えいきの修学旅行

練習としてアメーバブログに飛騨の久々野6/22、牛臥山6/26、切手7/1の3城を投稿します。

全体表示

[ リスト ]

 その3では、戦闘の要、二郭を中心に紹介します。
 広く深い横堀線と、東・南・西の三方向に郭馬だしを配し、防も攻も可能な普請です。
イメージ 1天野坂口(その1)、主郭・中の丸の北面(その2)は、その地形を利用した堅固な口で、とても大軍で攻め寄せ侵入することができるとは思えませんが、南西は丘陵がつづき、大軍で攻め寄せることができる地形です。よって二郭虎口の横堀の外に大部隊が籠り迎撃・出撃できるよう大きな郭馬だしを東と南に配しています。西は千畳敷三郭天野坂へと続く方面のためか小さい郭馬だし(その2で紹介)。
 東の大郭馬だしから屋敷地を抜け城下の八幡宿へと繋がるルートを、関東の名城を歩く北関東編では大手としている。南郭馬だしは内に小馬だしを重ね、外は8郭から城下鍛冶谷戸にでる。由井城下から付き従ってきた刀工集団が住んだエリアか。
私が興味をひかれたのは、二郭をターミナルに3つの郭馬だしが派生し、二郭外でさらにいきどまりの郭(現地説明版呼称)、小馬だし、土橋で連絡していること。これはどう考えるのか。
 
イメージ 2
二郭
 
中の丸から入った地点に柵門があった
 
広い二郭の中ほどを遊歩道が通ります。
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 12柵門跡 二郭内から
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 18二郭 南西のの区画
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 19二郭を突き抜けて左に折れ、東の大郭馬だし方向へ
 
奥の低地が大郭馬だし
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 20二郭と大郭馬だしと間には横堀線があり、土橋で接続する
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 21二郭と東の大郭馬だし間の堀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 22東の大郭馬だしから外への虎口は南へ向き
、ここに桝形があったようである。
 
土橋で出て、左へ折れると家臣屋敷地を経て大手口へ(三方向の二郭馬だしを先に辿りたいので後で)、
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 23右に進むと現地説明版では行き止まりに郭と呼称する細長い郭を経て南郭馬だしに接続する
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4南郭馬だし周辺図
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 24途中、南郭馬だしの西の堀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
行き止まりの郭の二郭側は屏風折という波打つような竪堀がはいっている
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5南郭馬だし
 
右側に8郭への出撃口がある
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
出撃口
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7土橋で8郭へ
 
右側降りた谷が鍛冶谷戸
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 88郭
 
 
 
 
 
 
 
南馬だしへ戻り、小馬だしから二郭へ
 
 
 
 
イメージ 9南馬だしから二郭方向
 
小馬だしをターミナルに二郭、千畳敷方向へ土橋で繋ぐ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10土橋で二郭へ
二郭側は桝形がうける
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11二郭内から桝形を見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 13二郭桝形からみる小馬だし、南郭馬だし
 
馬だしを重ねている
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 14小馬だし右側
土橋で千畳敷方面へ連絡する
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 15その土橋から二郭
 
堀、圧巻
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
イメージ 16千畳敷と10郭の東端に接続し、土橋で西の郭馬だしへ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 17千畳敷 西の郭馬だし 二郭
この辺はその2で辿りました。
 
 
 
 
 
 
時間切れでここまで。すみません。
近江から戻りましたら、東の大郭馬だしから家臣屋敷地を通り大手口を加えます。
 
 
さきにつかった写真ですが東の大郭馬だしを出たところに戻り、左へ進みます
 
イメージ 25
右は、先ほど辿った南の郭馬だし方向、
左へ進むと、関東の名城を歩く では大手としている八幡宿へと続く口をです。
大池の縁を小宮曲輪のように家臣屋敷と思われる郭が連なります。
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 30
堤防があり、池としていた。
滝山城の東南方向は、大軍が押し寄せることが可能な地形
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 26信濃屋敷
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 27行部屋敷
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 28カゾノ屋敷
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 29カゾノ屋敷が滝山城の境界で、現在、境界の堀切には木橋がかかっている
 
 
橋手前の右下に平場が在り、そこで城外と連絡していたのかもしれない
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 31カゾノ屋敷西下の平場
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 32ここで城外と連絡か
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 33カゾノ屋敷東南 、滝山城の境界となる堀
 
 
 
この堀の線で大池の堤防が築かれていた。
 
 
 
 
 
 
 
 
永禄12年、武田信玄の駿河侵攻により甲駿相の三国同盟が崩れ、碓氷峠から関東に出た武田信玄により、滝山城は攻められる。天正に入り、御館の乱以降、甲相の間がまた険悪となる。そして武田滅亡後は織田ー豊臣の畿内勢力が西から押し寄せてくる。北条領国への圧力は、北関東からではなく、西からの脅威になる。氏照は居城を滝山城よりも西寄りの甲相武蔵の境界に近い八王子城の移すことになる。
 
参考文献 関東の名城を歩く北関東編   斎藤慎一著 戦国期「由井」の政治的位置
案内を馬念さん、妙なご縁で森田季節さんに同行いただきました。
馬念さん、森田さん、ありがとうございました。
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事