えいきの修学旅行

おおるりで面会。その後、諏訪原、富田、滝境城。藪と茶畑農道に窮す。VOLVO側面傷だらけ…涙。茶毒蛾ではなく、茶畑にやられた。

日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全9ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

[ 次のページ ]

連休って感じがする

 論文の対象として収集した文献のリスト作成が終わり、昨日から書き始めた。
 調子が悪かったお馬さん、充電してもダメで、没…。林道に入ることができるお馬さんで、信濃と越中の山は主にこれ。何度落馬したかもわからない。鎖骨折ったのもこのお馬さん。7年間、ありがとう。
 午後はウエイトして、論文書き続行。はじめにで原稿用紙13枚になってしまった。本体、入らないんじゃないか。
 明日は友達のリクエストで不動山城を案内。横堀にも北東斜面の竪堀にも連れて行ってあげる。
 覚悟しときな。

 イメージ 17年連れ添ったF650GS
於:毛無峠

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

景勝期上杉番城の姿


 平成30年10月27日(土):雁金城保存会視察研修講演会:安塚区直嶺城・三和区米本陣
 
イメージ 1
直嶺城のご案内と「景勝期上杉番城の姿」と題してお話しをさせていただきました。











 文禄三年定納員数目録で上杉番城とされ、慶長二年越後国頸城郡絵図で直嶺の城と描かれた直嶺城と、郡絵図で古城として描かれた町田城、はたもちやまと描かれた旗持城の城郭構造を比較し、上杉番城の姿を彷彿していただくことを目的とした構成です。    
  薬局の従業員に「景勝期上杉番城」って、意味わかるか聞いてみたところ、わからなかったので 、Ⅰ-1の部分を付け加えてお話ししました。                 

   「景勝期上杉番城の姿」
.はじめに 
  1.景勝期上杉番城
    1)景勝期とは
    2)上杉番城とは
      (1).文禄三年定納員数目録
      (2).直嶺城の地理的検討
  2.慶長二年越後国頸城郡絵図に描かれた城 
 1)上杉番城直嶺城
     2)古城・町田城 
    3)旗持山  雁金城
.上記4城が有する城郭構造の比較検討 
    1.城郭構造に関する共有
       2.各城の全容、スケール
    3.細尾根の処理  切岸+小削平+堀切  →+箱掘
       4.郭(平場)、政庁区画の有無
       5.主城域 
             1)出入口構造 造作なし→堀込み・櫓台による監視→枡形→屈曲+枡形
             2) 箱掘+段差普請
       6.中・太尾根 二重(畝状)堀切・大堀切→大堀切+土塁→箱掘→土塁+箱掘
.まとめ
 
引用資料 
参考文献
 
  このような構成でお話ししました。 
  しかし、内容がマニア的すぎて、理解された方は少なかったようです…(反省)。


 さて、春ごろまで、となりのとなりの県の城館群に関する論文書きに取り組みます。
 しばらく重い内容での記事は書くことができないと思いますのでご了承下さい。


この記事に

開く コメント(2)

2018前シーズン終了

 6月3日に空手大会を主催するため、記事更新しばらくお休みします。

 2018年の前シーズンラストを締めようと、4月末に信濃先方衆とともに後背から挑み断念した戸隠の高城に山下(宇和原)から迫りました。しかし、地震とクーさんのリスクが高く、心が残りますが、入山は思い留まりました。6月以降は藪猛るため、これで私の2018年前シーズンは終了です。

 今年は雪消えが早く、焦りながらの修学でしたが、遠征・近場と狙ったターゲットはほぼ歩くことができました。
 まず2月、雪のない東濃へ出撃、大平城、明智城、陣屋敷砦、飯羽間城で足を慣らしました。
 3月には近所の旗持城と玄僧城、北信の昨年討ち漏らした霞城の石門と更埴・信州新町・信更に馬を出しました。小坂城、蟻ヶ城、左右前山城、上尾城、城ノ入城、吉窪城、小松原城とヒット連発。
 4月には東濃へ強度強覚悟の再征。念願の中尾砦と周辺の城址山砦、猪狩山城、馬隠し砦、中津川の霧ヶ城を踏み破ってやりました。西濃から近江にもにも深入りし、菩提山城、松尾山城、横山城と見聞を広げました。さらに、雪消えと緑とクーさんと私の休みを計りつつ、近所の不動山城、信州新町・信更の掃討、戸隠の下見と、チャンスを逸しないようにウエッぷ気味に駆け回りました。松原城、柏鉢城、和田城、西の城・東の城。うー、ウエッぷ。戸隠は、古城、大築城、福平城、大昌寺山城、円光寺館の第一次出馬は下見をかねて独行し、独行はヤバい鬼ヶ城、追通城、高城は第二次に信濃先方衆と神奈川からの客人と挑みました。鬼ヶ城、高城への挑戦は生涯忘れることは無いでしょう。
 日本城郭史学会の大会では、竹さんから、鮫ヶ尾城に関し私が抱いていた疑念への援護射撃(教示)を頂くことができました。

