えいきの修学旅行

おおるりで面会。その後、諏訪原、富田、滝境城。藪と茶畑農道に窮す。VOLVO側面傷だらけ…涙。茶毒蛾ではなく、茶畑にやられた。

平成24年作成

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全14ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1その2では、大手とされる弁天虎口から色部氏居館へと辿ります。滝矢川と弁天池という要害地形に守られた弁天虎口、大手とする説ありますが、そもそも虎口?と疑問視する意見もあります。
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2三の丸の北側から遊歩道に沿って入ります。
 
この口は右手三の丸、左手は遺構は消失していますが丸山・家老屋敷と伝わる屋敷が挟むように守ります。
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 22
右手はその1で扱いましたが三の丸北門
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 25左手は 丸山と家老屋敷跡
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 26平林城の標柱があり、遊歩道が三の丸に続きます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 27遊歩道は三の丸に続きます
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 28下ると虎口の標柱
滝矢川沿いに弁天虎口へのルートがあったのでしょうか。
 
 
 
写真を大きくしながら、降りてみます。
 
 
 
 
 
 
イメージ 29現滝矢川
こんな堅固などこを通ったのだろうか。
流路が後年変わり、この現川筋が大手道か。
左手に、窄む虎口から馬だし郭が守りを固めています。
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
馬だしの窄んだ虎口
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4弁天虎口を守る馬だし
左は弁天池
 
この馬出しの滝矢川を挟んだ対岸に弁天虎口とされる場所がある
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5弁天虎口
 
たしかに大手門に相応しい威容と規模の虎口
だが、でかすぎない?どう入るの?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6弁天虎口正面
 
馬だしから
づかのスターが降りてきそう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7馬だしの奥も窄んでいます
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8このように
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
では、城内から弁天虎口を見てみます。
 
 
イメージ 9城内側から弁天虎口
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10スロープをあがってくる
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11弁天虎口うえから、さきほどの馬だしの窄み通路部をみる
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 12弁天虎口からのスロープをあがると色部居館殿屋敷南西隅にでる
 
左が殿屋敷南西隅で堀は湿地になっている
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 13右手、その1で辿った大土塁が見える。三の丸、二の丸からの通路も殿屋敷前にあつまる
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 14殿屋敷正面虎口
木橋が掛かり、郭内には門が立っていた
 
門の礎石一個が無く、会津転封の際、破却されたのであろうか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 15木橋右、殿堀
 
二の丸と仕切る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 16殿屋敷内
 
 
ここで色部年中行事に記された色部家督と一門、家臣、領内の寺社、領民との儀式が行われたのか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 17二の丸に面した殿堀側の土塁
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 18殿屋敷奥の西面
加護山要害側にも土塁がある。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 19北面は滝矢川が守り急崖のため、土塁はない。
北東隅北面土塁端に通路があり、道が加護山要害馬洗い池に繋がる。
色部当主一族が脱出用に使った道か。
 
要害への大手道は二の丸西から通る。
 
 
イメージ 20殿屋敷西面土塁
 
要害側にも堀がある
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 21南西隅コーナー
 
土塁上の一部が削がれている
破壊か遺構かわからない。
 
 
 
 
 
 
 
最後に、殿屋敷の南、二の丸へ
 
 
 
イメージ 23二の丸の殿屋敷側は中曲輪と標柱があるやや段差ががあり、右が二の丸
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 24
二の丸
二の丸は水澤幸一氏は色部一門や有力家臣の居住区とし推定しています。
 
奥に加護山要害への道が繋がる。
加護山要害はその3で。
 
 
 
 
 
 
 
他の揚北国人の居館には、的場があります。
色部にも、と思って探しましたがわかりませんでした。また、色部年中行事で、流鏑馬をおこなっている記述があるので、どこでおこなったのか考えながら探りましたがわかりませんでした。それが心残りというか、私の修学課題に残ります。
 
参考文献 村上市史 神林村史 大家健著 図説中世の越後 
       水澤幸一講演 越後戦国期城郭の中の春日山城

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

高原諏訪城その2

 その2では遊歩道に沿って竪堀Eを越え、東の尾根の「堀切Gと平坦面・二本の竪堀のセット」から、主郭
イメージ 25
下を囲う二郭、堀切Hで断ち切られた南の尾根へと辿ります。南の尾根も「堀切Fと平坦面・二本の竪堀のセット」があります。
 
