えいきの修学旅行

田立の掃討して飛騨へ。宮地、楢尾山、萩原諏訪、桜洞、為坪、久々野、牛臥山、切手の偵察。

全体表示

[ リスト ]

城生城3

     現地説明版に佐伯哲也著越中中世城郭図面集Ⅰに準拠し加筆
イメージ 7その3では本城域の北に配されたC郭、D郭、宮川側断崖にある腰郭を辿ります。
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 1B郭北、切岸をC郭に降ります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8切岸下、C郭境には堀があります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9C郭
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10C郭北端
 
C郭・D郭境にも見事な堀がある。
 
切岸下、堀向こうがD郭
D郭は宮川と神通川合流点まで広大に続き、城兵の居住区であったよう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11堀①東端から
左がC郭
右がD郭
 
その2で辿った南の大横堀から神通川崖を伝ったルートがここに入っていたようだ。中央に出入り口がある。
 
奥に櫓台②が張出し、横矢を掛ける。
 
 
 
 
 
 
イメージ 12出入り口
 
堀東端に入った導線は、堀中央部で折れ戻り上がるように設定されている。折れ戻りあがる敵兵は、右の櫓台②に背を向けることになる。
 
この付近、石で補強されている。
 
上がった付近に礎石のような石があり、城門があったかもしれない。
 
 
イメージ 13城門礎石?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 14城門付近から西
 
張出し、堀・出入り口に横矢を掛ける櫓台②
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
D郭西下、宮川の断崖に腰郭があります。切岸というか断崖が厳しくD郭からは降りることができませんでした。
西の城生城見学路入口から宮川の断崖を伝い行くことができます。
 
イメージ 2
県道25号線 宮川越えた地点に説明版、見学路入口あり
 
 
ここからの見学路は大横堀⑩西端に取り付きます。また途中分岐し腰郭、B郭・C境あたりに入るルートもあります。
 
 
 
 
 
 
イメージ 3宮川の断崖を腰郭へ
かなりスリリングな道です。雨後など、足元滑るようでしたら行かないほうがいいと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4宮川
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5D郭西下腰郭
 
宮川断崖に守られ、極めて安全な郭なよう
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6城生城北端
 
神通川、宮川が合流する
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
天嶮のため、北、西、東からは攻められる可能性は低く、南に進化した厳重な迎撃普請をし、断崖を誘導し北の横堀にルートを導くなど、天嶮の要害、かつ進化した築城構想が融合する、いい城です。
 
江馬氏を調べている最中、斎藤氏の城生城籠城の際の、三河・飛騨・越中の一向宗に関する著述があったと思うのですが、手元に資料がありません。富山の図書館で読んだのでしょうか、どんな内容だったか心にかかっています…。
 
参考文献 佐伯哲也著 越中中世城郭図面集Ⅰ 高岡徹 佐々成政の飛騨高原郷進攻について

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事