 5月は大会の準備に集中するため、上の城達のブログ記事を書けるのはいつになるかわかりません。
 興奮冷めやらぬうちに、ダイジェストしておきます。記事にした城と、西濃の著名な城などは省きます。

   東濃

イメージ 1大平城

何に感動しているのか。














イメージ 2
昨年来、岩に縁がある
















イメージ 3明智城はあまり驚かされなかった

強いて言えば、横堀と竪堀の組み合わせに亀山城への武田の関与に自信を得たことが重要だった。

この日、レンズが汚れていた…。





イメージ 5恵那のMさんが城に目覚めたという飯羽間城















イメージ 4
これは夢ではないか、冗談だろと、鼻息が白むほどの藪

これは私への修行を用意したのか。












イメージ 6陣屋敷砦

















イメージ 51中津川霧ヶ城















イメージ 50馬出付のいい城

















   信州新町・信更

イメージ 7蟻ヶ城

















イメージ 8標高1020mの二重堀切

畝型と虎口形状(この構造は本編で書きたいので写真は控えます)に上杉の構築と確信。とすれば天正10年以降の景勝勢しかない。天正10年以降の上杉城郭構造ってこんなもんか、という確定にやや消沈。



イメージ 9左右前山城

初出を狙ったがらんまるさんに越されてしまった。

この堀構造、新しいのではないかと考えている。








イメージ 13犀川渓谷を挟む小松原城(左)と吉窪城















イメージ 10吉窪城

















イメージ 12小松原城

私も岩に信仰心を抱いてしまう。














イメージ 11この赤い車、越後では見たことないが、今年の信濃では度々遭遇した。

なにか液体を人馬とも浴びたが、欲しい。










イメージ 16上尾城

主郭土塁。















イメージ 17土塁下の箱掘

















イメージ 18
藪期は観察不可能であろう城館付随集落(城下)をも囲った堀














イメージ 27
城ノ入城


















イメージ 14攀じ登った甲斐があった
















イメージ 15主郭後背三重堀切

















イメージ 21和田城

大規模な堀に驚く。















イメージ 19しかも多重

















イメージ 20虎口構造もある

















イメージ 22松原城

山城と城の平の信濃の景色。














イメージ 23そして柏鉢

















イメージ 24
あそこ

私をあそこへ登らせたのは、らんまる攻城戦記の罪である。













イメージ 25一枚だけ♡

















イメージ 26東の城(左)と西の城(右)




