⑤の郭は、ルート設定により守る普請がみられ、天正年間の改修を思わせます。
 
 
 
 
イメージ 27
遊歩道に沿って竪堀Eを越え、北東の尾根へと向かいます。その1では、ここを右上斜面に取り付き二郭から主郭へと登りました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 28北東の尾根、堀切Gの上部に土塁を伴う削平地が二段あります。
 
 
 
 
 
 
 
 
上の段の上から左右に竪堀が降り落ちます。
 
 
イメージ 1イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 29
 
下段
両脇に土塁
舌先端下に堀切G
舌突端、堀切G面には土塁がない
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3イメージ 4下段の土塁
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5堀切G
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6二郭方向へ上がっていきます
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7二郭の北東に伸びた尾根舌部分から、二郭、主郭方向をみる
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8二郭から主郭
 
二郭は主郭西の虎口下部以外は、主郭下を囲っている。
右へ行くと、その1で辿った外桝形様の虎口を経て主郭へ入る道がある
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
上の写真の道から主郭へ入る虎口
 
 
 
 
主郭はその1で到達したので紹介しません
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10
二郭東からも主郭へ上がる道がある
 
 
 
 
 
写真奥、二郭南突端から⑤方面へ降りる道がある
 
 
 
 
 
イメージ 11二郭南突端から⑤方面へ降りる道
 
といっても遊歩道は二郭までで、この先遊歩道はありません。私は一回目の訪城時は見落としました。
 ですが、この方面が宿敵三木氏側になり、大堀切Hと天正年間の改修を思わせるルートとして設定された普請を見ることができます。
 
ぜひ突入してください。
 
 
イメージ 12南の尾根を遮断する大堀切H
見事な大堀切
だが、この向こうの天正年間の普請を思わせるルート設定や⑤郭と、この大堀切Gにより、主郭・二郭の高原城主要部は分断されてしまう。
 
 
 
 
 
 
イメージ 13堀底
 
現在も降りることも登ることもかなり困難でした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 14じ登り、⑤郭の北端
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 15写真右側(西)に石積遺構がみえる
 
写真左が⑤郭南部
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 16
南から寄せる敵を堰き止める障壁であろうか
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 17⑤郭南部
右に虎口があり、道は⑤郭切岸下を通るように設定されている。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 18⑤郭下を通るルート
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 19
この先で折れて、このルート下をさらに通るように設定されている
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 20折れてルート下を通るルート
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 21堀切Fの上部の土塁を伴う平坦面に至る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ここも二本の竪堀がある
 
 
イメージ 22イメージ 23
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 26
堀切Fの上部の土塁を伴う平坦面
ここも土塁のない面の下に堀切Fがある
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 24
堀切F
 
 
堀切Fと上部の平坦面、二本の竪堀がセットになっている。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
江馬氏時代のままに眠っている感じの、なかなかいいお城です。ぜひ訪れてみてください。
 
参考文献 江馬氏居館跡配置資料

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

イメージ 18居館背後の山に築かれている、江馬氏本城
 
築城年代はわからないが、天正の滅亡まで江馬氏本城として利用されたであろう。八日町合戦の翌日、天正10年8月28日に三木方の小島時光により「廿八日卯刻ニ高原へ時光打入、諏訪城無相違則之、…」と乗っ取られた。その後、江馬時政をいただく江馬勢に回復されたようではある。
 
 
 
↓(江馬氏居館跡公園配布資料に加筆  (略測図 佐伯とある) 
イメージ 17山上を主郭とし、派生する尾根を鋭い堀切で遮断、そのさらに上に小郭と二本の竪堀で守りを固めている。〇で囲った普請。
 
