えいきの修学旅行

竹さんの『戦国の城の一生』、予約していたAmazonの他からも届く。二冊も手に入るぜ。

新潟県 中越

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

河田家文書展その2(北陸方面) http://blogs.yahoo.co.jp/mei8812462/12814017.html
河田家文書展その1(関東方面)http://blogs.yahoo.co.jp/mei8812462/12795476.html
神社の城?青海神社と加茂山城塞群http://blogs.yahoo.co.jp/mei8812462/12059490.html
関東遠征の道 5日目 樺野沢城ー荒戸城http://blogs.yahoo.co.jp/mei8812462/11055221.html
関東遠征の道 4日目 琵琶懸城ー樺野沢城http://blogs.yahoo.co.jp/mei8812462/9462769.html
関東遠征の道 3日目 犬伏城ー琵琶懸城 http://blogs.yahoo.co.jp/mei8812462/8225231.html
関東遠征の道2日目直峰城ー犬伏城http://blogs.yahoo.co.jp/mei8812462/8094896.html

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

栖吉城

イメージ 1
古志長尾の本拠、栖吉城
 古志長尾に関してはhttp://blogs.yahoo.co.jp/mei8812462/9657604.htmlをご覧ください。 イメージ 20 
 城山の大将の館跡、善照寺から栖吉神社方向。館地の上方に栖吉神社が鎮座します。
 登り道は、普済寺からのルートと栖吉神社からのルートがありますが、栖吉神社側から登りました。
 
 
 
 
イメージ 28
 台地状の郭を切り立てた道があるので、私はこちらが大手道であったと思います。
イメージ 10登城路。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 30 谷は高い切崖を切りたてて侵入を拒んでいます。
 
 
 
イメージ 29
主郭にあった縄張り図に書き込みました。黄線のルートで辿りました。
 西部が古志長尾によって築かれた栖吉城域で、二重大堀切より奥の南東部が長尾氏以前の志賀氏による城域で、長尾氏時代は詰の城として利用されたようです。また、南側をまわって南東部から古志長尾の三大拠点であった栃尾へ、古道が繋がっています。
イメージ 31 
縄張り図の首切り清水の上方、すり鉢状の底部で城壁にぶち当たり右に折れます。左には竪堀が第三郭方面へ続きます。私はこのあたりに大手門があったのではないかと思います。みぎに折れた先にどういう所以かわかりませんが、本庄清七郎の墓があります。
 
 
 
イメージ 323基の畝形阻塞が出向かえます。写真には2基が写ります。イメージ 33
 三郭したを進む。頭上攻撃を受ける道。
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2左へ折れて第3郭へ入る。
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3第三郭
 
 
 
 
 
 
イメージ 4第三郭から第二郭へ向かう土橋。
 
 
 
 
 
イメージ 5土橋北西の空堀。
 
 
 
 
 
 
イメージ 6土橋南東の空堀
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7土橋は第二郭枡形に迎え入れられる。
 
 
 
 
 
イメージ 8第Ⅱ郭。中央奥にスロープ状に土橋が主郭へ入る。
 
 
 
 
イメージ 9第二郭 北隅。
 
 
 
 
イメージ 11第二郭北隅から主郭を見る。
 
 
 
 
イメージ 13主郭へのスロープ土橋。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 12主郭虎口。石が門の礎石に見える。
 
 
 
イメージ 14栖吉城主郭。
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 15主郭東の空掘。
 
 
イメージ 16
主郭の東奥、二重大堀切の向こうは古城地区とされ、古志長尾以前の志賀氏時代の城が詰ノ城として利用されていたよです。
←は、二重の大堀切の手前にある郭。
 
 
 
 
 ここから先は、凄みのある堀切が連続し、醍醐味いっぱいですが、整備されていないため、藪を踏み込み、堀切に転がり落ちるようにいかなければなりません。枝が首や目に刺さるかもしれません。覚悟して突入してください。
イメージ 17
 
