えいきの修学旅行

田立の掃討して飛騨へ。宮地、楢尾山、萩原諏訪、桜洞、為坪、久々野、牛臥山、切手の偵察。

全体表示

[ リスト ]

亀山城2

イメージ 1城道が三方向に分かれる⑤地点から坂通路を通ってD郭、Hを経由し西尾根から主郭へ(これがルートのようです)向かいます。
 
G郭方向は1で辿りました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2D郭への坂通路
 
左はD、左上から正面上はC郭、右はE郭から監視される通路。
 
 
 
 
左に折れ
 
 
 
 
イメージ 3D郭
中ほどに意味ありげな窪みがあるが、運用意図はわからない。
 
奥に西尾根からのルートが通る。
 
D郭は⑤地点からの坂通路だけでなく、西尾根からの主郭へ向かい登ってくるルートを監視している。
 
 
 
イメージ 4D郭から、西尾根から登ってくるルートをみる。
 
佐伯はD郭監視下に櫓台⑪と竪堀⑭との間に構えた城戸を想定している。
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5城戸地点もう一枚
 
 
 
 
D郭背後には上からC郭が監視するが、西尾根からまわって登ってきて仰ぎ見ましょう。
 
では⑤地点に戻ります。
 
 
 


イメージ 6Hを経由し西尾根へ
 
西尾根は空堀➀で遮断されている。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7西尾根、折れ主郭へ向かい登ります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8一騎駆け幅の西尾根ルート
 
左に竪堀⑫・⑬と掘られ、進行を妨げている。
奥、勾配がきつくなる箇所が先ほどの城戸地点。
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10竪堀⑭と櫓台⑪の間の城戸想定地点
 
D郭が上から監視している。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11線なし
 
 
佐伯さんの著述がなければただの遊歩道
 
感動もの
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 12進みます
 
遊歩道は主郭へ登りますが、佐伯は左の斜面を竪堀⑮・⑯を越えながら伝い、C−主郭Bへと入ったと推定している。
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 13竪堀⑮
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 14竪堀⑯
ここは木橋を架け、この先で右に折れ戻り登り、Cへ入ったと推定している。
「この方が竪堀を有効的に使用できる」(佐伯 2013. p152)
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 15遊歩道よ、こんちちは。
 
渡ります。
 
わたるとC
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 16C
主郭Bの南西面を巡る。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 17左に折れ主郭Bへ入る
虎口⑱
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 18虎口⑱
 
右手にその1で辿った南東尾根の郭に接続する。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 20南東尾根E郭
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 19亀山城主郭
 
手前B部
 
奥A部
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 21主郭北西
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 22主郭北東
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
このように、1,2で辿った想定戦闘正面には、計画された防御戦闘構想をもった普請が設けられている。
 
私にとって佐伯哲也(2013)『越中中世城郭図面集Ⅲ』に拠る亀山城修学は、天正期上杉の新城を考えるうえで、とても貴重な修学になった。
佐伯さん、ありがとうございました。
 
参考文献 佐伯哲也(2013)『越中中世城郭図面集Ⅲ』、桂書房

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事