えいきの修学旅行

今年3回ほど遭難しかけたのでガーミン購入。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 11その2では、山上の主郭、守護神堂郭、二郭を紹介します。
 主郭は広く、守護、守護代格の城主が居住するに相応しい郭です。
 普請は、広い削平地と、堀切で、椎名時代の遺構と思われます。
 
 
 
 
 
 
イメージ 18
大見城平から駐車場に戻り、主郭へ登ります
3分も登ると、すぐ主郭ー二郭間の堀切にでます。
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 19
二郭(左)ー主郭(右)間の堀切
堀幅は浅広いが、浅い。佐伯氏は、椎名時代は深く堀切られていたが、天正以降、越後より派遣された謙信旗下河田長親や上条宜順等の越後方武将によって、三郭、四郭が防御陣地として改修されると、この堀切は深く維持される要がなくなり、浅くなったのでは、としている。
 
 
 
イメージ 20主郭西下には一段低く郭がある
城下から主郭へは、その1で辿った大見城平から郭伝いにこの郭へあがり、はいったものと思われる。
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 21
主郭から
門跡と思われる石遺構があり、矢印のように主郭へはいったのではないだろうか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 22門跡と思われる石組
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 23この郭も、けっこう広い
左上は主郭
 
 
 
 
 
 
 
二郭はあとで、
では主郭へ
 
イメージ 24松倉城主郭
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 1
 
奥は一段高い
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2巨石と碑、東屋があります
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3眺望
 
松倉城塁群http://blogs.yahoo.co.jp/mei8812462/14042062.htmlで紹介した、水尾城、石の門、升方城が守る西の尾根が見えます。
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
主郭南西奥は、大堀切で遮断し、守護神堂郭という郭がある
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5大堀切
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6守護神堂郭
石とお堂
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7さらに南西下に小削平地があり、井戸があります。祭祀用か。
 
 
 
 
 
 
 
二郭へ向かいます。
 
 
イメージ 8主郭から堀切(三枚目の写真の堀)越しに二郭方向
高台に木橋が架かっていたか、堀が浅くなってからは、遊歩道の様に左の低い削平地を経由したかもしれない。
 
 
 
 
 
 
イメージ 9木橋高台のした低い削平地
正面上が二郭
左に帯郭がある
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10帯郭
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 12二郭から主郭との連絡部をみる
 
国田城五郭に似たような…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 13二郭
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
写真奥は大堀切
 
 
 
 
イメージ 14
二郭北東、三郭がわの大堀切
急直下
これは登れないだろう
 
三郭、四郭は技巧的な普請を施し迎撃戦闘部とし、そこが攻略されt場合、この大堀切と切岸が籠城遮断面となるのであろう。
 
 
 
 
イメージ 15降ります
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 16堀底 降りて左
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 17
 
 
 
 
 
 
 
その3では景勝期の越後勢による迎撃戦闘要地普請を思わせる三郭、四郭を辿ります。
 
 
 
参考文献 佐伯哲也著 越中中世城郭図面集Ⅱ

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事