えいきの修学旅行

田立の掃討して飛騨へ。宮地、楢尾山、萩原諏訪、桜洞、為坪、久々野、牛臥山、切手の偵察。

全体表示

[ リスト ]

   望月城は、滋野氏三家(海野、望月、祢津)のひとつ、望月氏の要害城で、望月の牧御牧ヶ原台地の南西端に位置し、鹿曲川に面した崖下に居館跡と推定される城光院がある。
イメージ 1 ←鹿曲川こしにみる望月城遠景
 
木曽義仲に従った中に、望月十郎重頼、東鑑の中に三郎重澄、重隆、余一師重などが弓馬の名手として名を伝える。天文12年(1543)9月20日、望月一族は甲斐の武田晴信に攻められ、殺される。その後、武田に属した支流の望月左衛門佐信雅が望月城主となり、武田支配下の城として大改修された姿が今に残る。
イメージ 9城光院山門
 
居館大手であろう
 
 
 
 


 
 
 
 
 
イメージ 18お寺とはいっても、元は武士の居館
なかなかいい雰囲気
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 29山門内
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 34居館中心部
本堂
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 35門前は御前小路
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 36西に沢があり、ここまでが居館施設であったであろう
 
山は望月城
 
 
 
 
 
 では望月城へ
 
 
 
イメージ 37
城光院門前から北東130mに望月城への登山道があります
 
車道が郭5・南丸と郭6の間を通っているので車で山上まで行けますが、この道が居館からの主要登路にあたるようなので私はここから登りました。
 
 
 
 
 
イメージ 2ジクザクの折れに石遺構
城戸?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3ジクザクに攻め上ってくる敵の頭上に落とした石か。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4竪堀エが上から降ってきます
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5竪堀オを横切ると
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6郭3・二の丸西部に辿り着きます
 
二の丸西面は急崖(下方に居館・城光院)
 
右の一段高い郭が本丸
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7縄張図 宮坂武男著 信濃の山城と館1より引用
 
下、西の急崖を登ってきました
 
上が御牧ヶ原台地
 
台地西端を郭1・2の二段からなる本丸とし、西から東へ郭3・二の丸が囲い、南北の堀切で郭4・三の丸、郭5・南丸、郭6が区切られている。
南丸には台地側に横取門がある。
 
 
 
 
 
 
イメージ 8郭3・二の丸東部
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10囲う郭3・二の丸より一段高く、郭2・本丸
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11本丸内・郭2、さらに一段高く郭1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 12
郭1・望月城本丸
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 13
眼下に望月宿
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 14北には細長い郭が4段
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 15
二の丸に降り
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 16
郭4・三の丸へ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 17
郭3・二の丸と郭4・三の丸をわける堀切エ・一番堀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 19郭4・三の丸
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 20堀切ウ・二番堀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 21郭4・三の丸こしに郭3・二の丸をみる
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 22
郭5・南丸南部
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 23
郭6・南丸北部
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 24北に横取門
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 25
左は谷か、掘り込んであるのか抉り込まれていて直進できず、右へ折れる
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 26
抉り込まれ部
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 27そとから
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 28北面、御牧ヶ原台地との低地には水掘りが巡らされていたようだ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 30北東の鬼門除に位置する厳島社跡
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 31郭5・南丸(右)と郭6(左)を分ける堀切イ
車道になっていて車でここにこれます。
 郭6は現在老人介護施設
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 32車道からの入口
郭6からみる
 
 
 
 
この右手が駒つなぎ場
 
 
 
 
 
 
イメージ 33
往時、強力な騎馬軍団の基、望月駒がいたのであろう
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
参考文献 宮坂武男著 信濃の山城と館1
 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事