えいきの修学旅行

竹さんの『戦国の城の一生』、予約していたAmazonの他からも届く。二冊も手に入るぜ。

平成25年作成

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全26ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

池田城2

イメージ 1その2ではⅤ郭切岸下、堀ロ際からⅤ郭にあがり、切岸上の郭を辿ります。郭はよく削平されていますが、機能的に連携する虎口がみられません。佐伯氏は、城主の統率力の弱さを現しているとしています。
 
 
 
 
 
 
その2で取りつく道は、厳しく、往時はなかったかもしれませんが、Ⅳ郭切岸下櫓台城戸で塞がれ、立ち往生する寄せ手に、背後から襲撃する部隊を出撃させる運用があったかもしれません。寄せ手は討たれるか、櫓台城戸前の竪堀を滑り落ちていくことになります。
 
イメージ 2堀ロの際からⅤ郭切岸を登ります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
厳しいルート
 
左は崖ですから落ちないように。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4Ⅴ郭端へ取り付く
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5Ⅴ郭
 
奥にⅣ郭、Ⅲ郭
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
郭と郭に虎口はなく、切岸で区画されている。
 
左、竪堀ハは、なかなか鋭い。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7竪堀ハ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8Ⅳ郭
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9Ⅳ郭からⅢ郭切岸を見上げる
 
佐伯氏の記述どおり、切岸が厳しく、敵兵の進行も遮断できるが、連絡も遮断されてしまうので各曲輪は合戦時孤立してしまう可能性がある。
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10Ⅳ郭からⅤ郭を見下ろす
 
切岸、竪堀と厳しく、要害堅固であるが、(『縄張全体で敵兵の攻撃を防御する縄張にはなっていない。』)佐伯哲也『越中中世城郭図面集Ⅰ』
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11
切岸隅を登りⅢ郭へ
 
機能的に接続していない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 12Ⅲ郭
 
奥にⅡ郭
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 13
Ⅱ郭際に右からその1で辿ったルートが入る。
 
Ⅱ郭へは左にスロープ状に接続したようである。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 14Ⅱ郭際に、その1ルートが入る。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 15直上から
 
ここに枡形掘って、折れていれば、と思ってしまう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 16あがってきた敵は(味方も)、Ⅱ郭切岸下際を通り
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 17スロープ状にⅡ郭へあがったようだ。
左下段の郭の端は、これまた鋭い竪堀(自然地形利用)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 18スロープ下下段郭南東端竪堀
 
凄っ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 19Ⅱ郭へ
 
ここも虎口の造作はない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 20Ⅱ郭
 
奥、一段高くなり(佐伯氏B)、主郭
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 21
一段高い区域(佐伯氏B)から主郭へ
 
主郭も虎口の造作はなかったようだ。
 
江馬も、三木も、虎口は発達しなかったようで、上杉、織豊よりも一次元低い(旧い)普請能力であったのだろう。
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 22池田城主郭
 
説明板の奥に櫓台様の高まりがある。高まりの左右にも郭は広がっている。楼が揚がっていたとしても、防御・見張り用途ではなく城主がなにか下知をしたりする櫓であろうか。
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 24主郭東下、郭がある。
ちょうど先のスロープ下下段郭南東端竪堀の対岸にあたる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 23
主郭南西部
 
この端から尾根伝いに搦手となっていたようでるが、堀ニ、ホと二重に遮断している。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 25主郭南西端下 二重堀切
 
写真だとよくわかりませんが、けっこう凄い。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 26途中まで降りて
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
永禄末期に椎名ー武田と繋がり上杉に抗戦した、越中在地領主寺嶋氏の城、池田城でした。
(河上富信が城主とする伝承もあり、寺嶋氏没落後、中地山城の河上富信が在城した可能性もある
 
参考文献 佐伯哲也『越中中世城郭図面集Ⅰ』
 
次は上杉の元亀・天正の利用が史料でも裏付けられ、近代的(天正期)な上杉の普請が見られる樫ノ木城を紹介します。
  

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

城歴は、「池田城と樫ノ木城」http://blogs.yahoo.co.jp/mei8812462/15957997.htmlからご覧下さい。
イメージ 1登り口
西から県道168の川を渡る橋の手前で林道を右にはいる。数分で、左手に←順路看板と説明板が設置されている。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2ここを入ります
私は、ここまで来て積雪で2度断念。雪の降る前にもう一度来て、クーさんに遭遇して退却、今回が4度目の攻城です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3溜池に突き当たります。
池田城へは池にあたり、左の尾根へよじ登ります。右に行くのは困難かつ危険です。(私、突入しました)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4尾根によじ登る時はなかなか困難ですが、よじ登ると、あとは尾根伝いに比較的楽に歩けます。
 
