えいきの修学旅行

練習としてアメーバブログに飛騨の久々野6/22、牛臥山6/26、切手7/1の3城を投稿します。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1梨沢城館は湯川の田切台地上に在り、台地上の梨沢集落全体が要害となっている。対岸には向城(古城・依田城)がある。
「大井之庄司大井朝光が岩田城(大井城)に居城し、嫡男大井光長本城相続、弐男長倉二郎大井朝信と号し、仁治元年(1240)長倉牧奉行として梨子沢居城」(大井文書)とあり、長倉二郎大井朝信の居城であろう。
応仁元年(1240)、村上氏に攻め落とされたとされる。(御代田物語)
 
 
イメージ 2宮坂氏は、当主居館は豊昇神社から泉珠院付近、もしくは左図豊昇神社左斜上の張出部あたりにあったと推測している。遺構ははっきりわかりませんが、雰囲気はじゅうぶん漂っています。
 
 
 
  
 
 
 
イメージ 3豊昇神社
 
梨沢城館の標柱がある。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
上の写真右は堀切のよう
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5集落内、中世の雰囲気
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6泉珠院
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
豊昇神社から、相対する向城をみる
 
 
 
 
 
 
 
 
 
向城へ
 
 
イメージ 8北、西、南の三面は断崖東面は上幅10mの堀が掘られ、唯一土橋で城外と繋がっている。
南に一段低く2郭があり、宮坂氏は台所などの施設かもしれないとしている。
梨沢城館の長倉二郎大井朝信一族が居住したであろうが、応仁元年、梨沢城館落城のおり、同じく落城したと思われる。大井氏滅亡後、文明3年(1471)に依田氏が拠ったとされ、依田城ともよばれる。
 
 
イメージ 9
 西から
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10東には林道が通っています。
 
上幅約10mの堀、土橋が明瞭に残っています。私は感動。
 
地図、上空写真でhttp://yahoo.jp/MAr_1t
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11南に一段低く2郭
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 122郭アップ
台所?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 13土橋と正面虎口
 
なかは柵があり、立ち入ることができません。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 14
北東隅
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 15北 堀 
断崖に落ち込む
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 16おう
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
参考文献 宮坂武男著 信濃の山城と館1
 157  158
 

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事