ここから本文です
根本治癒をめざして・・・命輝火守
健康な人には予防医学を、病気の人には早期回復を!

今朝のNHKあさいちで「起立性調節障害」を取り上げていた。思春期の子供たち(中学生から高校生にかけて)の10人に1人にこうした症状があると言われる。少し長く起立していると気分が悪くなったり、倒れたりするという。朝礼中に校庭で突然倒れる子供があるが、それは貧血の場合もあれば、起立性調節障害の場合もあるという。 原因は自律神経の調節がうまくいかず、血行障害が起こることらしい。高校生になると次第に症状が軽くなったり、治ったりする例も多い。積極的な治療法は確立してないようで、投薬もある。 自律神経を調和的に整えることは、東洋医学の得意とすることであり、ハリ治療や靈氣療法、宮園気功などもその実績がある。体調を副交感神経優位の状態、リラックスモードに整えることができる。そうすることで全身の血行が大きく改善する。もし、起立性調節障すべて表示すべて表示

書庫その他の最新記事

すべて表示

    記事がありません。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事