しかし、クーさんがお住まいなんです。
 
秋の訪城時は、この辺からなにやらガサゴソ音がしてました。「誰か山菜とりですかぁー」と声を掛けながら、鈴を鳴らしながら行きました。
 
 
 
 
イメージ 5この尾根鞍部を越えると城域で、大手登路堀底道になります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6鞍部から見上げた先に、大手堀底道
 
なのですが、三度目の訪城時、右の木の上から黒い、それは黒い、もろに黒い塊が降りて(落ちて)きました。
そのあまりの見事な黒さは、疑う余地の全くないクーさんでした。池脇から寄り沿っていていただいていたのでしょう。
 
ほんの15mくらいの距離で木から降りてこられたので、戦ってやろうか、とは思いませんでしたが、私には向かって来ず、山の上の堀底道に向かって走っていかれました。
ので、その時は退却し、熊スプレーを購入装備し今回の訪城となっています。
 
イメージ 7尾根上、堀底道
 
いよいよ城域です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8堀底道の先は、土橋
 
土橋の先、左手には櫓台上の高まりがあり、一人づづ進む敵を狙っている。
 
なかなか堅固
 
両側は自然地形を竪堀状に削いで、土橋としている。
 
 
 
 
 
           土橋左側堀イ                    土橋右側
イメージ 9イメージ 10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11土橋の先、左手に櫓台状に高く、土橋を進む寄せ手は弓鉄砲で狙撃される。
 
ここの突破は、なかなか厳しいであろう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 13櫓台の横を抜け、尾根上を進む
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 12尾根上堀底道伝いに進むとⅤ郭切岸下にぶち当たる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 15では縄張図
越後上杉、織豊佐々・前田の改修は見られない。永禄末まで使用され、謙信に抗戦した、越中在地領主の城である。戦国初期の堀切、削平郭といったレベルではなく、櫓台を備えたルートが設定された、なかなか鋭い防御機構をもつ城である。虎口が見られないことと、郭と郭の連携が、上杉・織豊のレベルにまで至っていない。
 
イメージ 14尾根上堀底道から、Ⅴ郭切岸下へ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 16
Ⅴ郭切岸下
左に堀ロ
 
Ⅴ郭切岸下にぶち当たり、ルートは右に切岸下を通るように設定されている。その先、櫓台、城戸が想定できる。
 
現在、見学路(というには険しいが)が左に切岸よじ登るように誘導されている。
 
 
 
 
 
イメージ 17堀ロ
 
ロを掠め、Ⅴ郭へ登る道がある
 
郭上はその2で。
 
 
 
ではルートを進みます。
 
 
 
 
 
イメージ 18Ⅴ郭・Ⅳ郭切岸した、頭上から迎撃を受け通る設定
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 19ルート下(西)にはⅥ郭(佐伯氏はF郭としている郭)
 
千畳敷と称される。
籠城時居住スペースのようだ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 20ルート先に櫓台
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 21
櫓台に守られた城戸があったであろう
 
 
櫓台手前、右に滑り落ちるような竪堀が走っている。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 22櫓台手前、滑り落ちるような竪堀
 
 櫓台城戸で塞がれ、立ち往生する寄せ手は、ここから滑り落ちるのだろうか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 23城戸の先
 
 
佐伯氏は、櫓台、F郭(Ⅵ郭)の孤立の可能性を指摘している。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 24道はⅢ・Ⅳ郭下を抜け、Ⅱ郭下に向かう
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 25
Ⅱ郭下で左に折れ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 26Ⅲ郭へ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 27この通路、正面Ⅲ郭から撃たれ、右上Ⅱ郭から横矢が掛かる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 29Ⅲ郭
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 28Ⅲ郭から通路を見る
 
上杉が後に利用したのであれば、枡形でも掘って虎口を造成したであろう。
 
池田城、このように、虎口はみられないが、考えられたルートが設定され、堅固な要害となっている。
 
 
その2で郭を辿ります。
 
 
 
 
参考文献 佐伯哲也『越中中世城郭図面集Ⅰ』

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

池田城と樫ノ木城

 越後上杉の近代的(天正以降)普請が考えられる城として、北信の鞍骨城、桝形城 → 福島の向羽黒山城 → 頸城郡内の茶臼山城、鳥坂城、赤坂城と紹介してきました。ここで矛先を転じて越中の池田城と樫ノ木城という2城を紹介します。両城は富山平野南南西部の直線約7kmの距離にあります。
池田城は、永禄末期に椎名ー武田と繋がり上杉に抗戦した、寺嶋氏という越中在地領主の城です。
樫ノ木城は元亀から天正にかけて上杉氏が利用した、典型的な上杉の普請が見られる城です。池田城、樫ノ木城は史料にも登場します。 
                      ↓Googleマップに記入引用
イメージ 1
 
