えいきの修学旅行

おおるりで面会。その後、諏訪原、富田、滝境城。藪と茶畑農道に窮す。VOLVO側面傷だらけ…涙。茶毒蛾ではなく、茶畑にやられた。

全体表示

[ リスト ]

  
  吉窪城から直線距離で約7㎞ほど犀川を遡ります。

                       上尾城
イメージ 1
犀川の谷に面した台地末端に築かれ、台地上を篠ノ井方面へ至る街道が通る。宮坂武男(2013)『信濃の山城と館2』、戎光祥出版(以下宮坂本2)によれば、平林の本拠とされ、戦国期は村上氏に属していたが、後に武田に従い、正家の時に牧之島城の副将となった。正家は永禄12年(1569)北条氏との戦闘で討死、正恒が継いだ。天正10年(1582)、武田滅亡の際に牧之島城が織田勢に攻められると、上尾城に退いたが、牧之島城を奪回し、上杉景勝に属したという。

                            上尾城概念図
イメージ 45宮坂本2に準拠し、郭・堀名をおおよその位置に書き込んだ。
記事内測値も同書に拠rり、同書を参考に城内を辿る。









イメージ 18大門上より番屋敷・二ノ城

上尾城は、城下が付随する城である。













イメージ 15大門付近からの上尾城中枢への登路

二ノ城から主要部までの比高は26mとそれほど高低差はない。








イメージ 16薬師堂

家屋の背後が殿屋敷と伝わる郭4。薬師堂も殿屋敷の一画であろうか。












イメージ 17薬師堂の北西脇で主郭1へ至る堀ウ底ルートと郭2へ至るルートが分岐する

分岐は主郭南西隅櫓台状土塁下にあたり、頭上厳重な監視を受ける。








イメージ 14堀ウ底

ウは上幅中央部で19m、左・主郭側壁高は16〜19mに及ぶ。

ウの右(南)は郭4(殿屋敷)・5(倉屋敷)で、城主居館部(後掲)のようだ。







イメージ 2主郭斜登導線

















イメージ 3虎口が開口

















イメージ 4主郭南虎口

















イメージ 6主郭北部

八幡社が祀られている。














イメージ 8南東面土塁

塁線は長大な土塁と土塁下長大な堀ウ。

この角度だと南虎口開口がわかりにくい。

写真奥が南西端で櫓台状。





イメージ 12この角度であれば南虎口開口がわかる















イメージ 7南東土塁下堀ウ

対岸は殿屋敷(郭4)蔵屋敷(5)














イメージ 9南虎口開口

















イメージ 11南西隅

櫓が揚がりそうである。














イメージ 5南西隅下

薬師堂北西脇の通路分岐を頭上から監視する。













イメージ 10南西隅から主郭内


八幡社背後が北東面で、断崖である。北東面は土塁は一部しか備えていない。









イメージ 24北東面下断崖

















イメージ 25北西面


北虎口は開口幅が広い。お堂造成の改変か。











イメージ 13北虎口下

堀イ、郭2。


















   北西部

イメージ 22堀イの東(右)は畝状の盛があり、宮坂先生は二重構造を推定している。














イメージ 20断崖へ落ちるイ東端

















イメージ 23郭2

不整の5角形。















イメージ 192の北

壁下に堀アと断崖に臨む物見台となる郭3。













   また、主郭1、2の西下方に幅2m全長90mの腰郭がある

イメージ 21西下中段腰郭



















 南東部

イメージ 26主郭南虎口から下方

堀ウ対岸、殿屋敷と伝わる郭4。
殿屋敷には土塁が備わる。










イメージ 27その北東

蔵屋敷と伝わる郭5は、土塁を備わらない。













イメージ 29郭4・5の前に堀ウをもう少々














イメージ 30ウ東端

断崖江落ちる。














イメージ 28郭4土塁

郭内(右)は藪。













イメージ 35郭4 殿屋敷















イメージ 31郭5 倉屋敷

藪のきつくないあたり。












イメージ 32郭4・5の南東は堀エが区切る

私は真面目である。












イメージ 33堀エ















イメージ 34エ東端付近



















   東部

イメージ 36大門から堀割型の道がお宮に至る














イメージ 37お宮のうえのあたりに物見台があったとされる













イメージ 39
お宮は公民館でもある

宮座の実見に感動しつつ、ここでの一味同心・一味神水を彷彿(1)。

お宮の前を本道と隠れ道が通る。
写真右に本道。





イメージ 38隠道
















イメージ 40配水池後背の高地から北斜面へ竪堀が降る

造成されたようにも見えないが、傾斜は緩く、臨時の駐屯スペースとして確保されたのだろうか。







イメージ 41竪堀オ・カが派生する高所
北斜面に100m超降り下る。
オの上部には土塁が付く。
上端の土塁は竪掘りを登ってきた敵を容れる枡形用途であろうか。






イメージ 43















イメージ 42オに上部につく土塁は竪堀を深くし、横移動は困難であろう













イメージ 44隠道からオ
















 上尾城は、屈曲などの技法は見られないが、郭、土塁、堀が明瞭に残り、また城下をも取り込んだ城の形態が伺うことができる。
 宮座の実見とともに、私的には興味深く見応えのある城でした。

参考文献 宮坂武男(2013)『信濃の山城と館2』、戎光祥出版、pp.199-201

註 1  水林彪(1987)『封建制の再編と日本的社会の確立』,山川出版社,p.31



この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事