えいきの修学旅行

今年3回ほど遭難しかけたのでガーミン購入。

全体表示

[ リスト ]

城歴は、「池田城と樫ノ木城」http://blogs.yahoo.co.jp/mei8812462/15957997.htmlからご覧下さい。
イメージ 1登り口
西から県道168の川を渡る橋の手前で林道を右にはいる。数分で、左手に←順路看板と説明板が設置されている。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2ここを入ります
私は、ここまで来て積雪で2度断念。雪の降る前にもう一度来て、クーさんに遭遇して退却、今回が4度目の攻城です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3溜池に突き当たります。
池田城へは池にあたり、左の尾根へよじ登ります。右に行くのは困難かつ危険です。(私、突入しました)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4尾根によじ登る時はなかなか困難ですが、よじ登ると、あとは尾根伝いに比較的楽に歩けます。
 
しかし、クーさんがお住まいなんです。
 
秋の訪城時は、この辺からなにやらガサゴソ音がしてました。「誰か山菜とりですかぁー」と声を掛けながら、鈴を鳴らしながら行きました。
 
 
 
 
イメージ 5この尾根鞍部を越えると城域で、大手登路堀底道になります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6鞍部から見上げた先に、大手堀底道
 
なのですが、三度目の訪城時、右の木の上から黒い、それは黒い、もろに黒い塊が降りて(落ちて)きました。
そのあまりの見事な黒さは、疑う余地の全くないクーさんでした。池脇から寄り沿っていていただいていたのでしょう。
 
ほんの15mくらいの距離で木から降りてこられたので、戦ってやろうか、とは思いませんでしたが、私には向かって来ず、山の上の堀底道に向かって走っていかれました。
ので、その時は退却し、熊スプレーを購入装備し今回の訪城となっています。
 
イメージ 7尾根上、堀底道
 
いよいよ城域です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8堀底道の先は、土橋
 
土橋の先、左手には櫓台上の高まりがあり、一人づづ進む敵を狙っている。
 
なかなか堅固
 
両側は自然地形を竪堀状に削いで、土橋としている。
 
 
 
 
 
           土橋左側堀イ                    土橋右側
イメージ 9イメージ 10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11土橋の先、左手に櫓台状に高く、土橋を進む寄せ手は弓鉄砲で狙撃される。
 
ここの突破は、なかなか厳しいであろう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 13櫓台の横を抜け、尾根上を進む
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 12尾根上堀底道伝いに進むとⅤ郭切岸下にぶち当たる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 15では縄張図
越後上杉、織豊佐々・前田の改修は見られない。永禄末まで使用され、謙信に抗戦した、越中在地領主の城である。戦国初期の堀切、削平郭といったレベルではなく、櫓台を備えたルートが設定された、なかなか鋭い防御機構をもつ城である。虎口が見られないことと、郭と郭の連携が、上杉・織豊のレベルにまで至っていない。
 
イメージ 14尾根上堀底道から、Ⅴ郭切岸下へ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 16
Ⅴ郭切岸下
左に堀ロ
 
Ⅴ郭切岸下にぶち当たり、ルートは右に切岸下を通るように設定されている。その先、櫓台、城戸が想定できる。
 
現在、見学路(というには険しいが)が左に切岸よじ登るように誘導されている。
 
 
 
 
 
イメージ 17堀ロ
 
ロを掠め、Ⅴ郭へ登る道がある
 
郭上はその2で。
 
 
 
ではルートを進みます。
 
 
 
 
 
イメージ 18Ⅴ郭・Ⅳ郭切岸した、頭上から迎撃を受け通る設定
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 19ルート下(西)にはⅥ郭(佐伯氏はF郭としている郭)
 
千畳敷と称される。
籠城時居住スペースのようだ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 20ルート先に櫓台
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 21
櫓台に守られた城戸があったであろう
 
 
櫓台手前、右に滑り落ちるような竪堀が走っている。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 22櫓台手前、滑り落ちるような竪堀
 
 櫓台城戸で塞がれ、立ち往生する寄せ手は、ここから滑り落ちるのだろうか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 23城戸の先
 
 
佐伯氏は、櫓台、F郭(Ⅵ郭)の孤立の可能性を指摘している。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 24道はⅢ・Ⅳ郭下を抜け、Ⅱ郭下に向かう
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 25
Ⅱ郭下で左に折れ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 26Ⅲ郭へ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 27この通路、正面Ⅲ郭から撃たれ、右上Ⅱ郭から横矢が掛かる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 29Ⅲ郭
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 28Ⅲ郭から通路を見る
 
上杉が後に利用したのであれば、枡形でも掘って虎口を造成したであろう。
 
池田城、このように、虎口はみられないが、考えられたルートが設定され、堅固な要害となっている。
 
 
その2で郭を辿ります。
 
 
 
 
参考文献 佐伯哲也『越中中世城郭図面集Ⅰ』

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事