えいきの修学旅行

竹さんの『戦国の城の一生』、予約していたAmazonの他からも届く。二冊も手に入るぜ。

戦国上杉圏の特徴的な普請

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

 越後、越中、信濃、会津と、ずいぶん戦国越後上杉の各城の記事を書いてまいりました。
 
 そこで、各城ではなく、横断というか縦断的に、上杉圏の特徴と思える普請を眺め、普請毎にまとめてみたいと思います。
 私の素人らしからぬテーマ、戦国上杉の普請がどのように進化していったのか、年代、情勢を紐解くうえでのノート的記事として綴ってまいろうと考えています。
 
虎口(これは壮大な野望)、堀切、切岸、通路、ルート設定など企てています。

     虎口
 
   横堀
 
   畝型フェチ 
 水澤幸一さんは、畝状施設の築城主体は、上杉ではないと、見解を述べられていました。国人領主よりも下の階層の侍達による構築のようです。
 よって、畝型施設を当初本ブログでは上杉の特徴的な普請としていましたが、戦国上杉圏の特徴的な普請と改めます。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事