   近所

イメージ 28旗持城














イメージ 29
尾根筋の処理の確認

この時期しかできない。













イメージ 30二度行けるかはわからない
















イメージ 31柏崎側

この城を景勝が押さえ、柏崎と御館との連絡・補給を海上・陸路とも監視、妨害したことが御館の乱における景勝勝利の要因であった。








イメージ 32頸城村玄僧城

出勤前の撮影。


















                       
                      戸隠
イメージ 52

















イメージ 54


















イメージ 33飯縄山(左)と黒姫山(右)の間、戸隠山麓を抜けるルートは、越後口に武田の匕首を突き刺していた











イメージ 42古城

















イメージ 34大築城

















イメージ 35標高1119mの砦

















イメージ 36しっかり作ってある

















イメージ 37
大築城の麓(でもない) 
上尾城。















イメージ 38戸隠に箱掘があるとは思わなかった
















イメージ 39底には段差構造もあり、天正10年以降の景勝圏下の普請を想った














イメージ 40大昌寺

左後背の山に大昌寺山城。














イメージ 41円光寺館

















イメージ 45鬼ヶ城















イメージ 43独行は無理

信濃先方衆、神奈川の客人と勢を催す。












イメージ 44鬼ヶ城主郭

主郭というより鬼と形容された行者の居住地であろう。













                  そして高城

イメージ 46我々が高城ではないかと目論んだピークに後背から挑む













イメージ 49主郭と目論んだピークの岩上

郭としては使えない。

私もこの崇高な行者衆の一員なのだ。








イメージ 47ていぴすさんが突端まで偵察















イメージ 48これ以上行けない

ここから降りた先が高城域のようだが、後背からのアプローチは無理である。










               
イメージ 53日を改めて一人山下の宇和原から迫る

しかし、数日前に付近を震源とする震度5弱の地震が起こり、余震の懸念がある。また、聞き取りで確実にクーさんがいると忠告を受ける。

独行は、リスクが高く、無茶と過信は禁物である。心残りではあるが、登り口の確認に留め、高城に想いを残して私の2018前シーズン終了した。

   しばらくお休みです。



この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

年末のご挨拶

 2017年も暮れようとしています。
 今年は、家庭の事情で、基本的に遠征は諦めてすごしました。
 しかし、遠征はあきらめたといっても修学の成果はあがっています。まずなんといっても吉川入河沢城の整備に関わらせていただき、埋もれていた山城を世に出す活動ができたことです。入河沢城は家から30分の距離ですので、必要があれば直ぐに帰宅できるため、仕事の休日はもっぱら入河沢城に入り浸っていました。吉川の方々と検討を重ねながら、遺構の破壊の無いように心を砕き、草を刈り、木を伐採し、地表面・壁面を観察できるようにし、遊歩道を設定しました。11月には整備作業が成り、現地説明会も開催されました。
 そういえば珠洲の飯田城も凄い藪でしたが、今年6月に中井先生を講師に招いて戦国山城体感の現地説明会がされたようで、もしかしたら私の修学旅行が能登の藪下の山城に灯をともしたのではないかと自賛エピソードを作っています。
 中井先生の講演を1月長浜、11月吉田で拝聴する機会を得ました。長浜では恥ずかしくて声を掛けることができませんでしたが、吉田では御記憶いただけていて、原田さんの紹介と古宮のお話を聞かせていただくことができました。珠洲の話は時間切れできませんでした。
 他、歴史学部の科目試験を受験・パスしつつ講義を受けて歴史学の基礎勉強を固めました。
 受験・受講できないこともありましたが、遅れに困るという状況でもなく、習得は順調です。
 しかし、私の歩く山城は文献などない城がほとんどで、どうも考古学のほうが使えるのではないかという想いが強くなってきており、今後どうしようか、あれこれ考えています。

 家の調子を見つつ、プチ遠征も行うことができました。
 プチは織田ー朝倉浅井の近江戦線に築かれた朝倉の城である中島城・丁野山城・田上山砦・東野山城・大嶽城を歩き、朝倉本拠越前一乗谷山城との築城技術の比較を愚考したりしました。
 日帰り圏の上野は、平井金山城・国峰城に行くことができました。金山城はじつはこのブログの発端になった城であり、7年の時を経て歩き、その間の自分の修行により、見える事柄が異なることに苦笑しつつ、よくものめり込んだものだと苦笑しました。
 北信濃も1時間圏内のため、機動・弾力的に1・2城のペースで出撃しました。残雪狙いすました小境城から、信濃先方衆の案内で駒澤討死の虚空蔵山城、岩尾根修行を強いられることになった綿内要害、尼厳、金井山、霞・竹山(ここは岩ではなく竹が凄い)・古城山城などを踏み破りました。このあたりのターゲットは、あと霜台城を残すのみです。
 
 織田ー朝倉浅井の近江戦線は、まさに戦国の大舞台です。川中島海津城周辺も戦国大舞台なのですが、こちらは尼厳の他は国人よりも小さな身代の侍の持ち城という視点で私は堪能しました。私の視点はともかく、両地域は平成の景色を見ても戦国の舞台情景に耽ることができます。来年のブログでは、その戦国の大舞台の情景を書きたいと思っています。

 10月には作手の原田さんに来越いただき、越後を連れまわしてしまいました。
 今年は越後・信濃の城の案内を乞われる機会も増えました。
 私にとって2017年は、このような一年でした。
 
 しっかり、城いってるやん!   

 と思われるかもしれませんが、前年の1/10くらいです。

 懸念の家族の事情も波は有りますが快方に向かっていますので、来る2018年は、川中島を南下して更埴・小県へと馬を進めたいと思います。スパイクピン付き長靴履いて鈴鳴らしながら、らんまるさんの会社の前をうろうろしてみようかしら。
 また、東濃Mさんに引導をつけていただいた中尾砦他東濃に打ち込んだ武田の楔も確の目で確認してきたいです。
 連休があれば竹さんが活躍してる東北へも長躯挑みかかってみたいと胸躍らせています。
 来年もどうぞよろしくお願い致します。