二重大堀切 1重目
 
 
イメージ 18二重大堀切の間には橋を繋ぐ溝があります。堀?と悩みましたが諸氏のHPで橋を繋い脚を建てた場所と解説されており、納得しました。
 
 
イメージ 19二重大堀切 2重目。
 
 
イメージ 21詰ノ城。
藪。
 
 
イメージ 22土塁がありました。
 
 
 
イメージ 23
堀底かもしれませんが、栃尾への古道かも。
 
イメージ 24北東斜面に、畝形阻塞のようなものが。
 
イメージ 25
南東端の二重堀切で城域は終わりです。
イメージ 26南東端堀切二重目。
 
 
イメージ 27
南東端堀切の先に栃尾への古道が続いていたようなのですが、確認できませんでした。
詰ノ城を南に降りたところを通っている栃尾への古道です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
地形はそれほど険しくはないのですが、堀切に凄みを感じます。古志郡司として他に抜きん出た古志長尾の風格と、それを裏付けて支える武断の凄みを感じる大城郭です。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

古志長尾

 廣瀬郷における御館の乱http://blogs.yahoo.co.jp/mei8812462/9166760.htmlで、景勝の上田長尾と敵対する勢力として取り上げました古志長尾についてまとめました。
 
  古志長尾の拠点、蔵王堂城、栖吉城、栃尾城の写真です。 
イメージ 1
                   蔵王堂城主郭
イメージ 9
                栖吉城遠景と城下栖吉集落
イメージ 11
              古志長尾の武装鎮台 栃尾城遠景
古志長尾は越後長尾氏次第によると、長尾弾正左衛門尉景恒を越後初代守護代とした次男豊前守景春の家系で、蔵王堂城、栖吉城、栃尾城を三大拠点とし、古志郡に勢力を張った家門です。(長男新左衛門尉は若くして戦死、三男筑前守高景が守護代職と三条長尾氏=府内長尾氏を継ぐ。)   
豊前守景春が古志郡に入部した当初は、蔵王堂城を根拠地とし、古志郡司として守護上杉家の権威を背景に勢力を伸ばしました。その後、所領の大きくまとまっていた栖吉に本拠を移し、戦国期は栖吉城を拠点に永正七年(1510)には守護代為景方として行動し、上田長尾とは対立します。永正の乱では上田長尾に栃尾城を奪われ、蔵王堂から逃げたこともあるなど、上田長尾とは深刻な敵対状態です。
イメージ 13位置関係
 
イメージ 12
信濃川の自然堤防沿いに築かれた蔵王堂城遠景。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 14
栖吉城下居館跡に建つ現善照寺。
 
城山の大将の館だったと伝わる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 15
正門。
 
武門の雰囲気がある。 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2境内。
 
ここに古志長尾当主が住み、謙信の母が生まれたのか。
 
 
 
 
 
 
 
  イメージ 17
南側には土塁が残る。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
天文12年(1543)為景の子景虎(後の謙信 以下御館の乱時の上杉景虎と混同しないよう謙信とします)を栃尾城に迎え、古志長尾氏は実質的に謙信が継ぎます。栃尾城は在地勢力を圧倒した古志長尾の栃尾方面の鎮台として、大野地区の根小屋武装集落と共に存在。  
南西から見た栃尾城と武装集落であった根小屋(現大野)地区
イメージ 3
 
本庄氏率いる栃尾衆は後の天正三年軍役帳では鑓150丁手明30人鉄砲15丁大小旗15馬上30騎の計240人の大軍勢を擁します。
 
 
 
 
イメージ 4栃尾城下 根小屋地区である現大野集落の居館跡推定台地。
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5居館跡推定地北面
 
若き長尾景虎(後の上杉謙信)が迎えられた地か。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6栃尾市史によると、居館を取り巻くように武士の屋敷があり、その外に外郭があったようです。
たんなる後世の土留めにも見えますが、私は外郭の名残ではないかと思いました。
 
 
 
 
 
 
 
