えいきの修学旅行

練習としてアメーバブログに飛騨の久々野6/22、牛臥山6/26、切手7/1の3城を投稿します。

全体表示

[ リスト ]

概略は日尾衆と日尾城周辺をご覧ください。
 
イメージ 1日尾城へは、観音山観音院駐車場奥のトイレ横から牛首峠を経由し向かいます。
 
観音院駐車場地図http://yahoo.jp/ln7rQ8
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2沢伝いに牛首峠を目指します。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3通行を一人に制限でき、関門とできそうな箇所がある。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4奥に牛首峠
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5切り通しが牛首峠
峠の左に9、8郭。
右に日尾城主要部。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6なかなか凄い峠
 
日尾城健在であれば、ここを通過などできるであろうか。
 
観音院駐車場から17分。
 
まず左、9・8郭を紹介します。
 
郭Noは余呉くんのホームページに準拠します。
 
 
イメージ 7そのまえに今登ってきた道
 
尾根上鞍部牛首峠を抑えられ、ここを登ってくるなど無理であろう。
 
 
 
 
 
 
 
 

イメージ 8
なかなかスリリングに進みます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9一度稜線上にでます。
 
祠があり、ここも乗越しの峠であったかもしれない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 イメージ 10
稜線上振り返り、牛首峠側はこんな感じ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11この上が9郭
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 129郭
 
奥が8郭で、豪快な堀切がある。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 13右(北)にも豪快な竪堀状の自然地形。
うえに突出部。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 14
8郭から突出部
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 158郭
堀切側に土塁がある。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 16土塁した、岩盤を削った大堀切
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 17うッ
 
途絶…。
 
 
 
 
牛首峠から日尾城主要部へ向かいます。
 
  
 
 

イメージ 47牛首峠から日尾城側は、日尾城への誘導があります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 18牛首峠から城内に向かうにはここを通るしかないであろう。
 
左頭上から攻撃を受けながら進むのは、凄惨であろう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 19稜線上の牛首峠側
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 20日尾城側
 
いったん降り
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 21
右に曲がる
 
迎撃を意図した構造か。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 22乗り越え
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 23炭焼釜の左に日尾城主要部
ここまで牛首峠から7分。
 
余呉図では、4郭が二つある。上の4郭を3郭として辿ります。
 
余呉図
 
 
  
イメージ 24
中央の谷津部が三段の平坦な削平地になっており、そこは左高所の主郭、正面の谷津奥、右高所の3郭に抱かれている。この谷津部が、最も大事な区域かもしれない。
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 25左側、主郭から牛首峠に至る尾根筋は、数段の切岸と馬蹄状の小郭で防御されている。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 26
右側、高所は3郭
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 275郭付近
 
 
中央右、木の奥が2郭
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 284郭
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 36谷津の最奥、主郭と2・3郭を繋ぐ鞍部
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 29主郭方向
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 30主郭への取り付き
 
虎口であったかはわからない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 31主郭へ
 
土塁と考えてよいかわからないが、盛土のうえに馬上城山八幡社と盛土塁下に日尾城山八幡が鎮座する。
 
主郭背後、馬上城山八幡眼前眼下7郭側に見事な堀切
 
 
 
 
 
イメージ 33北西を向いて、馬上城山八幡社
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 32その眼前眼下、7郭がわ大堀切
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 34日尾城山八幡は、反対に盛土を背に城内側を向いている。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 35主郭北東下
 
 
 
 
 
  
 
2・3郭へ向かいます。
 
 
 
 

イメージ 37さきほどの4郭うえ鞍部を通り、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 38
2郭・3郭へ
 
左上高地が2郭
みぎ部が3郭
 
2郭・3郭に挟まれて観音院へ至る尾根伝いルートがある。
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 39観音院へ至るルート
 
私は行きませんでしたが、鎖場ありのルートのようです。
 
 
 
 
2郭へあがります。
 
 
 
 
 
イメージ 40一段低く一郭ある
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 41高所の二郭
 
別段の造作はない
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 42東のへさき下に観音院へのルートを見張っているようだ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 43南に出張る3郭
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 44こちらも造作はない
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 453郭から谷津部の4・5・6郭を見下ろす。
 
主郭・三郭・谷津奥で抱くように守っている。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 46谷津奥を3郭がわから
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
日尾城は、別段工夫された堅固な普請ではないが、豪快な岩盤堀切と険難の地形を生かした要害であり、よほど信濃・上野・武蔵の境目の要衝としての価値が高かったのであろう。ゆえに史料にも登場する。
 
修学甲斐のあるお城でした。
 
参考サイト 余呉くんのホームページhttp://homepage3.nifty.com/azusa/saitama/oganomati.htm
        旦様と私http://blogs.yahoo.co.jp/lunatic_rosier
 
 
  

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事