えいきの修学旅行

田立の掃討して飛騨へ。宮地、楢尾山、萩原諏訪、桜洞、為坪、久々野、牛臥山、切手の偵察。

全体表示

[ リスト ]

               亀山城  
イメージ 1
 神保氏居城増山城に至近に在る。
 (増山城リンク後掲)
佐伯哲也(2013)『越中中世城郭図面集Ⅲ』、桂書房では、亀山城を新城とし「天正6年〜9年の間に上杉氏が築城・使用し、廃城になったと考えられる」としている。初訪城時は、同書Ⅲが刊行前で、増山城に感動しつつ、おまけの出城をみるくらいの認識で立ち寄ったが、Ⅲで佐伯が縄張りから読み解く防御構想を目にし、開眼。同書を基に再修学 してきました。佐伯説に則り、亀山城を辿ってみます。
 
大面城・小栗山城と私の拙い説で紹介しましたが、修学を積み、佐伯氏の次元に近づきたいものです。
 
イメージ 2増山城北、林道に登り口 すぐ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 22林道に沿って、西、砺波平野に向かう尾根が大手で敵が寄せる想定方面であり、堀切①で尾根を遮断している。
 
名称は越中中世城郭図面集Ⅲに準拠します。
 
 
 
 
 
 
イメージ 3堀切①で遮断された敵は西尾根伝いに進攻できず、遊歩道の手前側、亀山城南西斜面から取り付くことになる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4この堀切で遮断され
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 14この南西斜面に取り付き登ることになる。
両翼左(西)右(南東)尾根からの挟撃の中、進まなけらばならない。
 
⑤が3方向の城道が分岐する地点で、まず⑤を目指し進みます。
 
 
 
 
 
 
イメージ 20右には竪堀⑥と竪堀の奥に土塁つき迎撃小郭④
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5屈曲し進みます。
 
当然、西・南東(G郭)の両翼尾根から挟み狙われている。
 
左に折れる先には先ほどの竪堀で遮られた迎撃小郭④
 
 
 
 
 
イメージ 6竪堀、土塁で守られた迎撃小郭④
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 19城道が三方向に分岐する⑤地点
 
まず右に折れ戻りG郭から郭伝いに主郭に向かいます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7G郭へあがります
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8G郭から主郭へ向かっては、階層的に郭が配され、上の郭が下の郭をしっかり監視、掌握している。
 
G郭は、上(高地)から、土塁つき迎撃小郭⑦と、F郭に監視掌握されている。
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
G郭
 
奥に高く迎撃小郭⑧
右下にもう一段帯郭
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10南下、一段低く帯郭
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11
G郭奥 切岸で小高く小郭⑧に遮られる
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 12小郭⑧の先は竪堀⑨で回りこみを阻止している。
平時は木橋でもおいて接続していたかもしれない。
奥の高地は主郭北東部A
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 13竪堀⑨上端
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 15G郭のうえ、F郭、E郭、主郭B部へと段々に高く連なる。
 
上の郭が下の郭を統制・掌握している。
 
 
 
降りながら、⑤地点に戻ります。
 
 
 
 
 
イメージ 21記入なし 大きい写真
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 16
さきに辿ってきた土塁つき小郭⑦、G郭
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 17⑦を側面から
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 18
その2で。
 
 
参考文献 佐伯哲也(2013)『越中中世城郭図面集Ⅲ』、桂書房
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事