えいきの修学旅行

田立の掃討して飛騨へ。宮地、楢尾山、萩原諏訪、桜洞、為坪、久々野、牛臥山、切手の偵察。

全体表示

[ リスト ]

           神通川が洗う城生城
イメージ 1東は神通川、西は土川の断崖に守られた要害で、斎藤氏の居城とされる。斎藤氏は、天嶮に拠り、天文12年神保氏に対し籠城、天正9年に佐々成政に対し籠城戦を行う。一向宗の助力も得たようで、頑強に抵抗するが、天正11年6〜7月に落城。後、佐々の重臣佐々与左衛門、前田の重臣青山佐渡守が入ったと伝わる。遺構は、佐々、前田によって織豊の構想をもって改修されたものと思われる。 越中と飛騨を繋ぐ地理にあり、城生城を落とした佐々は、飛騨へ奥深く進攻したようだ。(高岡徹 佐々成政の飛騨高原郷進攻について)
 
 
      現地説明版に佐伯哲也著越中中世城郭図面集に準拠し加筆
イメージ 16 東は神通川、西は土川、北は神通川と土川の合流点と天嶮であり、普請は南に向かい厳重に施されている。
 
 
 
 
 
 
 
 見学路は西から入りますが、説明の都合上、その1では桃○大横堀の南を南端から辿ります。
 
イメージ 2南端、土取りで失われている。
が、大丈夫。先端以外、見事に残る。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3南の大手口土橋から南端
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 15大手土橋を横堀④内からみる
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4大手土橋を城内へ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5櫓台⑥にあたり、左に折れE郭へ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 18右に折れ、虎口⑤
入ると、G郭が高く立ちはだかり、左に折れ虎口⑧に入る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
F郭への出入り口虎口⑧
 
この屈曲間、G郭、虎口⑧奥のF郭から矢・鉄砲が集中する
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 14F郭内は高いG郭から横矢が掛かる
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 17F郭は殲滅郭であろう
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 19ここからG郭へ伝い上がることができ、G郭から背後大堀切に降り神通川側東面を伝い本城域B郭A郭へと入ることができる。あとで行きます。
 
 
 
 
 
 
ここを伝い上がらず北に進むと
 
 
 
イメージ 20大横堀⑩が遮る
 
大横堀の向こうには、本城域となるB郭・A郭が高く待ち構える。
 
佐伯氏は、土塁⑰からA郭に橋を架けて城兵用ルートとしたと推定している。
もろにB郭から横矢が掛かる。
 
 
 
 
 
イメージ 10右(東)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 21高く聳えるA郭
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7A郭への橋が架かっていた可能性のある土塁⑰
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8大横堀⑩西端
 
西からの見学路はここに入る。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9西から
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
先ほどのG郭へ伝い上がるルートからG郭へあがり、東面を伝い、本城域B郭・A郭へ向かいます。
 
イメージ 11G郭うえ
 
城内側に向かって枡形?のように掘られたところがあり、ここから大横堀⑩に降りたようです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 12大横堀に降りたところ
 
東に廻り込むようにルートが続く
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 13神通川の断崖側、東面伝いルート
 
断崖にさらに竪堀が掘られ厳重に警戒されている。
 
その2へ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
参考文献 佐伯哲也著 越中中世城郭図面集Ⅰ 高岡徹 佐々成政の飛騨高原郷進攻について
 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事