えいきの修学旅行

今年3回ほど遭難しかけたのでガーミン購入。

日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

仕事で

 仕事で居宅療養薬剤管理指導をさせていただいていて、茶臼山城と町田城のすぐ近くの患者さん宅を二週間に一回定期訪問する。伺うのは、たいてい薬局閉局後なので19:00くらいになる。暗くなりがけで、踏み込もうとは思わないが、すぐ傍のお家に行っている。
イメージ 1
                      茶臼山城
イメージ 2
                        町田城
 
どちらも御館の乱では景虎方について、落城している。
この辺り、上杉家御料所や雲門寺など、上杉氏との繋がりが強く、そのエリアの多くが景虎方であったというのは、景虎が謙信御料所に影響力があったということで、景勝よりも養子としての実践があったのかもしれない。
御館の乱後、この辺りの多くは景勝の御料所となっている。
 

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 0300起床、未明に参禅の後、馬を越後湯沢に置いて0707越後湯沢初モバイルスイカで東京へ。駒澤大学で開催された中世城郭研究会主催の第30回全国城郭研究者セミナーに行ってきました。
 
イメージ 1
センターの後ろから二列目、隣にまことさん、その隣に竹さん、その隣に馬念さんと布陣。
思いがけず竹さんが影の主人公になってしまい、心境は複雑だったが、竹さんの蛍雪の学問は、たいしたもので、なにも私如きが心配する必要は無かった。また、予期せず私とまことさんの前後に高名な研究者が居られて、マイクが向けられる度、私とまことさん、スポットを浴びるようで恥ずかしかった。閉会後、新潟から御参加の2大研究者にも御挨拶できた。
報告内容よりも人に会えたことが貴重だったかも。
 
 終了後、駅近くで食事。お友達4人の他、4名同席。?。話から推測すると滋賀県、奈良県付近の自治体の研究者と専門書の出版社の方のよう。1930私だけ先に辞して、22時過ぎに越後湯沢へもどる。越後湯沢に素泊まりして、六十里越えから会津へ打ち入り、久川城を衝く。
 田子倉湖畔から六十里越えを戻り、小出へ、関越道、北陸道で帰還。
イメージ 2久川城角馬だし
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3三郭、二郭間の竪堀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
イメージ 4
主郭内 南西隅櫓

開く コメント(3)

開く トラックバック(0)

雷城を書こうと、上越市史別編で文書を探していたら、年次未詳の栗林次郎左衛門宛謙信書状が飛び込んできました。
上越市史別編1432
「急度申遣候、市川寄居成之候間、自然従敵地横合候而者、外見不可然候条、其地ニ少滞留候而、可見届由、籠(小森)沢ニ申越候つる、然処、市川新地之普請出来之由、本田右近かたより申越候間、早々帰上田、可休人馬候、永々陳労重而普請申付、傍輩共苦労大義之由、何へも可申候、以上」
 
素人なので正確に意訳できませんが、下線の字句から、もしや仙当城に関連あるのでは?と妄想が!
 
いかがでしょうか。
 
イメージ 1
イメージ 2
                             城坂城
 
イメージ 3
                            千曲川から仙当城
                          奥に入っている。
イメージ 4
            仙当城1郭から3郭への土橋、堀エ、ビッグサイズ畝型阻塞
 

開く コメント(8)

開く トラックバック(0)

 家族はヅカを観に大阪へ行ったので、私は単独行動。いつもお城がメインなので写真撮影と登山がけっこう重くなっていて、今回はツーリング主体に楽しんできました。
 
一日目(5月4日)、1330直江津駅まで家族を送って上信越道・長野道・中央道経由し、東濃恵那へ進攻。武田による木曽川渡河点を抑える砦の可能性がある天王山へ。いきなりヒット。恵那に泊。
イメージ 1
 
木曽川渡河点を抑える天王山砦
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2主郭した横堀
同じラインに張出が2つあり、強力な横矢が掛かる。
 
この横堀下の斜面には放射状の竪堀が。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11斜面に降る、放射状竪堀
 
