えいきの修学旅行

今年3回ほど遭難しかけたのでガーミン購入。

全体表示

[ リスト ]

樫ノ木城2

イメージ 27その2では、要害部を辿ります。
要害部は、上杉の近代的(天正期)普請と思われる横堀と鋭い切岸線で守り、平坦部と区分けしています。
左図、高岡徹 大山町歴史民俗資料館講座「大山地域周辺の中世城館と戦国史」の解説より引用、北を上にブログ説明用に加筆。(加筆部分着色)
 
切岸、郭を貫くように道が通りますが、城遺構ではない可能性もあります。
佐伯哲也氏は、郭端土橋伝いのルート茶線を示しています。
実城域への登り口には、櫓台状土塁が構えられ、実城域への侵入を厳重に見張っています。
 
 
 
 
 
 
イメージ 1平坦部南
藪ぎみで写真ではよくわかりませんが、要害部北端となる切岸が立ちはだかります。
前面に横堀が掘られてます。
中央に虎口様の切り口がありますが、後世の破壊かもしれません。
 
 
 
 
 
 
イメージ 2虎口様の切り口
切り口前、一応土橋としておきます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3土橋右(西)
切岸、横堀線
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4切り口入り、五郭内
 
斜めに四郭の虎口様切り口に道が向かう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
なんか変だ。
 
箕冠城の横堀、切岸線でも、ぶち抜いて門としていたので、この切り口も有りかと思っていたが、後世の改変だろう。佐伯氏の説のように、端から土橋伝いに入るのがルートであろう。
では、そのルートを。
箕冠城要害部のリンク貼っておきます
 
イメージ 6五郭前 東側の切岸、横堀線
 
この端から回り込む。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7崖端(がけっぱた)だが、道はある。
 
 
あるといっても、あるように見えるのは佐伯氏他若干名の特殊な人達だけであろう。(私もその仲間入りか)
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8確かに、ある。
 
五郭虎口前の平場にあがる
 
右に折れる。
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
虎口前の平場
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10五郭虎口
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11五郭へ入ると、すぐ同様に東端を伝い、四郭へあがる土塁土橋がある。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 12四郭へあがる土塁土橋
 
ちょっと右にひいて、五郭内から見た写真を
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 13五郭東端から四郭へあがる土塁土橋
 
佐伯氏の説、素晴らしい、あたりだろう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 14土塁土橋から四郭へ
 
 
五郭西端にも土塁土橋があり、そちらには張出櫓台、竪堀が備えられているようだ。(藪で行けない…)
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 15土塁土橋から四郭前面切岸
 
上杉の鋭い切岸線
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 16四郭東端へ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 17四郭(東端から)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 18四郭から三郭へは、東端から接続はしていなかったようだ。
 
西端に土塁土橋がある。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 19三郭前面切岸
 
ここも鋭い。
 
三段に構えられた鋭い切岸線に、上杉の気鋭を感じる。というか、情勢が上杉に厳しかったのであろう。太田保確保に懸ける思いか。
 
では四郭中央へ向かいます。
 
 
 
イメージ 20三郭中央の虎口様切り口前の土橋から、四郭西端を見る
 
 
三郭へ土塁土橋が接続している。
 
ただ、藪でいけません。
 
ので、虎口様切り口から三郭へ入ります。
 
 
イメージ 21
三郭中央の虎口様切り口前の土橋
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 22三郭虎口様切口
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 23三郭入ったとところ
 
山上は、実城域の二郭・主郭
 
左側は地形なりの崖で登坂は無理。
 
右に三郭があり、四郭からの土塁土橋を迎え、櫓台様高地に見える土塁が三郭に横矢を掛ける。
 
 
 
 
イメージ 24
三郭
 
櫓台様土塁が三郭内に横矢を掛け、実城域への侵入を厳重に見張る。
 
櫓台様土塁前に四郭からの土塁土橋を迎えている。
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 25櫓台様土塁前
四郭土塁土橋を迎える区画
 
造りと雰囲気から三郭は、四郭・五郭に比べ、重要な郭であった気がする。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 26三郭から、四郭から伝い上がる土塁土橋をみる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
では、その3で実城域を。
二郭、主郭には桝形虎口を重ねて構え、こちらでも上杉の近代的普請を思わせる、主要部への登路の低地と高地に枡形を設け、高低差を利用して階層的に構える普請をみることができます。
 
参考文献 高岡徹 大山町歴史民俗資料館講座「大山地域周辺の中世城館と戦国史」の解説
               佐伯哲也著『越中中世城郭図面集Ⅰ』

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事