えいきの修学旅行

練習としてアメーバブログに飛騨の久々野6/22、牛臥山6/26、切手7/1の3城を投稿します。

全体表示

[ リスト ]

                     千馬山城
イメージ 29
用土業国が唯一北条方の牙城として尖った。
 
高松城が落城すると、氏邦は高松城衆に人質を千馬山城の用土業国に出させている。
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 1登り口
 
 左の斜面上にお堂がある。個人のお宅を通過するので掲載控えます。
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 30
お堂を二つ伝い、 
 
(写真は上のお堂)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2登ります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 33その1では、西の尾根道か
門跡→肩の郭→
物見郭→二の郭→主郭へと辿ります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
門跡前面付近 
 
 
 
 
石積が見られる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
石積
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 31
石積線の背後に堀
 
土橋左
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 32
 土橋右
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
堀線は二線ある
 
このへんが門付近。
 
 
 堀線と書いたのは、どうも防御ラインといった構想があったように思えるので。
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
土橋と堀と石塁 
 
防御線が頑強になる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7この上が肩の郭
 
肩の郭の前にも横堀線がある。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8横堀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9土橋越えてからの写真のほうがわかりやすい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10肩の郭
 
左(南西)に物見郭
 
右(南東)に腰郭1・2(藪)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11腰郭(藪)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 12肩の郭南西 
 
下り 堀切・土橋があり物見郭
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 13
下り、堀と土橋
 
堀は急な竪堀として鋭く降る。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 14左側
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 15右側
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 16物見郭
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 17物見郭から眼下 三沢
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
イメージ 18山上へ向かいます
 
折れ戻るように二の郭へ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 19二の郭 南部(下段)
 
このあたりも石塁線がある
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 20
石塁補強された切岸(横堀か?)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 28
いよいよ主郭がお目見え
 
主郭は横堀、切岸で守られ、郭内は上下二段ある。
 
背後、西北の尾根は堀切あり。
 
ここまで二つ目のお堂から17分。
 
 
 
 
 
イメージ 26
一乱における用土のl孤高な尖りが漂う。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 21主郭を守る横堀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 22もう一枚
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 23主郭へ
(早く行け)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 24
虎口構造はあったかどうか
(早く行け)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 25千馬山城主郭下段
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 27主郭上段
 
写真奥は西北の尾根(堀切あり)
 
 
 
 
 
その2へ
 
 
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事