えいきの修学旅行

練習としてアメーバブログに飛騨の久々野6/22、牛臥山6/26、切手7/1の3城を投稿します。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

雷城を書こうと、上越市史別編で文書を探していたら、年次未詳の栗林次郎左衛門宛謙信書状が飛び込んできました。
上越市史別編1432
「急度申遣候、市川寄居成之候間、自然従敵地横合候而者、外見不可然候条、其地ニ少滞留候而、可見届由、籠(小森)沢ニ申越候つる、然処、市川新地之普請出来之由、本田右近かたより申越候間、早々帰上田、可休人馬候、永々陳労重而普請申付、傍輩共苦労大義之由、何へも可申候、以上」
 
素人なので正確に意訳できませんが、下線の字句から、もしや仙当城に関連あるのでは?と妄想が!
 
いかがでしょうか。
 
イメージ 1
イメージ 2
                             城坂城
 
イメージ 3
                            千曲川から仙当城
                          奥に入っている。
イメージ 4
            仙当城1郭から3郭への土橋、堀エ、ビッグサイズ畝型阻塞
 

開く コメント(8)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事