から寄せる敵は、11地点からこの湾曲ルートを頭上攻撃を受けながら攻め登らなければならないように設定されている。
 
 
 
 
 
 
イメージ 1311地点 堀 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 14石の門方向城外へ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
振り返って升方城
 
イメージ 15
寄せ手を寄せ付けない威容で立ちはだかる
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
参考文献 佐伯哲也著 越中中世城郭図面集 現地説明版

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事