ただし、鋭い堀切C、Hで、郭と郭の連携も遮断されている。
 
その1では林道から主郭へ辿ります
 
 
イメージ 19林道が北西の三重堀切部を通っています。
 
上方(写真左方向)40mほど路側帯があり、短時間なら駐車できます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 20
城跡への遊歩道入口
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 21いきなり凄い二重堀切(外側一重は林道)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 22外側一重と二重目の堀切間は高地は削平されており、見張りや迎撃のための櫓台様の構造かもしれない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 24
この三重堀切に、殿集落側から上がってくる道らしきものが繋がっている。居館地区からの城道は山腹を縫ってここにとりついていたのであろうか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 23
三重堀切の内側の尾根(北西尾根)に上がります。
切り口は虎口のような、遊歩道整備のためのものか。
尾根上のこちら側面に土塁があり、三重堀切に上がってきた道が繋がる虎口のような気がする。
 
 
 
 
 
イメージ 1北西尾根上の郭
左側に土塁
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2北西尾根上の郭からみり三重堀切
 
居館地区からの道がこの堀切部に左から入り、北西尾根郭の土塁下を通らせていたかもしれない。
 
 
 
 
 
城内方向へ
 
 
イメージ 3
 
尾根をくだり、堀切Cへ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
堀切Cこしに高原城主要部
堀切Cと二本の竪堀E、D(写真見えない)セットの普請
 
遊歩道は竪堀Eを乗り越え北東の堀切Gと二本の竪堀のセット方面につながるが、城道はこの斜面を削平地伝いに二郭へあがったのではないだろうか。
 
 
 
 
イメージ 5
堀切Cは殿集落付近まで竪堀となり落ちている
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6遊歩道は竪堀Eを乗り越え通るが、往時は無理であろう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
この斜面を登ったのか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8削平地伝いに、なんとなく道もみえる
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
竪堀D,Eうえの平坦面
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10
堀切Cと二本の竪堀D、Eのセット
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11書き込みなし
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 12二郭へあがると、主郭へあがる道がみえる
 
二郭は主郭下を囲っていて、派生する尾根方向に舌様の削平地、堀切を配している。それぞれの尾根方向(三方向)から主郭へあがる道と虎口がある。
他の二口はその2で。
 
 
 
 
 
 
イメージ 13外桝形様の折れを経て主郭へ
 
すみません、ボケてます。
 
この道筋が大手であろう。
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 14高原諏訪城主郭
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 15主郭からの眺望
 
右よりに江馬氏居館がみえる
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 16江馬氏居館
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その2で二郭、北西尾根、南尾根の普請を辿ります。
参考文献 江馬氏居館跡公園配布史料

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

戦国期北飛騨江馬氏3

 謙信が没すると、越中は織田勢が次第に上杉勢を越後境に向かって圧迫、上杉の影響力は低下する。天正8年には佐々成政が入る。なお越前大野には金森長近がはいっている。
 輝盛は謙信死後、甲府に出仕する弟信盛の縁でか、武田に寄る。一方、南飛騨の三木氏は織田一辺倒となり、佐々と連携をとる。
 
 天正10年、織田が甲信へ武田征伐のため討ち入るという情報が入ると、輝盛は武田寄りでは危険と判断し、矢部善七郎をとおして織田へ従軍を申し出ている。 しかしその織田も6月には本能寺の変で信長が死に、飛騨への干渉が一時失せる。 ↓諏訪高原城とありますが、正しくは高原諏訪城です
イメージ 1
 天正10年10月、江馬輝盛は飛騨制覇をめざし3千の軍勢を率い大坂峠を南下、江馬領前線の梨打城に入り、南飛騨三木氏と荒城川を挟んで対峙、八日町合戦となる。はじめ江馬勢の勢い盛んで江馬優勢であったようだが、総大将輝盛が三木勢の鉄砲に撃たれ深出を負い、牛丸又太郎に首を打たれてしまう。3千の軍勢がありながら総大将が鉄砲で撃たれるというのは、「血気勇者」輝盛が突出したためであろうか。輝盛討死を知った近臣13名は死を以て輝盛を追った。江馬勢は総崩れとなり本拠諏訪高原城まで追撃され高原城も落城する。
 
イメージ 2
大坂峠から三木領との境、荒城川方面を見る
八日町合戦が行われた
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
安国寺より、八日町合戦地をみる
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9江馬輝盛の墓
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10大坂峠麓にある十三墓
 
大将輝盛の死を知った十三人の譜代近臣重臣が輝盛の後を追って死んだという。その十三人のお墓
 
猪突な武者というだけではなく、江馬の殿様輝盛は、魅力もあり、慕う家臣領民もおおかったのではないだろうか
辿るうち、そんな気がした。
 
 
 