 では、池田、樫ノ木の両城が登場する史料と年代背景を紹介します。
池田城は上杉方神保氏の重臣であった寺嶋氏が、永禄11年(1569)頃転身、上杉に敵対し籠城した城です。背景には神保父子の内紛があり、、武田に与した松倉城椎名氏の誘いに応じたようです。池田城は椎名氏松倉城と、芦峅寺、その先立山往来を通じて信濃・飛騨へ繋がり、武田との連絡が可能になる位置にあります。(江馬氏は家内で表裏複雑・武田方である時は、江馬経由でも池田城ー松倉城と繋がる)
   下の文書は、越後上杉の侵攻に対し、寺嶋氏は池田城に拠り、芦峅寺の百姓の合力を得て抵抗したことを示しています。
 
 永禄12年9月18日 芦峅・本宮百姓中宛 寺嶋職定書状
「従越後乱入付而池田城内へ別而忠節神妙候、依之公用之儀三分之壹三ヶ年令用捨候、弥可馳走候、為其一筆遣候、謹言 永禄十貳年   職定」
 
 が、中地山に進出していた飛騨江馬氏の圧力もあり上杉方に包囲され抵抗を続けることは難しかったようで、永禄13年から元亀元年頃没落したようです。(椎名氏の没落もこの頃)
 
 
*中地山城のリンク貼りますが、江馬氏、三木氏に関して随分記事書きましたので関心ございましたら書庫の富山県、岐阜県御覧ください。 中地山城http://blogs.yahoo.co.jp/mei8812462/14407014.html
 
イメージ 3池田城 掘底道
 
ルートは設定されていたようだが、造作された虎口はない
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10竪堀
古風だが鋭い。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
E郭からD,C郭を見る
 
郭を繋ぐ虎口は見られない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
樫ノ木城は、元亀元年(1570)8月10日越中に在陣している村上源五に宛てた上杉政虎書状で、飛騨の三木良頼に軍役として相守るべき旨、申すよう伝えています。
 
「樫木出城之儀、良頼為軍役可相守之旨、可被申含候、越中可半可属謙信之方、…後略」(上越市史別編924・謙信呼称年代に検討の余地がある)
 
また、天正元年(1573)樫ノ木城の城将と伝わる村田秀頼に大田上郷の料所取扱いを命じています。
 
「今度改而、太田之上郷吾分ニ為料所申付候、(後略)」(上越市史別編1176)
同日、河田長親に大田下郷の料所取扱いを命じている。(上越市史別編1175)
 
 ここででてくる太田保の上郷・下郷は、もともと室町幕府体制では細川家領であり、椎名被官神前ti筑前の預かり地となっていたものを、謙信が自領化し、料所(直轄地)としたもので、料所の扱いを側近で越中在陣衆のリーダー的な地位にあった河田長親と、旗本・村田秀頼に命じたわけである。
 
 太田保私領化に見られるような越中・能登での謙信の行為は、若き景虎が関東管領上杉憲政を奉じ、武田・北条の圧力から関東・信濃の国人の領地を保護すべく戦った行為とは異なるようである。
                      ↓Googleマップに記入引用 
イメージ 2
 太田保の平野部と丘陵部を境する熊野川に臨む断崖上に、前衛的に津毛城を置き、樫ノ木城はその背後、眼下眼前に太田保を睥睨する山上に築かれている。また飛騨勢を抑える位置にある。上杉にとっていかに重要な城であったか推し量れるであろう。
 
イメージ 8樫ノ木城には虎口がある
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9上杉の畝状空堀もある
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11櫓台状高地もある
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6主郭からは、眼前に津毛城、その先に太田保が見渡せる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7ズーム
 
富山市中心部
 
手前丘陵端に津毛城がある。
 
 
 
 
 
 
 
 イメージ 5
熊野川に臨む津毛城
(学園の校地となり遺構はない)
 
津毛城では、謙信が、庄屋を引見すると称して奥の間に招じ入れ、次々と首を刎ねた、という伝承がある。武力による接収故であろうか。恐ろしや謙信。 
 
 
 
 
 
 
この太田保の私領化と、先にふれた神保父子の内紛は、織田信長に越中進出の名義を与えることになります。謙信死後の天正6年9月、信長は庇護していた細川昭元と神保長住を担ぎ、斎藤新五を将として軍勢を越中へ派兵します。そして10月4日、太田保津毛城前月岡野で河田等上杉軍と合戦に及び、敵首360を討ち取っています。(信長公記) 
 この敗戦で、上杉勢は魚津城ー松倉城まで後退することになります。
 
