そぞろ歩き

のんびりと日本の原風景巡りを綴ります

小さな旅、小さな町歩き

すべて表示

桜と椿

イメージ1 矢掛町にある圀勝寺。 寺の境内には樹高8m、樹齢350年を超えるといわれる立派な椿がある。 4月上旬から中旬にかけて八重の花をつけ、落ちた花は樹下に真紅の絨毯となる。 今年は花の付きがおそいようで、今週末が見頃になりそうだ。 門前の桜も散る頃なので赤と桜色の絨毯がきれいだろうな。。。

その他の最新記事

すべて表示

旅行に必要なものとして

2017/4/27(木) 午前 1:29

もうすぐGWです。 今年も車で息子のところにドライブがてらに行ってこようと思います。 片道1400kmほどの距離です。 長いドライブですので、前回同様道中いろ ...すべて表示すべて表示

臥龍松

2017/3/13(月) 午前 1:46

備中矢掛町にある専教寺境内に樹齢三百年を超えるクロマツがある。 龍が寝そべっているように見えることから臥龍松の名がついた。 実際、どこまで横たわっているんだろう。 ...すべて表示すべて表示

梅まつり

2017/2/26(日) 午前 8:58

岡山県矢掛町横谷にある観照寺。 樹齢200年以上とされる「臥龍梅」が満開となった。 26日には恒例の「梅まつり」が開かれた。 「臥龍梅」は本堂前にあり、 ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事