 
上杉景信は、謙信が守護代就任後は謙信政権中枢の重臣として春日山に出仕し、謙信を支えます。天正三年軍役帳では鑓54手明10鉄砲4大小旗5馬上8騎の計81人の軍勢を擁します。長尾政景(上田長尾)が謙信に降伏して後は、上田長尾とは謙信死後の御館の乱勃発まで戦闘を交えることはなくなりました。
 
永禄二年に河田長親が近江から謙信に召された後は、栖吉長尾氏の名跡と栖吉衆は河田長親に与えられました。古志長尾の長尾景信(こしの十郎)は上杉一門として上杉性を与えられ、上杉十郎景信として古志衆を率います。古志長尾は栖吉衆(河田長親)と古志衆(上杉景信)に分裂したようです。(謙信を迎えた時点で別派していたのかもしれません。)
河田長親に率いられた栖吉衆は永禄十一年(1568)、越中に出兵し松倉城に在城します。以後、主に越中能登方面軍の中核として重きをなします。
 
御館の乱では、過去の上田長尾との対立からか上田長尾出身の景勝と敵対し、景虎を支持。十郎景信は景虎方の巨頭となるが、天正六年(1578)六月十一日居多ヶ浜の戦いで討死してしまいます。栖吉、栃尾に残った古志衆、栃尾衆は廣瀬郷の御館の乱で紹介したように景勝に抗戦を続けますが、天正八年(1578)景勝に攻められ栖吉、栃尾両城とも落城しました。落城時の栖吉城将長島右衛門、栃尾城将の本庄秀綱は降伏を申し出ますが、景勝は赦さず、長島は討取られ本庄は会津へ逃亡し上杉景信の古志長尾は滅亡します。
 御館の乱では、河田長親に率いられ越中に居た栖吉衆は、上杉景信とは別行動をとり景勝に味方します。こちらの栖吉衆は命脈を保ちます。ですが河田長親は天正八年越中松倉城において病死します。河田家は岩鶴丸(嫡子)―親詮が継ぎますが、栖吉長尾の名跡は失います。以後、栖吉衆は上田長尾の景勝直臣により率いられます。
 
 イメージ 7慶長三年(1598)景勝の会津移封により、栖吉から城山の大将と武士はいなくなり、現在にいたります。
 
現在の栖吉集落に古志長尾城下町時代の地名が伝承します。 
 
城道
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
 一の木戸付近
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10
 
 
大門付近
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 16
栖吉城下から見た見附三条方面。中央にかすむ山は弥彦山。  
 
栃尾城その2巣城http://blogs.yahoo.co.jp/mei8812462/10446121.htmlに城の様子をまとめてあります。ご覧ください。
 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

琵琶懸城

 謙信関東遠征3日目の宿営地(十日町市城之古)
 犬伏城と樺野沢城の間の信濃川を渡河する地点の河岸段丘上に築かれています。
 関東遠征の道としては3日目http://blogs.yahoo.co.jp/mei8812462/8225231.htmlをご覧ください。
 大家健著 図説中世の越後を参考にしています。
 イメージ 1
北西段丘下、旧信濃川流路から見る琵琶懸城
北側の大手は信濃川を渡河してくる軍船を迎え入れる
イメージ 12
この切れ込みに船が着いたのか
イメージ 16
北大手北西隅の高台
 信濃川対岸との連絡や行き来する船を指揮する場所か。遠く犬伏城が望める。
イメージ 17
琵琶懸城略図
北口は信濃川を渡河する軍勢を迎え入れ、南東口は六箇越え関東方面樺野沢城を向く。
イメージ 18
北大手を守る水掘
守るというより謙信の威厳を示すように感じました。
イメージ 19
北大手付近
城内三の丸には観音堂が建っている。
イメージ 20
城内に入り、三の丸、二の丸を見る
正面奥の土塁の向こうが本丸。
イメージ 2
二の丸、三の丸を分ける堀跡
この堀のライン東(写真手前方向)に城外へ出る虎口がある。
イメージ 3
土塁に囲まれた枡形に堀中の土橋を迎え入れる
イメージ 4
二の丸土塁突出部から見る
ここから囲い込まれた枡形内の敵を討つのか。
イメージ 5
城外から見る
小さいが凝っている。
イメージ 6
二の丸東面の土塁
イメージ 7
本丸を北東から見る
堀を掻き上げた土塁が囲む
イメージ 8
本丸北面の堀
イメージ 9
南東隅にある本丸への虎口
イメージ 10
本丸郭内
謙信居館跡。
イメージ 11
本丸から見る信濃川。当時はすぐ崖下を流れていたと思われます。
 
