えいきの修学旅行

練習としてアメーバブログに飛騨の久々野6/22、牛臥山6/26、切手7/1の3城を投稿します。

全体表示

[ リスト ]

千馬山城2

イメージ 382では、主郭からスタートします。
白○囲い部の西北の尾根→
 二の郭から二の郭南東面の横堀→
 北東尾根の二重堀切を辿ります。
 
二の郭南東横堀の下の三郭の郭・東の郭群は藪がひどく立ち入ることができませんでした。
 
  
 
                  千馬山城主郭上段
イメージ 1
背後南西面は急崖、西北は尾根を堀切で処理している。
 
一乱時、上杉方についた飯塚・桜沢・猪俣ら藤田有力被官は近隣で、日常的な対立があったかもしれない。また先に紹介した天神山城も上杉方であり藤田泰邦老母が在城している。泰邦後室・実子梅王丸の在城もそうていされる(黒田 2011,pp.26-27)
 
私にはそのような用土業国の孤高な厳しい状況が漂っているように見える。
 
イメージ 2主郭南西面
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3主郭西北
 
厳しく堀切ってあるが、ルートでもあったようで、土橋状に西北の尾根に接続している。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4堀端を土塁で塞ぎ土橋としている。もちろんこの土橋は主郭から監視され、侵入者は厳しい迎撃を受ける。
 
花園城でみた構想と同じであろうか。
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5土橋右側(北)
 
険しい…。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6西北の尾根
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7西北の尾根道
 
 
 
 
では主郭にもどり、二の郭から南東面横堀へ向かいます。
 
  
 
 

イメージ 8主郭下段から二の郭
 
主郭切岸際には1で紹介した横堀が巡る。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9横堀まえには土塁が盛られている。
 
 
写真右斜め上へ向かいます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10二の郭北東部
 
この右下南東面に折れを伴う横堀が巡らされている。
 
折れ部に降りる道(見学路?)がありますが、そこよりも手前(南西)に二か所、虎口に見える箇所があります。
 
 
 
 
 
イメージ 11虎口に見えるところ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 12
横堀線下の薮中に三の郭
 
 
左(北東)には二の郭南東面横堀
 
  
 
 
降りて虎口様箇所を振り返る
 
 
 
 
イメージ 13枡形虎口と思う。
 
花園城、天神山城にも同様の構造があり、藤田は出入口として枡形虎口という構造を用いていたといえるのではないか。
 
 
 
 
 
 
 
 イメージ 14
 もう一か所、虎口にみえるところ
 
 
 
 
 
  
 
では、横堀折れ部から横堀に降り北東尾根へ向かいます。
 

 
イメージ 28二の郭南東面下横堀折れ部へ降りるところ
 
見学路として虎ロープが設置されているが、ここは折れ、侵入者の速度が落ちるところを頭上から狙うポイントであり、出入口ではないであろう。
 
 
 
 
イメージ 29折れ部
 
右上(南東山下方向)は三の郭
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 15土塁の下方に三の郭
さらにその下に土塁でくい違い構造のある東の郭群があるとされるが、藪…。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 16突入試みましたが、心が折れました。
 
 
 
 
横堀堀底を北東へ。
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 30横堀底
 
 
 
 
 
 
 
折れ部を振り返る
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 27張出し、真正面・右側面から射られ刺される。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 17北端は岩盤を掘り切ってある
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 18北端
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 19横堀北端から北東尾根
 
この先、豪快な二重堀切で遮断している。
 
 
 
横堀をちょっと戻り、北東尾根へ上がります。
 
 
 
 
 

イメージ 20北東尾根へあがります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 21北東尾根
 
先に堡塁のよう高所
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 22堡塁のような高所
 
ここは眺望が素晴らしい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 23北方向眺望
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 24この先に二重堀切
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 25
 
 
虎ロープでハッとする
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 26
二重堀切
 
砥がってます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 31一重目堀底
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 32城内側を見上げる
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 33
南東側は竪堀となり降る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 34二重目
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 35二重目南東側も竪堀となり降る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 37二重堀切先北東尾根
 
 
 
 
 
 
 
二重目越えて振り返る
 
  
 
 
 
 
イメージ 36
砥がれ立ちはだかる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 小田原北条直臣勢と用土業国等の働きにより、当初劣勢だった北条方は天神山城・日尾城を落とし、秩父地域を制圧する。永禄5年正月の乙千代(氏邦)判物写で秩父衆の走廻に対し知行宛行の約束をしているが、その際の取次を用土は南図書と共に務めている。(伊藤 2013,pp..2-3) 用土は自らの手勢だけでなく秩父衆等を寄親的立場で軍事指揮し、北条方の上級武将として軍勢を率い秩父制圧を成したのであろう。
 
 一乱を北条方勝利で終結させた用土は業国は、永禄6年2月、小田原北条当主氏政・氏康連署により知行宛行を受けている(小田原559、管窺武鑑二)。それは一乱時、反北条方のものであった土地を宛がわれたものと思われる。以後、当該地域において一乱に係る戦闘はみられなくなる。反北条方であった藤田一族(氏邦妻大福御前を除く)、被官群の桜沢氏、飯塚氏は没落ししていき、猪俣氏には北条家臣富永氏から邦憲がはいり反北条方だった者達の所領・権益は再分配され、藤田家中の再編がすすめられた状況がうかがえる。(伊藤 2011,p.5)
 
 ここでもうひとつ、次に書こうと思っている日尾城・日尾衆に関する事項として、高岸氏と用土氏との関連について触れておきます。
 高岸氏は日尾城に近い上吉田にいたとされる北条当主もしくは氏邦の家臣ではあるが百姓階級の足軽のような存在で、後、元亀二年12月までに日尾衆の構成員となる。その高岸氏に、一乱の時期の永禄4〜5年頃と比定される用土新左衛門書状(高岸文書)で、小屋役の賦課に対し詫言をすすめている。用土は高岸氏の寄親的立場にあり、高岸氏は一乱時には日尾衆ではなかったことになる。(伊藤 2013,pp.8-9)
 
 日尾城へ続きます。
 
 参考文献 黒田基樹・朝倉直美(2010)『北条氏邦と武蔵藤田氏』、岩田書店
       伊藤拓也(2013)「戦国期日尾城における衆編成」、『埼玉地方史』6
       伊藤拓也(2011)「戦国期鉢形領成立過程における「一乱」」、『埼玉史談』第58巻第一号(通巻305号、埼玉県郷土分化会)
       
 
 
 
 

閉じる コメント(2)

遅いコメ失礼します。 ここ、先日訪問したのですが東郭へ行くルートが荒れた竹藪に阻まれまして、どうやら以前から道は途切れているようですね。
入口も民家の敷地を通り抜けるような、本当にここでいいのかな? と訪問を躊躇させる道でした。

2018/1/21(日) 午後 4:15 黒鍬

顔アイコン

千馬山城は、堀切、横堀、虎口、なかなか見応えがありますが、さらにあの東の郭への竹藪は、難攻不落の様相ですよね。私が行った時も、これは無理だとあきらめがつくほどの状態でした。

2018/1/21(日) 午後 10:49 [ えいき ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事