イメージ 3残雪絶妙のタイミングで小境城の竪堀を撮影















イメージ 4もしかして、俺はイカレているのかと不安になりつつも、ひとり飯山の山中で歓喜の叫びをあげる











イメージ 2夏 入河沢城整備作業
















イメージ 1初冬 看板が設置された入河沢城


















イメージ 14朝倉の対織田近江戦線の砦 丁野山城

朝倉の横堀












イメージ 15中島城

元亀の朝倉の虎口。

誰もいない滋賀県の雪山で、いったい私は何をしているのか。








イメージ 13丁野山砦から大嶽城















イメージ 17行きました大嶽城

あのような高所に土塁のみならず石塁で囲う。













イメージ 16竪堀もでかい

大勢力(朝倉)ゆえの大普請か。













イメージ 20朝倉本拠一乗谷山城














イメージ 21畝状空堀

朝倉本拠とはいえ、近江戦線に比べ、防御城郭構造は古く思えた。












イメージ 29上野国峰城

こんな尾根も喜々として登る。












イメージ 30まさに戦国の堀切
















イメージ 31平井金山城

6年の修学を経て虎口の見え方が異なる。














イメージ 10その山容の怖気づき、見て見ぬふりをしつづけた虚空蔵山














イメージ 28信濃先方衆の案内で制覇
















イメージ 5尼厳城

城心ついてより何年も忌避していた。














イメージ 11

















イメージ 6

















イメージ 7大手の関門まで下り、再び登る

岩を見に行ったのではない。













イメージ 9眺望を楽しみに行ったのでもない
















イメージ 8
城を見に行ったのである
















イメージ 12
天空の空堀

こんな高い所でも戦ってるなんて…。















イメージ 18私的には尼厳・寺尾では、寺尾のこの堀端の石による段差構造と掘り込み虎口に心魅かれた

土留めや道の補修ではなく、天正期上杉圏下の造作と考える。






イメージ 19小さいが掘り込まれた虎口にエキサイト















イメージ 25金井山城















イメージ 22金井山城は鳥打峠から挑むが、今年のmax岩尾根













イメージ 23一人信濃の枯れ山で、こんなとこすり抜けてる自分に哀愁…












イメージ 24ルート選定は、迷路を楽しむようだが、降りるってったって、落葉で地表面は見えず、滑る…

掴まる草木も枯れて少ない…。









イメージ 26城って素敵















イメージ 27皆様、よいお正月をお迎えください

















この記事に

開く コメント(5)

開く トラックバック(0)

春日山城千貫門

 
 記事更新お休みと書いてなんですが(勉強に集中すればいいものを)、春日山城千貫門周辺を書き改めましたので投稿します。


 
 先日、作手山城案内人の原田さんを春日山城にご案内しました。
 ちょうど地元の中学生はじめボランティアの方々が整備活動をされた後で、きれいに草が刈られていました。
 
イメージ 1千貫門の説明板

春日山城を訪れる人のほとんどの方は、ここで千貫門の説明を読むことと思います。このへんに門があったんだぁ。 で、どこ?

  遺構に気が付く人は少ないことと思います。

 春日山城内の説明板は、何十年も前の記述のままで、標柱にいたっては戦前のレベルです。
中央の研究者のみならず、地元の研究者による学術的な研究も進んでいるでしょうに、その成果がキャプションには還元されていません。私も地元でそういった成果に接する機会を得ません。地元の春日山城を愛する人々の熱意に比べて、管理側の意識の低さが残念です。  
 愛知県からのお客人を案内しつつ、そのように思いました。※散策用リーフレットは秀逸です。

イメージ 3ボランティアの方々のお陰で、遺構周辺はきれいに草が刈られている。

左側は折れて張出し、門前開口前に迎える道を厳重に見張る。上杉圏では最高度ではないか。
 しかし、開口部自体に当たって入る構造ではなく、織豊の虎口にまでは発達していない。謙信後期から景勝期の改修と考える。


イメージ 2開口部脇で折れて張出す具合がわかるだろうか。

このようにきれいに観察できるのに…










イメージ 4張出からルートをみる

矢印ルートも発達したもので、古くは左斜面下方から矢印ルート途中に合じたかもしれない。
道を攻め来る敵兵は、門内の郭から長く側面頭上攻撃を受け、張出にあたる前で折れ、千貫門から城内へ入る。開口部前にも枡形を意識したか(原田さんの指摘による)。
道正面からは張出部が厳重に見張り、迫り来る敵を撃つ。右上に二条の堀切の下の堀切が見える。

イメージ 5千貫門















 2013年に春日山城搦手口の記事中に千貫門周辺は書いていたのですが、直江郭への写真を削り、千貫門周辺の写真を増やし、書き改めました。ご覧ください。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全9ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事