えいきの修学旅行

田立の掃討して飛騨へ。宮地、楢尾山、萩原諏訪、桜洞、為坪、久々野、牛臥山、切手の偵察。

全体表示

[ リスト ]

井田主馬ヶ城2

イメージ 1その2では、畝型阻塞群に制限された主郭A郭切岸したを南に進み、⑥城戸から城内へ入ります。南のC郭をみて、主郭A郭へ迫ります。
 
 
 
 
 
 
イメージ 4A郭東切岸下コーナーを抜けると、畝型阻塞群が顕れます。攻城兵は移動を制限されます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9左側に櫛の歯状に敷設された畝型阻塞群
 
斜面ではなく、切岸下平面もしくは緩斜面に設けるのは越後的普請で、越中に進出した越後上杉による普請をおもわせる。
畝型阻塞群の端はB郭東面切岸になるのも、大場沢城と同様の構想に思える。隆起度は違うが。
 
イメージ 10
つづく
 
右頭上A郭から撃たれる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11アップ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5畝型阻塞群を抜けると、正面に櫓台状の高地、右に折れ⑥城戸がある。
 
B郭虎口を突破し、畝型阻塞群に制限されたA郭切岸下を、A郭頭上から撃たれながらここまで侵入するのは、かなり困難であると思う。
 
 
⑥城戸入り、右がA郭方向。左がC郭方向。先に南の尾根C郭を辿ります。
 
 
 
 
イメージ 12南の尾根C郭方向
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 13C郭
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2C郭南端
城戸があったであろうが、土塁と段差がある程度で、厳重な防備というほどの備えではない。
こちらからは敵は来ないという考えのようだ。
 
 
 
⑥城戸に戻り、A郭へ向かいます。
 
 
 
 
 
イメージ 3A郭南下部郭
 
両脇二本の土橋からA郭へあがったようだ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6井田主馬ヶ城主郭A郭
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7A郭から南下部郭をみる
 
両端二本の土橋が桝形をつくっているようにも見える。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8A郭その1で紹介した北の⑤城戸方向
 
 
 
西側は一段低く郭がとりまくが、その西は急斜面(馬念さんと行く急斜面よりは随分緩い)となるため防備は見られない。
 
 
 
 
 
 
 
 
井田主馬ヶ城、小さいですが切岸防御面と虎口から城戸へのルート設定がされ、巧い虎口・畝型阻塞・両端土橋などの遺構がよく残ります。
 
参考文献 佐伯哲也著越中中世城郭図面集Ⅰ 現地説明版

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事