えいきの修学旅行

練習としてアメーバブログに飛騨の久々野6/22、牛臥山6/26、切手7/1の3城を投稿します。

全体表示

[ リスト ]

               勝沼城
イメージ 3
本与板をずいぶん重く書いてしまったので、さらっといきます。
関東管領上杉氏の被官であった、三田氏の居城。
北条氏が進出してくると三田氏は北条方となったようで、大永4年(1528)には氏綱が勝沼に滞在している。永禄2年(1559)成立『小田原衆所領役帳』に507貫900文の知行を持つ他国衆・三田弾定少弼が登場している。
しかし、永禄4年3月、上杉謙信が越山、北条領を席巻しつつ小田原城を包囲する事態になる。すると三田氏は北条を離れ、上杉方につく。謙信との共同戦線によるものか、三田氏は勝沼を出、辛垣山城に籠城する。永禄4年9月、辛垣山城は北条によって攻められ落城。三田氏は滅亡する。かわって旧三田領は氏照領となり、由井から鉢形へ繋がるルート上の城として機能したようであるが、氏照が滝山城に移った後は、鉢形へは勝沼を通過せず繋がり、重要性は低下し廃城となったようである。(竹井 2011,pp.155-157)
 
イメージ 29勝沼城、大型郭の位置概略(形は模していません)
 
Googleマップにブログ説明用の呼称を書き込み引用
 
写真右下、妙光院から登ります。
 
 
 
 
イメージ 2妙光院
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 1妙光院前を左へ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4東郭東端から降りてくる堀に遭遇
 
いきなり東京、いい!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5東郭東端から降りてくる堀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6東郭南したを進みます
 
途中、折れます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7折れの地点
 
 右の高い部分が馬出の一部なのでしょうか、気付きませんでした。
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8東郭 南虎口
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9折れの先、東郭南西下
 
いやこれは、大きい写真でいきましょう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10
折れの地点、主郭東面の虎口前をまもる郭
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11折れの地点
 
右へ折れると墓地になっている東郭にあがります。
 
左は、帯郭下をとおりながら、主郭虎口前の馬だし状郭を経て主郭へ至ります。
 
 
 
 
 
 
イメージ 12墓地となっている東郭
 
左小高くあがり、主郭東帯郭をへて主郭東虎口へ接続している。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 13主郭東虎口前面を守る、東帯郭へ小高くあがる
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 14主郭東帯郭から東虎口
 
ここも馬出のような。
 
後ほど主郭から東虎口を紹介します。
 
 先ほどの折れに戻り、南の小郭へ向かいます。
 
 
 
 イメージ 15
 主郭東帯郭下を左(南)に折れ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 16西へ登ります
 
 
 
 
 
 
 
 
この背後もなにやら郭のようですが
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 17西へあがる背後
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 18主郭の南の小郭
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 19南の小郭
 
南面は崖で青梅市街
 
 
西下には、いい堀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 20青梅市街
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 21西面下、堀
 
ここも主郭南の馬出しか。
 
 
 
 
 
 
 
 
主郭へ向かいます。
 
 
 
 
イメージ 22鉄塔フェンス脇から主郭へ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 23勝沼城主郭
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 24主郭には土塁が残る
 
西北に三郭があるのですが、その2で。
 
さらっとなんて書き始めておいて、2部構成になってしまいました。
 
その1最後に、さきほどの東虎口を見ましょう。
 
 
イメージ 25東虎口付近
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 26虎口前土橋
 
左(北)が張出し、土橋に横矢を掛ける。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 27
土橋左(北)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 28土橋右(南)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その2へ続きます。
参考文献 竹井英文(2011)「勝沼城」、峰岸純夫・斎藤真一編(2011)『関東の名城を歩く 北関東編』、吉川弘文館
 

閉じる コメント(2)

顔アイコン

なかなかいい城でしょう。土橋と横堀の組み合わせが何とも美しいですね。『関東の名城を歩く』をきっかけに、訪れる人が増えればなぁと思います。

こちら東北の城も、なかなかいいもの持ってますよ。ネットでも情報があまりない、すごい遺構を持つ城、結構あります。いつかご案内できるよう頑張ります。

2014/3/2(日) 午後 11:20 竹

顔アイコン

竹さん著述の城ということで、著述と実見とを普段と違う興味で、ややエキサイティングな訪城となりました。随分修学できました。『関東の名城を歩く』をガイドブックに多くの人が訪れるでしょう。
東京=都会、という私の概念は間違っていますね。破壊から免れ、こんないい土の城が残るなんて、ある意味驚きと、住民の見識の高さを感じいりました。
東北マニア城の掘り起こし、期待しています。VOXYかRav4で行きますよ。拠点もできたことですし!

2014/3/3(月) 午後 11:25 [ えいき ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事