イメージ 13
本丸の東はもう一郭、堀で区切られた二の丸とは別の構造ともとれる
イメージ 14
南東口
奥は本丸
 同じ写真を使わないようにしたので、馬上謙信が進んだ雰囲気は、関東遠征の道4日目http://blogs.yahoo.co.jp/mei8812462/9462769.htmlも是非ご覧ください。
イメージ 15
南東口の堀
 
 案内板など一切ありませんが、素晴らしい遺構が残っています。ぜひ訪れてみてください。
 二の丸は畑になっていて、お持ちの方を羨ましく思ってしまいました。
 
 
 
 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

4日目は、琵琶懸城を出て六箇越えから栃窪峠を越え、樺野沢城までの19kmです。
イメージ 19
イメージ 1
琵琶懸城本丸(謙信3日目宿泊地)を出る
イメージ 5
琵琶懸城南東口を出る
謙信が関東へ向かって馬上進んだ道
イメージ 14
南東口を振り返る
イメージ 15
六箇越え方向
イメージ 20
六箇越え街道を扼する秋葉山城
イメージ 16
信濃川支流沿いに進む
イメージ 17
栃窪峠を見上げる
イメージ 18
栃窪峠
突然視界が開け、上田の庄(魚沼)が眼前眼下に広がります。
イメージ 2イメージ 3イメージ 4
左に坂戸城、正面に進めば清水越えから関東へ、右には三国越え向かう4日目の宿泊地樺野沢城
絶景です。
 琵琶懸側から登ってきてこの景色を見、坂戸城を横目に樺野沢へ降り関東へ向かう謙信は
関東も欲したであろうが、
この上田長尾の領土も間違いなく欲したはずと、私は確信的に感じました。ぜひに琵琶懸側からの六箇越えで栃窪峠に立ち、この謙信も見た景色を見てください。
 峠すぐ下、かなり標高の高い地に栃窪集落があります。スキー場はその下にあるくあいの高さ。謙信によって栃窪峠の維持管理にため設けられたのであろうか(確証なし)。←後日、栃窪集落の方にお話を伺ったところ、そういった伝承はないということでした。群馬の後閑地方から十人衆とよばれる方々が移住されたそうです。
イメージ 22
栃窪峠古道
イメージ 21
栃窪集落から栃窪峠への古道登り口
イメージ 23
栃窪峠から降りていく途中にある、上杉軍が街道の目印に植えたとされる杉の跡地に立つ杉
イメージ 24
現地説明版
イメージ 6
峠を降りると、樺野沢城下の宿場町 元屋敷付近
 樺野沢城下は、軍馬だけではなく、普段から人馬往来の盛んな宿場町であったであろう雰囲気が感じられます。
 
イメージ 7
中屋敷跡
イメージ 8
現地中屋敷説明板
イメージ 9
城下から見た御館と樺野沢城
謙信の宿泊地という意味で御館なのか、上田長尾の御館なのかはわかりません。
御館への登城路が見えるような。
イメージ 10
御館跡 謙信4日目宿泊地
イメージ 11
龍澤寺
 樺野沢城登城口前に在り、上田長尾長尾政景に嫁いだ謙信の姉で景勝の母、仙桃院により文殊菩薩が奉安されています。
イメージ 12
龍澤寺門前から見た樺野沢城方向
イメージ 13
南東から見た樺野沢城遠景

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事