 この時点では江馬氏は滅亡まで追い込まれなかったようで、高原城を回復し、輝盛の子と思われる時政が家督を継ぐ。
 
 飛騨周囲では、信長死後の織田権力内闘争が賤ヶ岳の戦いを勝ち抜いた秀吉ー三法師派と、家康ー信雄派へ大きく定まっていた。越前大野は秀吉方金森、加賀能登も秀吉方前田、越中は家康方佐々、越後は秀吉方上杉景勝、そして八日町合戦で飛騨の覇権を手に入れた三木氏は、越中佐々と組む。
 
 史料はないようだが、佐々と三木で南北から挟まれた江馬は、佐々によりが高原城からさらに飛騨奥深く安房峠際まで攻め込まれたようだ。
 後に前田家臣山崎家に仕えた越中城生城斎藤氏の旧臣野上甚五左衛門の高名書きに、その様子がリアルに書かれている。
「其後飛州の住人、江間と申仁、同国高原の城を持て有之を内蔵助方(佐々成政)より彼城へ取懸申所に江間右之居城を明、岩屋堂と申所へ引籠有之を責取、私一番鑓を合申、則突崩、此時之証拠内蔵助殿鉄砲大将に脇本善助と申仁、能存申候、…」
 文中岩屋堂は現岩井戸と推定され、岩井戸には江馬持分と伝わる天元城城跡があり、佐々による天元城攻め、落城の伝承がある。さらに奥の今見の今見右衛門家には落ち武者を匿ったところ佐々勢の落武者狩りに家を焼き払われた、また本郷の本覚寺には、天正13年8月、佐々勢により焼き討ちにあったという伝承が伝わる。
 
イメージ 6江馬氏本城 高原諏訪城
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7当時を彷彿させる堀切が残る
 
高原諏訪城は、次の記事で書こうと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 12天正十三年、佐々勢に焼き討ちにあったという伝承がある本覚寺
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 13本郷と本覚寺
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11岩屋堂(現岩井戸)と天元城
 
寄せ手は、岸壁を責あぐね、逃散した村民を探し出して山の後ろから上がる道を聞きだし、夜後ろから攀じ登り責め、尉中皆々責め落され岸壁を落ちて一人も残らず不残り亡びたり と伝わる
 
 
 
 
 
 
イメージ 3佐々勢の落ち武者狩りで家を焼き払われたという伝承がある今見と安房峠方面の山嶺
 
佐々勢は、飛騨ー信濃境、安房峠の近く奥飛騨まで攻め入ったようだ。
 
 
 
 
 
 
 
 
  時期としては、佐々が神通川沿いの飛騨越中口の斎藤氏城生城を落とし(天正11年8月)、越中と越後の境城を攻めた天正12年10月以降、秀吉に降伏する天正13年8月以前になる。八日町合戦と江馬勢は3千と伝わる。3千の軍勢を催すことができる江馬領は、東西に前田上杉という敵を持つ佐々にとっては、三木と連携するためにも、また鉱山資源豊かな手に入れておきたい地であったのだろう。家康との連絡も、あるいは飛騨経由かもしれない。
 
 江馬氏は高原を追われ、越前大野の金森のもとで旧領回復を計る。三木氏は佐々と連携したことにより、秀吉の敵となる。天正13年7月、秀吉の命を受けた金森長近は江馬左馬助(時政とおもわれる)等と共に越前大野から石徹白(いとしろ・ここで石徹白が登場するとは思ってもみなった)を経て飛騨に攻め込み、8月には三木氏を滅亡させ飛騨を平定する。江馬時政は旧領に復帰したようだが、条件に不満があったのであろう、10月に八日町合戦と同じ大坂峠に拠り金森に対し一揆を起こす。が、あえなく金森の精鋭に鎮圧され時政は自害。ここに江馬氏は滅亡する。
 
イメージ 4
八日町から梨打城、大坂峠をみる
 
ここで輝盛、時政と江馬の殿様二人が相次いで生害となった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5時政が切腹した際に坐ったと伝わる、江馬殿腹切石
 
