えいきの修学旅行

竹さんの『戦国の城の一生』、予約していたAmazonの他からも届く。二冊も手に入るぜ。

全体表示

[ リスト ]

 7月以来、犀川、聖川沿いに小松原、吉窪、上尾、和田、城ノ入、蟻ヶ城、左右前山城と書いてきました。
 ここからは犀川の線よりも北上し、柏鉢城、戸隠栃原城館群へと書き進めようと思っています。
 ちょうど武田が弘治三年(1557)第三次とされる川中島合戦の頃からの武田の動きに該当します。


 イメージ 1地理院地図に作図
 同年4月13日、信玄は自筆の書状で長坂虎房に「鳥屋へ島津より番勢を加えあまつさえ鬼無里に夜揺の由候、(中略)追而小川柏鉢より鬼無里鳥屋に向ふ筋々絵図にいたされ候て持参あるべく候也」(『戦武』557号)と、上杉方の島津氏が水内群の鬼無里方面に攻勢をかけているとの報告を受けたので、小川・鬼無里・鳥屋地域の絵図を届けよと命じている(1)。
 翌4年4月には上杉勢の撤退した後の川中島地域の処置として、信玄は柏鉢城・東条城・大岡城の籠城衆として新たな番手衆を配備することを通告している(2)。
永禄4年の第四回川中島合戦の後になるが、武田は同6年には飯縄山山の麓への迂回路を造り終えている(3)。

 じわりじわり、晴信の野望が越後へ迫っていく。

  柏鉢をさっさと書けばいいのでしょうが、柏鉢へ向かう途中に引っ掛けた松原城が、晴信の意を受けた武田権力が浸透する前の在地勢力の城の姿、信濃の城の平の情景を色濃く残しています。
 そのどこか懐かしい松原城の情景が気に入りましたので、犀川沿いと呼んでもよさそうですが、犀川以北の城達の先鋒として書こうと思います。

(1)柴辻俊六(2013)『戦国期武田氏領の地域支配』、岩田書院、p.31
(2)前掲柴辻著書、p.33
(2)前掲柴辻著書、p.35


 
                                             松原城
イメージ 33土尻川に落ち込む急峻な山に築かれている
宮坂武男(2013)『信濃の山城と館2』、戎光祥出版(以下宮坂本2)によると、春日氏に属する者が居住した守ったと推定し、『長野県町村誌』からの引用で、川中島戦の時に上杉の為に焼討に合ったとの伝承を記している。

 
 謙信、私の地元では義の武将と呼ばれるが、出征先では随分と焼く。

イメージ 2高度を上げて
宮坂本2に準拠し、郭・堀名をおおよその位置に書き込んだ。記事中測地も同書に拠る。

高所に主郭1、1の下部、西から南に郭2を置き、北は2本の堀切で遮断する。東、南、北(堀加工壁)は急壁で、西側が城の平と呼ばれる台地になる。
周囲から隔絶された別天地である。

イメージ 3土尻川から

頂部主郭の北(写真で右)の堀が見える。
要害である。











イメージ 4城の平

天明山中騒動の集号の地でもある(説明板有り)。










イメージ 5大町街道と中条市街地(?)を見通すことができる
















   
   城へ


イメージ 6北を遮断する堀切

土尻川から撮影した写真に写る程の堀で、この城の主防御施設である。
右高所が主郭1。










イメージ 7主郭より低く西から南に郭2を置く
















イメージ 8堀西下方


箱掘段差構造かとも考えたが、全体の造りが古く、そうではないであろう。










イメージ 9堀底高所

















イメージ 10主郭を見上げる

造りは古くとも、十分な高低差の壁であり、頭上から・投石を浴びると攻め手には厳しいであろう。









イメージ 11堀東端

土尻川までの急壁。















イメージ 12主郭への取り付きから北の堀

対岸、約50m北にもう一本堀切を設けている(後掲)。












イメージ 16主郭への取り付き

北隅へ西から取り付くが、出入口の造作はない。












イメージ 13松原城主郭

東(左)は土尻川までの急壁。














イメージ 14東面急壁

要害である。















イメージ 15東辺縁から

















イメージ 17西下方郭2

















イメージ 182南部

















イメージ 212南部から主郭方向

緩い傾斜と緩い削平。














イメージ 19南部下方にもう一段

その南端下南東に向かって竪堀が一本設けられている。












イメージ 20竪堀



















   堀切の北

イメージ 22主郭北堀切から北尾根

天神の痕跡がある。













イメージ 23天神様の痕跡

宮坂先生調査時で、城の平には4軒の民家があり、うち2軒は無住という。
祭祀の途絶も無理もないであろうか。









イメージ 24振り返り、堀越しに主郭

切岸壁は鋭い。













イメージ 26北尾根

尾根右(東)は急壁で、防御は不要だが、土塁状に風よけとなり、左(西)側の区画を抱く。









イメージ 27















イメージ 25抱かれた区画















イメージ 28堀が断ち切る















イメージ 29堀は林道と尾根を横切るように尾根を断ち切る













イメージ 30林道右(東)堀型















イメージ 31林道左(西)堀型
















イメージ 32最後にもう一枚城の平















 まとめ

 松原城は、先に書いた和田城、城ノ入城、蟻ヶ城といった堀の厳戒多重化・出入口造作・土塁の運用といった甲越上位権力の関与を匂わす要害普請とは異なる様相の城である。
 想定される争乱が、甲越といった大勢力による介入が及ぶ以前、その頃の信濃の山中侍の城の姿とは、このような姿だったのではないだろうか。



参考文献 宮坂武男(2013)『信濃の山城と館2』、戎光祥出版、pp.434-5

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事