えいきの修学旅行

おおるりで面会。その後、諏訪原、富田、滝境城。藪と茶畑農道に窮す。VOLVO側面傷だらけ…涙。茶毒蛾ではなく、茶畑にやられた。

全体表示

[ リスト ]

 
犀川沿いではありませんが、上尾城の約2.5km南東至近にある和田城を書きます。

                         和田城
イメージ 1和田城は、密蔵寺の背後、聖川に臨む丘陵上に築かれている

密蔵寺はここhttps://yahoo.jp/jYiUVP
宮坂武男(2013)『信濃の山城と館2』、戎光祥出版(以下宮坂本2)によれば戦国期上尾城の平林氏に属した田野口氏の要害と伝わるが、はっきりしたことはわからないようだ。

        和田城概念図
イメージ 2宮坂本2を参考に、郭・堀名を同書に準拠し、ブログ説明用に書きました。
記事内測値も同書に拠り、同書を参考に城内を辿ります。

丘陵最高所を郭1を主郭に、背後を崖、丘陵側を堀イ、郭2、堀ウ・エ・オで囲い、守りを固めている。

郭2北隅と郭3西隅下で堀エとオの接続部がある。この地点は、2・3に厳重監視を受けた関門と考える。
 
土塁、堀幅ともに、しっかりとした構造で、在地小領主の普請とは思えない。宮坂先生も指摘しているが、外部大勢力の修築が考えられよう。








イメージ 3密蔵寺背後墓地からを攀じ登ります

注:墓地から堀エに至る道があるので、道がわかれば、そちらから入ったほうがいいかもしれません。








イメージ 4南 密蔵寺側腰郭4

















イメージ 5東尾根を遮断する堀ア

古式である。














イメージ 6南東隅から郭1(主郭)へとりつく

扇の要にあたる














イメージ 8お堂は柳沢、小林、西村家の氏神か

お堂背後は北面で、土塁を備える。土塁下は堀イが囲う。











イメージ 7お堂背後北面土塁

土塁下は堀イ。















イメージ 11堀イ東端

















イメージ 9堀イ

イの外は郭2が囲う。














イメージ 12主郭北西隅

















イメージ 10主郭西面

虎口が開口。















イメージ 13西虎口から堀イ底へ




















イメージ 14堀イ、郭2が主郭を取り巻く

郭2土塁は北隅が2mの高さで、頑強につくられている。











イメージ 15これは主郭北西隅

















イメージ 16郭2

土塁下は北東面は堀ウ、北西面は堀エが囲う。













イメージ 17土塁下堀ウと郭3

















イメージ 18土塁北隅はしっかりつくられている
















イメージ 19土塁下堀ウ

郭3の北から堀エ・オが二重に1守る。

堀オは宮坂先生は120mを測る。










イメージ 20郭2北隅は、郭3西隅とで堀ウとエが結合する地点を頭上から押さえている。
そこは、堀エ、オ間の仕切り土塁が開口しており、関門であろう。もちろんその関門は監視下に置く。







イメージ 21同じ関門を郭3から















イメージ 23堀エ・オ北東部















イメージ 22エ東部から関門方向















イメージ 25堀エ・オ二重堀線外から関門

なかなかの威容である。











イメージ 26関門南西二重堀線















イメージ 27北西城外から二重堀越しに郭2をみる

郭2は土塁を備え、郭内の見通しを遮っている。










イメージ 28堀オ南西

堆積だと思うが、箱底に見えなくもない。

箱とすれば天正10年以降、上杉による構築か。しかし、他の構造に上杉風を認めない。





イメージ 29堀オ

弘治・永禄期の武田構築のように思える。











イメージ 30エは郭2北西部虎口と接続する














イメージ 31石積みで補強された導線














イメージ 24堀エ・オが北から西へ構える長大な二重防御線は、オで120mを測り、圧巻である。


在地田野口氏一手による普請ではなく、弘治・永禄年間、武田の手により構築されたものと考える。





参考文献 宮坂武男(2013)『信濃の山城と館2』、戎光祥出版、pp.202-3

 次記事も聖川沿い、城ノ入城を書きます。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事