では記事で、じっくり池田城、樫ノ木城を紹介します。
  
参考文献 『中世の魚津』
高岡徹「戦国期における上杉氏の越中在番体制とその展開」
佐伯哲也『越中中世城郭図面集Ⅰ』
久保尚文『越中中世史の研究』
高岡徹 大山町歴史民俗資料館講座「大山地域周辺の中世城館と戦国史」の解説 
 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

記事が信越境に向かっていたので、遺構は残っていないのですが、田切城も書いておきます。
 
イメージ 1
田切城は信越国境に近い妙高山麓大田切白田切の険に拠る城で、旧北国街道筋の白田切川と関川が合流する断崖上越後側に築かれていたとされる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
天正10年、柴田勝家率いる織田北陸方面軍に包囲された魚津城救援に向かう景勝が、本誓寺の超賢に「…国中の諸寺院七騎の面々、其外門徒を引具し、将師に相成、大田切之城に楯籠、信長勢を防ぎ、可給旨御寄頼に…後略」『本誓寺記』と信濃から越後を窺う森勢に対する守備を命じたのがここのようである。
イメージ 2
 白田切、関川とも崖は鋭く、要害の地ではある。関川沿いは信越本線工事でかなり削られたようである。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
信濃側から白田切川こしに田切城を見る。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6田切城側から白
田切川。
息をのむ断崖である。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
現在、整備事業で遺構は消滅している。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5段差は堀か郭の痕跡であろうか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7付近の旧北国街道
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
御館の乱無名戦士の墓
 
妙高高原町が近年、山野に散乱していたものを集め周辺を整備した。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
天正6年御館の乱の際、景虎の援軍として越後に進軍した武田勢によって処刑された景勝方兵士(間者)を弔ったもの。また、天正10年、信濃川中島に進駐した織田軍森勢が越後に侵入した際の戦死者とする説がある。
 
参考文献 上越市史中世史部会 上越の城
       坂口新田郷土史
     

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

ではアクセスです。
イメージ 18私は南東の沢から崖をよじ登り踏み込みましたが、寺尾薬師参道下からとっても歩きやすい山道が通っています。
 
舌先端崖上に、城遺構ではないでしょうが、人為的な石積遺構のある削平地があります。
 
 
 
 
イメージ 1寺尾薬師参道下
 
石段は寺尾薬師参道です。石段をあがらず、電柱脇の山道に入ってください。
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2寺尾薬師東の畑地をかすめ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3北東隅から赤坂城南の沢におります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4大丈夫、山道はしっかりついていて、沢には木橋が架かっています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5沢をわたると、城戸のような地点
 
私の妄想でしょうが…。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6途中、分岐箇所がありますが、先で合流します。
 
わたしはこの山道の右下斜面を登ってきました。
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7山道の右下斜面
 
この薮中彷徨って、「だめだ、わからん、さっきのが赤坂城か、たいしたことなかったってことか」「でも鳴海さんが取り上げるくらいだから、あれってことはないだろう」「でもわからん、引き返そうか」「もうすぐ雪が降るぞ、雪が積もったら春まで来れないぞ」「沢に挟まれた地形だから間違いないんだが、もっと上か?」と、自問自答の末、この山道に出た時の歓喜は忘れません。でも私のブログでアクセスを知った皆さんは大丈夫!寺尾薬師参道下から歩きやすい山道を登り、困難なく赤坂城二郭虎口前に到達できます。
私は苦労の甲斐あり、石遺構のある人為的削平地に出くわしましたが。
 
イメージ 8
赤坂城二郭虎口前
 
私は薮中彷徨ってきたので、山道登り所要時間はわかりません。下りで、ここから寺尾薬師参道下まで17分でした。
 
 
では、私の彷徨った舌先端崖付近にも連れていきます。


イメージ 9舌先端崖下
 
馬頭観音がある。
 
この崖は登れない。
ので、要害さに、すぐこの上が赤坂城だと早合点してしまった。
 
 
 
 
 
 
イメージ 10ので、右脇、南東の沢からよじ登りました。
左上、城に思えませんか?
 
 
でかい写真でいきましょう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 12崖上舌先端付近
 
城っぽい?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11人為的な削平地に見える
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 13
段差
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 15石積
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 17
石は自分達で並ばないだろう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 14
三段
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 16
なんだろうねぇ
 
 
 寺院でもあったのだろうか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
参考文献  鳴海忠夫「上越地方西部の山城」
        遠藤公洋(2004)「戦国期越後上杉氏の城館と権力」
        『平成5年度 新井市遺跡確認調査報告書』編集・発行=妙高市教育委員会 1994年
 
 赤坂城修学・記事作成にあたり、鳴海忠夫氏、妙高市教育委員会佐藤慎氏より、懇切なるご教示をいただきました。 ありがとうございました。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全26ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事