えいきの修学旅行

練習としてアメーバブログに飛騨の久々野6/22、牛臥山6/26、切手7/1の3城を投稿します。

全体表示

[ リスト ]

 
 三木で徳川城郭に触れたので、徳川城郭をいきましょう。

 佐久城見取り図(佐久城公園駐車場に設置・ブログ掲載用に必要部分を切り取り)
イメージ 1
南郭は消滅しているが、主郭、主郭出入口、馬出の遺構が明瞭に残る。

駐車場はここhttps://yahoo.jp/hRq7bj











 現地説明板によれば、浜名氏の居城であったが、永禄11年(1568)、遠江に侵入した徳川勢に対し、今川方として抗戦、降伏した。以後、徳川家臣本多桃助信俊が守備した。天正11年、野地城構築により廃城になったとされている。

 私は天正12〜14年時期でもいいように思うが、天正11年段階における徳川城郭の馬出、枡形出入口ということになる。

イメージ 20主郭枡形から馬出

















イメージ 32うい

















イメージ 2側面の出入口から

兵を容れ、主郭出入口を守る。














イメージ 3馬出の前面土塁

















イメージ 6馬出土塁上から前面の堀
















イメージ 5直上から


















イメージ 7土塁上から馬出への出入口


側面(写真左)から馬出に入り、折れ(上へ)、主郭出入口へ至る土橋に進む








イメージ 8土橋

枡形で食い違い、主郭へと入るが、これは後ほど。













イメージ 4主郭に向かって土橋右の堀
















イメージ 9左の堀
















                     
イメージ 10
主郭枡形へ至る




















   主郭

イメージ 11桝形は郭内よりも高く造作されている

奥は西面猪鼻湖。
湖側には土塁を備えない。












イメージ 14郭内から枡形

















イメージ 28南西側土塁上から枡形を監視
















イメージ 29南西土塁上から枡形前の土橋

完全監視。














イメージ 27南側土塁上から土橋と枡形
















イメージ 31土塁上から堀

土塁の高さも加わり、頑強である。

対岸は馬出。












イメージ 18主郭内から土塁線


土塁は強固な造りで、土塁下の堀とで頑強に主郭を守る。













イメージ 12南西

















イメージ 13主郭内 北

井戸がある。















イメージ 15井戸

井戸背後は東面土塁。














イメージ 16東面土塁


















イメージ 19西から北面は猪鼻湖
















イメージ 17北に搦手

湖への降り口か。















イメージ 21搦手

















イメージ 22枡形とまではいかないが、一段あるか
















イメージ 24急な坂屈曲導線

舟運からの物資搬入には向かないのではないか。













イメージ 23降りた

















イメージ 25猪鼻湖

















イメージ 26美しい

















イメージ 30対岸から佐久城

















 参考文献 現地説明板

 三木の畝堀と同時期の徳川城郭、如何でした。

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事