放春花(ボケの花)のブログ

放春花と呼ばれるボケの花を紹介します。

ゆめ

イメージ 1
 4-011 ゆめ
 東洋錦の突然変異品種で淡いピンク色の品種です。木の性質は東洋錦と違い枝の生長がやや横向きに成長し、実付きがよくきれいな果実になります。挿し木は東洋錦より付きが悪いようです。花色が柔らかいので人気があります。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

大桜華(だいおうか)

1-042 大桜華(だいおうか) ※日本ボケ協会登録品種第73号
 この品種は関の桜の突然変異品種です。ピンク地合の覆輪絞りに赤色との絞り咲き品種です。この品種は特別な性質の品種で、難しい話ですが細胞が2倍体と4倍体の混在するキメラ状態の品種です。東洋錦より花弁、花型、葉、棘、幹などすべてが大きいのです。
 
 ※新潟県加藤政明氏作出、日本ボケ協会登録品種第73号

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

関の桜(せきのさくら)

3-008 関の桜(せきのさくら) ※日本ボケ協会登録品種第70号
 この品種は金寿盃の突然変異品種です。ピンク地合の覆輪絞り品種です。この品種は特別な性質の品種で、難しい話ですが細胞が2倍体と4倍体の混在するキメラ状態の品種です。東洋錦より花弁、花型、葉、棘、幹などすべてが大きいのです。
 
 ※新潟県加藤政明氏作出、日本ボケ協会登録品種第70号

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

大和錦(やまとにしき)

イメージ 1
1-029 大和錦(やまとにしき) ※日本ボケ協会登録品種第50号
 この品種金寿盃の突然変異品種です。この品種は特別な性質の品種で、難しい話ですが細胞が2倍体と4倍体の混在するキメラ状態のボケです。東洋錦より花弁、花型、葉、棘、幹などすべてが大きいのです。
※新潟県平成8年渡辺金治郎氏作出、日本ボケ協会登録品種第50号

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

金寿盃(きんじゅはい)

イメージ 1
4-009 金寿盃(きんじゅはい) ※日本ボケ協会登録品種第8号
 この品種は東洋錦の突然変異品種です。この品種は特別な性質の品種で、難しい話ですが細胞が2倍体と4倍体の混在するキメラ状態のボケで、初めての品種です。東洋錦より花弁、花型、葉、棘、幹などすべてが大きいのです。
 
 ※新潟県昭和53年古川金氏作出、日本ボケ協会登録品種第8号

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

彩の国(さいのくに)

イメージ 1
1-035 彩の国(さいのくに) ※日本ボケ協会登録品種第56号
 東洋錦の突然変異品種で花びらが割れたり不規則な花弁になります。花色は赤、白、ピンク地合に白覆輪、などの東洋錦の花芸と変わりません。若い苗など樹勢が強い場合花びらが割れず東洋錦の花と同じになります。又、鉢などで生育し落ち着くと花びらが割れてきます。

 ※埼玉県昭和55年一色喜代嗣氏作出、日本ボケ協会登録品種第56号

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

富士の嶺(ふじのみね)

イメージ 1
3-001 富士の嶺(ふじのみね) ※日本ボケ協会登録品種第1号
 安田錦の突然変異品種品種でピンク地合に白覆輪の花が咲きます。時折白や赤の花が咲くこともあります。
※新潟県昭和55年加藤悦郎氏作出、日本ボケ協会登録品種第1号

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

安田錦(やすだにしき)

イメージ 1
1-003 安田錦(やすだにしき)
 安田錦は東洋錦の突然変異品種です。枝間隔が狭く花もやや小さい、葉も小ぶりになっています。全体的につまったような感じです。生育は東洋錦と変わらず生育のよい性格です。盆栽などには向く品種が絞りが入りにくい状態で白花が多い状態です。※新潟県 加藤悦郎氏の作出で日本ボケ協会登録品種の制定前の品種で登録はされていません。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1
1-021 輝の嶺(かがやきのみね) ※日本ボケ協会登録品種第37号
 東洋錦系の越の輝、枝変わり品種です。花芸の安定さは非常によく細かな芸をしてくれます。
 
 ※新潟県平成5年加藤政明氏作出、日本ボケ協会登録品種第37号

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1
1-016 越の輝(こしのかがやき) ※日本ボケ協会登録品種第21号
 東洋錦の突然変異品種です。越の輝の特徴は細かな絞りが入ることです。生育は東洋錦と変わりません、東洋錦で挿し木などで増殖した場合およそ3割が白花、3割が絞りの入る花で残りが赤花の確率です。それに対して越の輝は白花は1割、赤は2割残りは絞りの花が咲き確率のよい花芸を作ることができます。
 
 ※新潟県昭和55年渡辺金一郎氏作出、日本ボケ協会登録品種第21号

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事