えいきの修学旅行

田立の掃討して飛騨へ。宮地、楢尾山、萩原諏訪、桜洞、為坪、久々野、牛臥山、切手の偵察。

全体表示

[ リスト ]

             海老瀬城
イメージ 1
海老瀬城は湯山城に1.8kmの丘陵上に位置し、義仲道と呼ばれる能登と氷見を繋ぐ山街道がすぐそばを通っている。長沢善慶が居城、阿尾城を退去した菊池氏が居住したという伝承もあるが、天正13年、佐々が前田領末森城を攻め撤退した後、佐々の一大拠点湯山城に対し前田勢が築いた陣城と思われる。
 
  
 
 
 
イメージ 22
←氷見市教育委員会発行の氷見の山城より引用
 
A郭はほぼ方形で、物見台としたのであろうか湯山城側に張出している。B郭虎口には内郭から横矢を掛け、C郭虎口には前面に土塁を設け守り折れる。織豊陣城遺構の特徴がみられる。
 
 
が、藪です。
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
イメージ 16
舗装林道から匂いのする道があり、突入。あたりでした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 175分ほど進むと、発砲スチロールが吊るしてある地点があります。私は不気味さにけっこうビビッてました。そこを過ぎて左の切岸?をあがります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 18なんとなく虎口ふう
 
ここをあがります。
 
 
 
 
 
  
 
 
 
イメージ 2藪の向こうにD郭虎口
 
足を捕られるほどではなく歩行は可能です。
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
イメージ 3D郭虎口
 
ここから入らず、塁線を右に進むと後世の炭焼釜があり、そこから入りました。
 
 
 
 
  
 
 
 
イメージ 4D郭虎口右の塁線
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
イメージ 5D郭塁線東端
 
炭焼釜のわき、作業用に土塁が破壊されたのでしょうか土塁がきれています。ここから入ります。
 
 
 
 
 
 
  
 
 
イメージ 6入るとD郭東部
 
B郭東虎口が折れ戻るようにあります。
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
イメージ 7B郭東虎口
ターンしますので、横矢がかかります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
  
 
 
イメージ 8B郭内
 
藪です。
 
右にA郭
 
B郭ーA郭間は低い土塁のみで堀はありません。
B郭ーC郭間は土塁と堀切があります。
さきにA郭へ
 
 
 
 
イメージ 9A郭虎口
 
写真、藪でよくわかりません。
 
 
  
 
 
 
 
 
 
イメージ 14A郭内から
 A郭虎口
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
イメージ 10A郭内
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
イメージ 11A郭北西隅は張出している
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
イメージ 12張出部
 
湯山城に向かって張出す位置で、湯山城を監視する物見台でもたっていたのでしょうか。
 
またA郭西から北に一段低く配されたE郭に対し、横矢がかかります。
 
  
 
 
 
イメージ 13E郭 A郭西下部
 
 
E郭を南下すると、B郭ーC郭間の堀切が見れます。
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
イメージ 15B郭(左)ーC郭(右)間の堀
 
 
 C郭は、A,B郭を守る馬だしとしての郭です。
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
イメージ 19B郭からC郭への虎口
B郭からだと藪でよくわかりませんが、
イメージ 20堀・土塁は折れを伴い、虎口にB郭から横矢がかかります。さらにC郭からD郭へ折れ、虎口外に土塁が衝立てられ折れD郭へでます。  
イメージ 21C郭がわから
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
  
 
 
イメージ 23
 線なし
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 24
 C郭虎口を出ると土塁が衝立てられ、右に折れD郭へでます。
 
B郭ーC郭ーD郭の虎口連繋に、織豊陣城のフックとターンが見られます。
 
 
 
 
 
  
 
 
 
イメージ 25D郭
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 26D郭ーC郭間の堀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 27D郭西端
 
こちらには、C郭・D郭南の横堀ラインで、竪堀4・5が掘られ、まわり込みを妨害しています。
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
イメージ 28竪堀4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 29
竪堀5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 藪で、写真なかなか苦心しました。織豊陣城の雰囲気、伝わったでしょうか。
これが玄蕃尾城、杉山城と繋がると妄想すると、藪に埋もれた小さい陣城ですが、修学の甲斐がありました。 玄蕃尾城 その1http://blogs.yahoo.co.jp/mei8812462/14254799.html
もし物好きにも訪城をお考えの方がございましたら、時期を選ばれたほうが賢明と思います。
 海老瀬城書き終えて、いよいよ湯山城に懸かろうと考えています。
 
参考文献 氷見市教育委員会発行の氷見の山城
 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事