えいきの修学旅行

田立の掃討して飛騨へ。宮地、楢尾山、萩原諏訪、桜洞、為坪、久々野、牛臥山、切手の偵察。

全体表示

[ リスト ]

            ↓松倉城駐車場設置説明板に加筆イメージ 1
平峰砦は、松倉城の北を守る砦で、のろし台とされているが、語感以上の面白い砦です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
北は松倉城の弱点で、謙信が松倉城を攻めた際、坪野城に陣を置き、信濃からの味方と称した間者を夜間に侵入させ落城に追い込んだという伝承がある。
 
イメージ 2
魚津市教育委員会『魚津の山城散策ガイドマップ』より引用加筆
 
松倉城C,D郭の先、分岐があります。
 
山頂には、小さいが内枡形虎口、南西面には石垣の可能性を思わせる痕跡と直下を通す帯郭、堀切には石塁で障壁を設け、近代的な強化を思わせます。
 
 
 
 
 
 
イメージ 3遊歩道の分岐
 
のろし台かぁ、いかなくていいか。
と思いそう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4やや屈曲
道を見張る小郭か
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5平峰砦山頂が見えるが、右に通路様の帯郭
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6山頂郭南西切岸下、通路様の帯郭
 
遊歩道ではなく、こちらを進みます。
 
 山頂郭から頭上監視されている。
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
山頂郭南西面、石垣つくり?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10のような
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8南東端は堀切
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9けっこういい
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11堀切
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 12石塁を堀底に設け、障壁としている。
 
こんなの私、見たことない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 13堀底を通らせない意図の石塁か。
 
山頂に向かっても延びている。
 
坪野城から松倉城内へ至るルートにでも通っていたのであろうか。
 
 
 
 
 
 
                                                      山頂へ向かいます。


                                   

イメージ 14
素直に整備された遊歩道を
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 15この付近も、石積を思わせる痕跡がある。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 16平峰砦山頂
 
 
北向き(左)に溝がある。
 
奥(東)の郭とは、小さい内枡形虎口で接続する。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 17内桝形虎口で奥の郭と接続する
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 18奥の郭から内枡形虎口をみる
 
「こういうのは内枡形とはいわない」という意見もある。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 19先ほどの南西下帯郭
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 20平峰砦山頂から魚津城方向眺望
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 21謙信が陣を置いた坪野城方向眺望
 
佐伯哲也は、16世紀後半の築城を指摘しているが、堀底石塁に関して『越中中世城郭図面集Ⅱ』の中では触れていない。
 
この平峰砦を強化したのは、佐々か上杉か。
 
 
 
 
 
参考文献 佐伯哲也(2012)『越中中世城郭図面集Ⅱ』、桂書房
       魚津市教育委員会『魚津の山城散策ガイドマップ』
 
大会明け、負傷明け、ということで軽く慣らしがてら書きました。
 
松倉城2年前に書きました。http://blogs.yahoo.co.jp/mei8812462/14112733.htmlご覧ください。
 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事