えいきの修学旅行

竹さんの『戦国の城の一生』、予約していたAmazonの他からも届く。二冊も手に入るぜ。

全返信表示

返信: 396件

全40ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

[ えいき ]

2018/8/29(水) 午後 10:37

顔アイコン

宮坂先生とらんまる節に踊らされて、信濃深く突き込んでしまいました。
10月以降は取り組まなければならない事項があり、城は行きますが、ブログはほとんど書けなくなりそうです。その前に戸隠を書こうと思っていますので、9月のえいきの修学旅行にも登場いただきます。勇姿、使わせてくださいね。
柏鉢、明日後編公開です。内容くどく恐縮ですが、写真お楽しみください。城への誘惑になれたら幸いです。

[ らんまる ]

2018/8/29(水) 午後 9:40

顔アイコン

こんばんは。(今は夜なので)

貴殿の記事を読みつつ、そんな城へも登ったなあーと懐かしくもあり、ついでに小生の記事の紹介があったのでジャンプすると、我ながら探求心に満ちた素晴らしい情熱と取材記事に驚く(自画自賛・・笑)

そんな記事を書いたばかりに越後の方が毎回信濃にお百度参りするのを申し訳なく思う次第でございます・・・(笑)

美濃の知り合いからお誘いを受けているので、晩秋は気分転換にアウェーの城巡りでもして元気を呼び戻そうなんて思ってます。

後半の記事、期待しておりますw

[ えいき ]

2018/8/17(金) 午前 6:22

顔アイコン

らんまるさんの脱線の真意はどこにあるこか、あれこれ勘ぐっていました。城へ心を引き戻すきっかけになれたら幸い(災い?)です。
まあ夏場はジムニー号と供に充電ください。
数年前まで、犀川筋は牧ノ島くらいしか知りませんでしたが、こんなに強烈な城がひしめいていたんですね。
信濃郡割・越中国切が決定するまでの景勝の胸中・脳内を見る思いです。

[ らんまる ]

2018/8/16(木) 午後 8:06

顔アイコン

一番槍を横取りしましたらんまるでございます。

このような誰も絶対に行かないであろう山城に単身乗り込む勇気に拍手喝采ですw

城ノ入城も記事にせねばと思いつつ「めんどくさいなあー」で貴殿に先を越されました。
なるほど、そういう見方もあるんだなあーなんてほくそ笑んでおります。

夏場はジムニー号もお休みで、山城シーズンに備えて充電中です。

大町市の八坂あたりも結構面白い山城が多く点在しています。仁科口の境目の城の千見城を中心とした防衛拠点として活用されたんでしょうね。

お盆休みは「なんちゃってダムマニア」に徹して山城から距離を置くようにしました。


貴殿のレポートでまた山城に対する情熱を取り戻したいものです(笑)

[ えいき ]

2018/8/10(金) 午後 11:35

顔アイコン

らんまるさんに、長野県人よりも詳しいなどとなどと書かれると、冷たい警策で撃たれる思いです。おっと、お二人は長野県「人」次元ではありませんね。
馬念さんや竹さんがホットに論文で扱っていたころ、私も千見に行きたかったのですが、怖気づいて控えていました。
天正10年以降に北信に進出した上杉による前線城郭構造、どうも越後侍と信濃侍とで構造に差があるように考えています。
おまえが何を言うかって次元のこだわりですが、証拠を掴んでやろうと秋はまた信濃浸りになりそうです。新山は、高城と同じ日に連れて行ってください。
記事ですが、柏鉢の前に左右前山(8/14公開)、松原城(8/20同)を書きました(脱稿済み)。
柏鉢は、26公開予定で写真の整理をしています。
まったく罪な人です。

[ らんまる ]

2018/8/10(金) 午後 10:00

顔アイコン

長野県人よりも信濃の山城に詳しく、その突撃精神と城歴の下調べ、独特な考察には頭が下がります。

まさか我らが踏査した蟻ヶ城、城入城まで単独で攻め入るとは恐れ入りました。


小生も「大野田城はどこか?」という謎に挑み、筑北村の山崎城を彷徨い、蟻ヶ城も踏査したものの、肝心の千見城近くの大野田城は通行道目で断念という有り様・・・(笑)

実は蟻ヶ城の近くに「新山城」という城跡があり宮坂氏も記録していない平林氏の城があります。上尾城と築城時期が近いようですが、長野県町村誌に掲載されているだけで実態は不明。
何年か前に師匠の「あおれんじゃあ」さんに教えて頂きそれっきりで放置状態。

ここも大野田城の候補地。

確かに蟻ヶ城は上杉さんちの勢力範囲で彼らによる築城でしょう。

牧野島城の芋川さんと上尾城の平林氏の序列は不明ですが、千見城と牧野島城の防衛ラインは絶対で、大野田城の謎は深まるばかり。

晩秋に新山城は攻め落とすつもりですが、それなりの境目の城の機能があったのか楽しみですね。

では、柏鉢城の記事、待ち遠しくおまちしておりますw

[ えいき ]

2018/6/23(土) 午後 9:29

顔アイコン

お寺の裏に山道があります。果樹園・小屋まで登り、池跡側左手です。私も最初は小屋の右手、犀川側の山上を徘徊し、途方にくれました。

[ 馬念 ]

2018/6/23(土) 午後 1:24

顔アイコン

ここへは、一度訪れましたが、登城口が見つからず撤退しています。これを参考に、この秋ごろ訪城してみたいと思います。

[ えいき ]

2018/5/16(水) 午後 9:41

顔アイコン

らんまるさん、高城の登り口(貯池の右手の尾根)確認してきました。ジムニー号駐車スペースもあります。今年の締めは、ここにしましょう。大町、白馬、小谷は私も狙いがあるのですが、藪・山険しそうで躊躇しています。
宇和原にお住いの方への聞き取りで、面白い情報を得ました。善光寺平とはほとんど交流はなかったそうですが、春になると馬を越後(妙高頸城)に連れていって農作業を行ったそうです。馬の出稼ぎですね。
他、宇和原に3箇所城館遺構があるようです。土中の骨に馬が歩かなくなり逃げだすそうです。

[ らんまる ]

2018/5/16(水) 午前 7:51

顔アイコン

前半戦お疲れ様でした!

高城へトライしたんですネ。新緑燃え盛る今となっては感動も半減するので晩秋のお楽しみという事で・・・(笑)

それにしても前半戦のダイジェスト版はそうそうたる山城群で、よくぞお一人様でトライしたものだと脱帽しております。
戸隠は人を惹きつける何か特殊な力が働いているようにも思えますが、どうなんでしょうか。

後半戦は陣場平山周辺とか大町周辺がお勧めです。
小生にはもはや人を寄せ付けない険しい山城しか残っておりません・・・(汗)

またご一緒しましょう!

全40ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事