えいきの修学旅行

田立の掃討して飛騨へ。宮地、楢尾山、萩原諏訪、桜洞、為坪、久々野、牛臥山、切手の偵察。

全体表示

[ リスト ]

中山城その2

主郭の西二重堀切の西尾根を、その2というか補足で補います。
 
イメージ 2
二重堀切の向こう、窪地がある。
竪堀が付属して続き、大事な役割があったようで、宮坂氏は天水溜であろうか、としている。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 1西尾根、その先高地に小山を伴う一郭
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3小山を伴う一郭
 
狼煙台でしょうか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4その先、尾根は下り、30mほど先に堀切キがある。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5堀切キ
 
上幅11mとこれも大きい
 
ここまでが城域であろう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6主郭の南下にも、両脇を大堀切エと二重堀切に挟まれ、北は主郭南面の土塁が切岸をいっそう高く迫る郭がある。
ここには南東山麓からの道が繋がっていたようだ。
 
 
 
 
 
 
 
 
二部構成にするつもりではなかったので、本編と補足といった構成になってしまいました。
 
主郭の石垣補強、主郭を守る大堀切、二重堀切のスケールの大きさ、二郭南下の横堀状の帯郭から、大井氏の要害であったものを、武田勢力が改修し、重要視した城であったと思います。
 
参考文献 宮坂武男著 信濃の山城と館3

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事