名城大学新聞会

年四回の発行。ブログにも記事を投稿していこうと思います。取材依頼や感想はコメントへ♪

全体表示

[ リスト ]

専用のメガネを付けることで立体的に観れる3D映像は映画やBD(ブルーレイディスク)の3D化、地デジテレビの買い替えなどで普及しており、メガネなしで3Dゲームができる任天堂3DSも話題になった。
 
そんな3Dを特に力を入れているメーカーにSONYがある。SONYはテレビはもちろんのこと、
パソコン、カメラ、レコーダー、PS3(SCE)、ディスプレイ(SCE)など、3Dに対応した商品が続々発表されている。
 
本日(8月31日)、SONYからメガネの様なディスプレイ(
ヘッドマウントディスプレイ) HMZ-T1が発表された。
写真はsony storeからコピーしました。
 
この装置を頭に装着すると、メガネのようなディスプレイが内部にあり、左右のディスプレイから高画質な3D映像を観ることができ、ノングリア方式のため光が抑えられており、目に優しい。
さらに左右の黒い部分がヘッドホンになっており、前後左右から音が聴け映画館のような5.1chのサラウンドが体感でき、価格も6万円と意外と安く、学生でもアルバイトで頑張れば手が届く値段である。
 
後ろに伸びているコードは詳しく説明がないので、推測だが、
本体に付属されているボックスに挿して映像を観るのではないかと思う。
 
ボックスにはHDMI端子があるので、(別売)HDMIケーブルでテレビやPS3をつなぐことができるが、両方繋ぐには1つしかないので別途セレクタを買う必要がある。
 
ボックスは電源を必要とするため外出先では観ることができず、ヘッドマウンドディスプレイも有線であり、ワイヤレスではない。今のままでは420gと重量があるため、改良の必要がある。
 
ワイヤレス化は今の近距離の通信方式(Bluetoothや赤外線)では高画質な動画はデータが大きすぎて送信することはできない。軽量化や外出用にバッテリーを内蔵するのも難しい。
だがこれらの問題を解決できればポータブルプレイヤーと繋げて、持ち運びできる映画館としてヒットするかもしれない。
元田
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事