えいきの修学旅行

田立の掃討して飛騨へ。宮地、楢尾山、萩原諏訪、桜洞、為坪、久々野、牛臥山、切手の偵察。

全体表示

[ リスト ]

                鳥屋城遠景
イメージ 1上田市腰越区 樽沢山と小屋坂の多年寺山との境
 
城歴はよくわかっていないが、安曇野、諏訪から、佐久・小県に出る街道を押える位置にあり、上田原・砥石崩れと敗北を喫しつつも小県へと侵出を計る武田晴信が、小笠原や村上勢の反攻に備えて取り立てた武田の戦時要塞ではないかと私は思う。
位置、ここhttp://yahoo.jp/2TkcQK
 
イメージ 2登り口には、「らんまる攻城戦記」による縄張図、説明が掲示され、途中には鳥屋城→という標柱、鳥屋城の旗、が立ち、登山道が整備されています。
 
 
 
 
 
 
  
 
イメージ 3鳥屋城の旗、写真右にトイレもある。
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
イメージ 415分ほどで鞍部に到達
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
  
イメージ 5鞍部の木陰で雨を避けつつ、眺望を楽しむ
 
 
 
 
 
 
 
  
 
  
 イメージ 7
鞍部から鳥屋城方向
 
 この尾根伝いのルートが大手でしょう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
城域が迫ってきます
 
岩の切岸うえ、大手を見張る郭があります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 16
 
 
 
 
 
 
 
その見張り郭
 
  
 
 
 
イメージ 18そこから鳥屋城主要部をみる
 
三段の迎撃用と思われる帯郭のうえに二郭、其の上に主郭が構える
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 19数段の帯郭をかすめて
 
 そう、なにやら墓標のような石組が…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 20
二郭へ
 
二郭はコの字状に西南北と主郭を囲います。
 
こちらは西面
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 21
登り口に掲示されてあった「らんまる攻城戦記」の縄張図です。
 
図下の尾根伝いから、白矢印地点で二郭に入りました。
 
東面は崖
 
北尾根は壮大な三重堀切、その先にさらに2本の堀切で遮断しています。こちらが敵地方向でしょうか。
 
南尾根も道が繋がりますが、堀切と切岸で入念に守られています。
 
 
イメージ 22
 
登ってきた西の尾根の写真、 4/6加えました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10二郭南
南の虎口から主郭へ入ります
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11南虎口から主郭
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 12鳥屋城主郭
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 13東面は崖
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 14
主郭北虎口
 
こちらにも虎口があり、虎口の先は二郭の北部 その先には三重堀切が北尾根を遮断します。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 17
二郭の北部
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 15その先の三重堀切
 
その2では、この壮大な三重堀切と、その先の2本の堀切で遮断された北尾根、それから南尾根を紹介します。
 
 
 
 
 
 
 
 
参考文献 宮坂武男著 信濃の山城と館3  登り口掲示「らんまる攻城戦記」

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事