えいきの修学旅行

練習としてアメーバブログに飛騨の久々野6/22、牛臥山6/26、切手7/1の3城を投稿します。

全体表示

[ リスト ]

                   花園城
イメージ 37
氏邦鉢形領紀行 序、一乱からお読みください。
 
 
 
 
 
 
 
 
余湖くんのホームページ鳥瞰図を参考にブログ説明用に概要を記入(実際とは若干のずれがあり)
イメージ 38山上を厳しく堅固な掘切で掘り切って、山麓に向かって竪堀として振り落し、箇所によっては二重に変化させている。また、要所で折れを設け、上の郭から堀底を進む敵に対し、効果的に横矢と頭上攻撃・挟撃をくわえることができる構造となっている。南斜面のA,B,C区域には、段郭が多く配され、壁が石積で造られている箇所もある。
 
 
諏訪神社から登山道がいちおう設けられている。二重竪堀エに取りついて登り、折れる箇所・関門で主郭・二郭側と三郭・四郭側に分かれる。まずは関門からB区域・三郭、四郭を辿りましょう。
 
イメージ 1諏訪神社
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
本殿東(右)花園城への登山道看板がある。
祠の裏を回り西に進む。
写真奥に竪堀らしき溝が降りてきている。
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3竪堀らしき溝
 
が、花園城、こんなレベルではない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4道に安心。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
堀エが竪堀となって山上から二重に分かれ降り下っており、そこに遮られる。
 
ウキウキ。
 
ここまで諏訪神社から3分。この先、遺構を見ながら薮中も徘徊しますので、時間はあてになりません。時間は略します。
 
 
 
 
イメージ 6大きくします
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
うえ方向
 
右に分岐した竪堀がもう一本降りている。
左に堀をあがり、登ります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8堀エが二重竪堀に分岐する付近左上にA区域南東隅。
 
現在、ここからA区域に入る踏み跡がありますが、ブログ構成上、堀エを登り、B区域・三郭、堀オ・四郭に向かいます。
 
この付近の堀右B区域には石積のある段郭がある。
後ほど、この付近からB区域にあがります。
 
イメージ 9 堀エの二重竪堀分岐部
 を上から
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10堀エを登ると突き当り右に折れ横堀となり、さらの左の折れ山上の二郭と三郭を分断する堀切となる。
 
また、突き当り左に登りB区域にあがる口がある。ここをA関門とし、その2ではここからA区域・二郭・主郭を辿ろうと考えています。
 
 
 
 
 
イメージ 11まずは右に折れあがり、堀エを進みます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 12堀エ、横堀となる。
 
三郭に突き当り左に折れる。
 
もちろんこの間、両側頭上からの挟撃を受けながら進まなければならない。
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 13左に折れると山上の二郭(左)と三郭(右)を分ける堀切となる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 14堀エ山上部
北端は土橋のような土塁で塞がれてる。
手前にひと畝あり、畝堀のようにも見える。
 
 
  
では堀エ二重竪堀分岐部付近からB区域にあがり、三郭、堀オ、四郭・C区域・堀カ・を目指します。
 
 
 

 
イメージ 15B区域は段々に小郭がいくつかある。
段は、石積で築かれているが、堅固な石塁といった印象は受けない。といっても耕作地の造作にも見えない。
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 16なかなか美しい
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 33他の段
ここには山上方向と接続する出入り口が石塁で造作されていたように思える構造がある。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 34石積の左が出入り口に見える
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 17三郭・B区域と四郭・C区域を分断する堀オ
 
先ほどの堀エよりも幅は広い。
 
堀オも山上で折れを伴う。
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 35堀オ
 
B区域(左)よりもC区域(右)のほうが高い。
 
山上の三郭(左)には堀オに面し土塁が設けられている。三郭は高さを確保し遮蔽、防御力を高めているようだ。
 
 
 
 
 
 
イメージ 36山下方向
 
 
 
 
 
 
 
 
まずはオを渡らず、山上三郭を目指します。
 
 
 
 

 イメージ 18
 B区域から山上三郭へ
 
 藪化していますが、随所に区画が設けられ、また郭区画と区画の接続がみられます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 19流れる様な導線をもつ区画
 
馬出のような運用か?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 22堀オ折れ部
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 20山上三郭
堀オに沿って土塁を伴う
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 24南B区域側、土塁の切れがあり、接続する出入口のようだ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 21東面、堀オ沿い三郭土塁
 
先述した、高さを確保し遮蔽、防御力を高めている。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 23土塁の下、堀オ山上部
 
堀向うは四郭
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 25四郭
 
東(写真奥)に堀カ
 
堀カに沿って土塁が設けられている。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 26堀カに沿って土塁
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 27
堀カ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 29ごわっと、なかなか豪快に掘ってある。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 28
北端は土塁でせき止められている。
 
土塁は土橋か。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 30山上から北面に竪堀となり降るところ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

その2ではA関門からA区域・二郭を辿り、主郭を目指します。
 
イメージ 31三郭北西隅から堀エ越しに二郭
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 32堀エ北端も土塁土橋で接続していたようだが、その2では、ここからではなくA関門から入ります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
参考サイト  余湖くんのホームページ
 
 簡略にとは思っていますが、花園城が素晴らしく、性分もあってくどくどとした構成になってしまっています。これでも随分端折っていますが…。
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事