えいきの修学旅行

田立の掃討して飛騨へ。宮地、楢尾山、萩原諏訪、桜洞、為坪、久々野、牛臥山、切手の偵察。

日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

まず信濃丸子へ

信濃丸子の鳥屋城、中山城に行ってきました。なかなか、いや、かなり凄味のある堀切でした。
イメージ 2鳥屋城
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10鳥屋城主郭
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 1鳥屋城主郭北
三重堀切
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3堀切を降りるお友達
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4三重写っていますが、じつはまだこの先にもう二重あります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9中山城
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5中山城城戸
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6中山城主郭
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7中山城主郭西
二重堀切
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8うっ
 
 
 
いつになるか確約できませんが、
あらためて記事で。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

初 千葉

 初 千葉の城行ってきました。
 ブログにしたい城が随分たまっていて、記事にするのがいつになるのかわからないので、感動のホットなうちに写真すこしアップしておきます。
イメージ 1臼井城、実城虎口
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2謙信が越えられなかった坂
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4印旛沼と師戸城
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5三郭の堀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6二郭から主郭
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7本佐倉城
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
東山馬場のうえ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9東山虎口
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10城山虎口
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3坂田城
 
イメージ 11
牙城(主郭)と見台(二郭)を繋ぐ土橋
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いやー、初千葉の城、なかなか凄く、佐倉城は時間切れで行けませんでしたが、いいお城おなか一杯見てきました。

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

ブログにしていないお城の写真膨大に溜まっています。
冬は越後は馬を出せないので、記事作成に励みます。
馬念さん、竹さん、皆様、今年もよろしくお願いします。

開く コメント(5)

開く トラックバック(0)

年末の御挨拶

 いよいよ平成24年も残りわずかとなってまいりました。
 私にとってこの一年はとても有意義に生きることができました。
 
 一月に馬念さんに小田原城と一夜城をご案内いただいた後に拝聴した竹さんの講演が、ちょうど秀次と一夜城の重なりがあり、研究者という、いわば歴史を趣味ではなく職業として取り組む方の話しを私なりに理解しながら聞くことができ、雑誌次元では知ることができない、研究者が扱う歴史という次元を、ほんの表面層なのでしょうが触れることができました。10月に秀次の居城近江八幡城を長躯訪ねた時は、えもいわれぬ感慨深さがありました。
イメージ 3
田原城
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
小田原城小峰郭の堀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 1
一夜城井戸郭
 
馬念さんに、深い所へ引き込まれていくようです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 日常的?には、越中世城郭図面集を基に越中、飛騨に度々馬を出し、また馬念さんにお願いして仙当城、小田原北条氏の滝山城、八王子城、韮山城、山中城も深く探ることができました。
 
イメージ 5
 八王子城氏直居館前コの字虎口
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
山中城西丸の畝堀堀障子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 また、上越市、長岡市の学芸員の先生、新潟県の城館調査員の方、市史編纂に携わった方々、とも親しくさせていただく機会を幾度も得、いっきに歴史でのご縁が広がった一年でした。
 
 雪が思いのほか早く降り、年内は無理かとあきらめていた越中ー越後境の境の要害も、きのう行ってくることができました。
 イメージ 6平成24年は、思い残す事ない気分です
越中境要害
 
宮崎城が主城で、・景勝期佐々との抗争時に急造強化されたと思われる支城、元屋敷城・横尾城の3並びショット
 
 
  
 
 
 
 
 
イメージ 7
横尾城主郭北西櫓台④
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
横尾城主郭南張出櫓台⑦
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 雪が解けたら、能越境、それに池田城・樫ノ木城・井田主馬城、他、今年まわれなかった越中、それに信濃の山城と館も2カ月ごとに復刻され手元に届くので、信濃を重点に鋭意修学しようと企んでいます。
 
 先ほど家族でもんじゃ焼きを食べに行きました。つい、具で土塁のように囲い、虎口をつくってしまいます。「お父さん何してんの、こぼれるからだめじゃん」と折角の虎口を娘に忠告され、病気気味です。 
 
 皆さま、良いお正月をお迎えください。
                                                           えいき

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

クーさんに会いました

 越中池田城で、クーさんに遭遇。
 どうもガサゴソと人がいるような音がしていて、松茸でもとりに来ている人か?と思いつつ「誰かいますかー」と声を出してみましたが返事はなく、腰につけた熊鈴を振り鳴らしまくりながら辿り着いた最初の土橋の手前、ガザザワーという音がして10mくらい前方の木の上から、黒い、正に黒い、クーさんがずり落ちてきました(駆け降りたのかもしれません)。あまりの黒さにカモシカか疑う必要は全く無く、お顔も正にクーさんで、戦ってやろうかとは思いもせず、熊スプレーを手に後退。さいわい慕ってはくれなかったようで、馬まで戻ることができました。
 いや、本物の黒さでした。
 池田城、なかなかよさそうなのですが、一人では危ないですねぇ。
 越中・越後の境の要害(宮崎城、横尾城、元屋敷城)、今年中に行きたいのですが、そこもクーさんがお住まいのようで、雪降ってからにしようか。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事