えいきの修学旅行

6月中に練習としてアメーバブログに飛騨の久々野、牛臥山、切手の3城を投稿します。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

能越境(氷見)へ

佐々と前田、上杉と前田、上杉と織田、神保と畠山のせめぎ合いの地。
やや残雪のあるであろうこの時期を待ちわびて!
が、中村山城、海老瀬城は、残雪などなく、藪、藪、藪…。
ですが、湯山城、聞きしに勝る素晴らしい遺構でした。
 
↓古志長尾を中核とする、謙信配下の越中能登への進攻軍が、湯山城とともに拠点とした中村山城。
イメージ 1
 
氷見市教育委員会発行の氷見の山城では、「遺構の保存は良好であり、氷見地域に残る上杉支城の典型として…」とあるが、良好かもしれないが、私が経験した藪では竹俣要害に次ぐ2位の藪でした。
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
執念で主郭へ到達
 
主郭Aと虎口(写真左)
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
イメージ 11
 
 
F郭
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
イメージ 12鋭い主郭切岸
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 13G郭切岸下、畝状空堀群付近
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 14B郭北西下畝状空堀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 15佐々方の拠点、湯山城に対する前田の陣城 海老瀬城
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
  
イメージ 16中央やや右に、D郭への虎口
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
イメージ 17海老瀬城主郭
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 18主郭AからB郭への虎口
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3B郭とC郭間の堀
 
折れているのわかります?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして湯山城へ。 こちらは藪ではなく、遺構を堪能できました。
イメージ 4湯山城、能登方面からの攻め口に立ちはだかるC郭櫓台
 
その前には食い違いに堀切と土塁を配している。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5そこをC郭櫓台から見下ろす
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6主郭への搦手
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7主郭A
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8主郭への大手虎口
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9下から
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10畝型阻塞様の竪堀と土塁の組み合わせ
 
 城の南西を守る野崎屋敷したの斜面に配されています。
 
これを見つけた時、淵に龍の鱗を見た思いがしました。
 
 
 
 
 
天正10年荒山合戦の舞台、荒山砦、柴峠砦も目指しましたが、辿り着けませんでした。飛騨は、またの機会にして、ひとまず馬を納めました。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事