輝盛墓とともに在る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
参考文献 大山町史 中世江馬氏の研究 史跡江馬氏館跡公園配布資料
       高岡徹 佐々成政の飛騨高原郷進攻について

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

戦国期北飛騨江馬氏2

 永禄7年第5回川中島合戦と連動した江馬家内部の相克は、上杉寄りの長子輝盛が武田寄りの時盛を制したが、以後上杉一辺倒となったわけではなかった。輝盛を中心とした派(中地山城)は上辺は上杉寄りに、時盛を中心とした派(高原城)は武田寄りに、境目の領主としては自勢力の生き残りと拡大を周囲の大勢力の動きのなかで秤にかけて、時に表裏を使い分け生き抜いていくのが当然の道であった。
 
 永禄11年、越中松倉城の椎名氏が上杉に背き武田につく。また永禄12年頃、江馬氏の越中での支城中地山城の神通川対岸池田城に、神保重臣寺嶋氏が反上杉として拠る。椎名氏、寺嶋氏と武田との連絡ルートは神通川上流の立山往来か、うれ往来を経て江馬氏本拠高原郷から安房峠をこえたルートであろう。椎名、寺嶋は没落するが、輝盛が把握する立山往来、うれ往来を塞ぎ、武田と遮断したのであれば、これが大きな一因だと思う。 元亀3年、一向一揆鎮定のため越中へ出陣した謙信のもとに「…昨晩江馬方被打着候…」(上越市史1123)と、江馬輝盛が参陣し、江馬家臣和仁備中守が太刀を献上している。が、輝盛は突如無断で陣を払い帰国してしまう。そもそも越中一向一揆は武田の意を受けた動きであり、輝盛帰国の背景には武田の意を受けた長延寺の調略があったようだ。そのような表裏を現していても、輝盛は重臣河上河内と、謙信に釈明と弁明をしている。境目の表裏は、謙信には許容行動なのだろう。輝盛は、表裏ゆえに入る美濃、上方方面の情報を謙信に伝えている。信玄の死、長篠の戦いの様子を伝えたのは江馬氏重臣河上中務丞である。中地山城http://blogs.yahoo.co.jp/mei8812462/14407014.htmlでも触れました
 一方、南飛騨の三木氏は、上杉に誼を通じつつ永禄10年稲葉山城を落とし美濃を手に入れた織田信長に接近していく。
 
 千光寺記に輝盛の評がある。 「器用骨柄勝人、誠雖武勇、不知仁義、血気勇者也、早為取家督討父時盛」
 時盛は、家督を嫡子輝盛ではなく、次男信盛に継がせようとする。信盛は永禄7年に武田に人質として差しだし信玄近習として仕えている。が、信盛は輝盛の性格を恐れ固辞したため、分家麻生野直盛の子浅之進慶盛に継がせようとする。麻生野直盛は永禄2年武田との和談の際、時盛の名代として甲斐に赴き、信玄より百貫文の知行を宛がう墨付を拝領している。麻生野氏は時盛と共に武田よりの家であった。
 これを察した輝盛は、刺客を送り父時盛を殺害、江馬氏家督を我がものとする。
 この事件、「江馬後艦録」にリアルに書かれている。天正元年、6年とする説がある。ちなみに天正元年は信玄没年、6年は謙信没年である。
 イメージ 1
 麻生野洞城
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2山麓に洞城の標柱がある
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 時盛殺害後、次いで時盛派の粛清があり、さきの麻生野慶盛も輝盛より討手を差し向けられ、妻小松と次男小次郎幼女紀伊を脱出させ自身は戦闘の上自害。小次郎は真言宗泰立寺に入り、成人後は大乗院養慶坊と称する。江馬も三木も滅んだ後、金森重頼に高山城下に招かれ飛州修験頭となる。
 
 
 麻生野の入口、台地の端の要害地形に、麻生野氏開基と伝わる臨済宗両全寺があります。
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3両全寺
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
イメージ 4背後には土塁
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
沢に落ちる断崖
 
あくまで私の直感ですが、ここが麻生野氏の居館跡ではないだろうか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
記事が重くなってしまったので、ここで分けます。
 
参考文献 大山町史 中世江馬氏の研究 史跡江馬氏館跡公園配布資料

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全14ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事