えいきの修学旅行

練習としてアメーバブログに飛騨の久々野6/22、牛臥山6/26、切手7/1の3城を投稿します。

全体表示

[ リスト ]

天神山城2出郭

           天神山城概略図
イメージ 28
余呉くんのホームページ鳥瞰図を参考にブログ説明用にyahoo地図に加筆し作図(あくまでブログ説明用のための概念図です)
 
東山麓には出郭と称される一郭があり、横堀・竪堀が複雑に絡む独特の構造を持っている。また虎口は枡形様で、土橋が前面馬出し様郭に接続し、馬出し様郭からは両側から城外に向かう。
 
 
 
 
 
 
出郭へ降ります。
 
 
 
イメージ 1 二郭 ごみ箱の脇から降りました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
まじかよって思いましたが、るなさんも馬念さんも苦は匂わしていなかったので、意を決して降りました。
 
どおってことありません。ためらわず降りましょう。
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3ものの一分で、緩くなります
 
 登りはごみ箱まで4分。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4左(北西)は谷
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5右(南東)には横堀が巡ってきています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6横堀が折れ、出郭を周る堀となります巡ります。
途中、土塁や谷で切れるところもある。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7なかなか鮮やかに残っている。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8南東方向
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9出郭
写真中央やや右に枡形虎口
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10枡形
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11たしかに
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 12土橋ででる。
土橋先には馬出様郭が配されている。
左、出郭の張出部が守っている。
右、先に渡ってきた堀がここまで巡ってきている。
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 13
土橋右(南西)
この堀、二重になって、いや三重になっていく。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 14
土橋左(北東)
 
堀の前面に土塁を盛り、その前に馬出様の郭がある。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 15
書き込みなし
 
 この堀は、出郭南東隅までだが、折れ塞ぐような高さの土塁の奥に出郭南東際を堀が巡る。南東隅からは竪堀が南東に走る(これがなかなかいい)。
 
 
 
 
 
 
イメージ 23出郭南東隅下の様子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 16この土塁、岩盤を利用した強固な造り。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 17南東に走る竪堀
 
ヒュー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 18出郭(右)から馬出様郭に接続する土橋
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 31
馬出様郭
 
この先、両側から外部に出る口がありますが、写真いまいちです。
というか北条の進化し確立された郭馬出とは異質な感があります。
 
 
 
 
 
 
イメージ 24
馬出様郭先端部先、切岸下に堀
 
この堀を回るように両側から城外に接続している。
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 25馬出様郭の前にも堀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 27その先のもう一郭
重ね馬出にようにも考えられるが、北条の郭馬出のように機能的・効果的な洗練され確立された構造には思えない。
複雑であることがかえって機能的には使えないような。
 
 
 
 
 
イメージ 26
城外へ出ていく。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 29南西の接続
 
この右下に屋敷地のような一郭がある。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 30
私には屋敷地にみえる一郭。
やや陰湿な雰囲気もあり、誰かを幽閉した屋敷では?と毎度お世話になっているお友達に聞いてみましたが、ないないと比定されました…。

 
馬出様郭から土橋で出郭枡形へ戻る写真が、なかなか良く撮ることができました。それを紹介しましょう。
 
イメージ 19
 馬出様郭から出郭へ戻る土橋
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 20土橋左
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
イメージ 21土橋右
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 22出郭枡形へ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 いかがでしたか、天神山城出郭。山上は造成で破壊されてしいましたが、出郭は健在です。
 
天神山城は、一乱当初は北条方でしたが、北条方に攻略されました。氏邦の入部先という説もあり、北条によって改修された可能性もありますが、どうでしょうか。複雑で手が込んだ構造ですが、後の北条の普請ほど機能的には思えず、異質な感もありまた発達過程とも思えません。杉山城も北条以前とみることができるようですので、花園城同様、氏邦入部以前の藤田の普請であるかもしれません。
とすると藤田氏の城郭普請能力は、永禄期の越後(私の身近な)と比較すると格段に進んだものであったといえます。
 
 
参考サイト  余呉くんのホームページhttp://homepage3.nifty.com/azusa/saitama/nagatoro.htm
       旦さまと私 http://blogs.yahoo.co.jp/lunatic_rosier/52694814.html
       古城の風景http://blogs.yahoo.co.jp/siro04132001/19541364.html
 
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事