 
資料も縄張図もなく五感を働かせての修学でしたが、成果あり。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2日目(5月5日)、0500起床、早朝から東濃諸城を攻める。中津川市の阿寺城、小里城山城、鶴ヶ城。どれもヒット。お昼、中央道、名神を走り濃尾平野を横断、清州を経由し東名阪道で北勢へ。いなべ市の田辺城をみて四日市へ泊。
 
イメージ 12阿寺城C郭虎口
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 13小里城山居館虎口
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 14小里城山山上主郭
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 15美濃土岐氏の府城鶴ヶ城
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 16鶴ヶ城主郭
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3北勢 田辺城主郭虎口
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3日目(5月6日)、写真整理してゆっくり出発。采女城、鈴鹿市の鈴鹿市考古博物館修学し、当初の予定では美濃赤坂のお茶屋屋敷をみて飛騨経由で帰還のところを、伊賀まで足を伸ばし、伊賀市百地丹波守城を探り、お昼に馬を返す。
イメージ 4采女城主郭からⅡ郭へ繋がる土橋
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6鈴鹿市立考古博物館
 
GWなのに、ここでも職員の方以外、人に会いませんでした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 博物館内
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10三階展望デッキから伊勢国分寺跡
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                  
 
  
 
 
イメージ 7
 
伊賀 百地丹波守城のなにやら不気味な堀切
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
イメージ 8百地丹波守城主郭
 
忍者が会合、密談をしていそう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9百地丹波守城のある伊賀の里
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
東名阪、東海北陸道で飛騨経由富山へでて、北陸道で1850帰還。
 
イメージ 17
                           こんなルート
 
しかし、私の行くところ、ゴ−デンウイークにもかかわらず、人に遇わない…。
 
東濃、尾張、北勢、伊賀、西濃、飛騨、越中と駆け回りました。満塁ホームラン打った気分です。
 
しばらく大会の準備で更新ならないと思いますので、ざっと遠征記でした。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

能越境(氷見)へ

佐々と前田、上杉と前田、上杉と織田、神保と畠山のせめぎ合いの地。
やや残雪のあるであろうこの時期を待ちわびて!
が、中村山城、海老瀬城は、残雪などなく、藪、藪、藪…。
ですが、湯山城、聞きしに勝る素晴らしい遺構でした。
 
↓古志長尾を中核とする、謙信配下の越中能登への進攻軍が、湯山城とともに拠点とした中村山城。
イメージ 1
 
氷見市教育委員会発行の氷見の山城では、「遺構の保存は良好であり、氷見地域に残る上杉支城の典型として…」とあるが、良好かもしれないが、私が経験した藪では竹俣要害に次ぐ2位の藪でした。
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
執念で主郭へ到達
 
主郭Aと虎口(写真左)
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
イメージ 11
 
 
F郭
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
イメージ 12鋭い主郭切岸
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 13G郭切岸下、畝状空堀群付近
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 14B郭北西下畝状空堀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 15佐々方の拠点、湯山城に対する前田の陣城 海老瀬城
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
  
イメージ 16中央やや右に、D郭への虎口
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
イメージ 17海老瀬城主郭
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 18主郭AからB郭への虎口
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3B郭とC郭間の堀
 
折れているのわかります?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして湯山城へ。 こちらは藪ではなく、遺構を堪能できました。
イメージ 4湯山城、能登方面からの攻め口に立ちはだかるC郭櫓台
 
その前には食い違いに堀切と土塁を配している。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5そこをC郭櫓台から見下ろす
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6主郭への搦手
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7主郭A
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8主郭への大手虎口
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9下から
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10畝型阻塞様の竪堀と土塁の組み合わせ
 
 城の南西を守る野崎屋敷したの斜面に配されています。
 
これを見つけた時、淵に龍の鱗を見た思いがしました。
 
 
 
 
 
天正10年荒山合戦の舞台、荒山砦、柴峠砦も目指しましたが、辿り着けませんでした。飛騨は、またの機会にして、ひとまず馬を納めました。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事