ここから本文です
本ブログのコンテンツは閉鎖しました!

書庫全体表示

戦うビジネスマン〜♪


のりピー逮捕でびっくりですが、
足に刺青
弟さんが暴力団
旦那の商売がさっぱり
とくれば、
警察もマークしていたのかしら、と。

何故ポーチを持って逃げなかったのか、
もともと旦那さんが持っていた薬は、
「妻が使っていたもの」とさっくり白状されたので、
ポーチを持って逃げようが関係ないか。。。

大変、残念なニュースでしたね。

一方、本日、NHKのドキュメンタリー、見ました。
戦うビジネス戦士達です。しびれますっ!

UHV(Ultra High Voltagge)高圧送電技術の世界標準をかけた闘いです。

日本では、1100kvという高圧送電技術をほぼ完成し、本格稼動が可能な状況。
既に中国が導入を決めています。

しかし、ここに来て、日本つぶしが!!!

世界標準ISOで規定されないと海外輸出が許されないと。

世界標準として認められていたのが1050KVと1200KV。

日本が開発した1100KVをISOに認めさせようと、標準化会議で発表。
すると同じ会議で、世界標準に合わせた1200KVで開発中のインドが2014年から送電開始をすると。。。

そしてインドの背後には、Siemensを擁するドイツが糸をひいていました。
日本の1100KVに対して、「否定的」なロビイングが展開されます。。。

この状況に危機感を覚えた日本が、一歩リードを決定的なものにするため、日本のUHVで一日も速く本格送電を開始したい中国が助っ人として、そのプラントの実態を動画や映像でプレゼンすると、各国は「日本はこんなに進んでいたのか」と驚嘆。

そのまま進めるかと思いきや、既得権にしがみつくドイツ、スェーデンなどの反発が強くなる一方。窮鼠猫を噛む、に近い状況でしょうか。


標準技術を制したものが市場を制する。(シーメンス社訓!?)

この言葉は重いですね。
少し前までは、デファクトスタンダードで、市場をリードできた日本の製造業は、1995年に、WTOが「デファクトではなく、ISOでないと輸出できない」と定めたため、不利な状況に置かれました。

たとえば、日本の携帯電話、液晶テレビや、冷蔵庫がどんなに優秀でも、ISOにマッチしないとの理由で、欧州市場では売れないそうです。

これは、究極の椅子とりゲームです。

世界標準の回りを、世界中の企業がしのぎを削りながらぐるぐる回ります。
回るほどに技術を革新してゆきます。
ところがISOの椅子はひとつのみ。

運よく、その椅子に座った企業が莫大な特許収入を得る一方で、椅子に座れなかった技術たちは、日に当たることなく、すたれてゆくしかない、なんてことになりかねません。

これでは、技術革新の芽を摘んでしまいかねないですね。

私が大嫌いな「ウィナーテイクスオール=勝者がすべてを獲る」理論です。


どんなに環境に良い製品を作っても、

どんなに使いやすい技術を完成しても、

結局、

政治活動で負ければ、

フイになるんです。

日本という小さな市場でしか使われません。

これでは、世界の数パーセントに過ぎません。


さて、高圧送電の1100kv世界標準の結果はどうなったのでしょう?
東京会議で、実際のプラントを見学させて、稼動状況をお見せしたこと。
美味しい日本酒で標準会員達をもてなしたことと、
中国に頭を下げて、「早期に送電開始したいから、1100kvの標準化を否定しないで欲しい、とドイツ、スェーデンに要請してくれ」と申し入れ、中国が快諾し、これを行ったこと。
これらが奏功しました。

早くても2014年にならないと開発が完成しない1200kvを推進しているドイツがスェーデンも、中国から「じゃまするな」と言われれば、引き下がるしかなく、ともに、賛成に回り、なんとか認められたのでした。

これで負けていたら、何兆円ものビジネスに日本だけが参加できない、という仕組みになりかねません。


標準化とは、昔昔、ナチスが民族浄化を図ったときの、「こうあるべき」という強い固定価値観にもつながりかねない、危ういものを感じます。
標準から外れたものが「悪」との価値観に陥りかねません。

少なくとも、日本を強烈にバッシングしていたドイツの老人の表情からは、強い排斥思想が見えました。

今、すでに使われている便利な技術の中から、良い部分を集めて、h世界標準を決めるならわかりますが、1050kvや1200kvが標準化されたのは、20年も30年も前だそうです。

そう、机上の空論で、勝者が決まってしまいかねないのですね。

日本側の開発には、東芝、三菱、日立など、日本を代表するメーカーが合同で完成した技術です。

パチパチパチ!

プラント見学の際、フランス人もアメリカ人も、「日本は、あらゆる問題を解決し、完成度の高いものを作った!」と手放しで賞賛していました。


今度、民主党政権になりますと、農産物の輸入を厳しく制限し、国内農家を守る方針を貫くようです。


アメリカは、牛肉やオレンジの輸出のことになりますと、理性を失う国ですから、報復としての日本たたきは工業生産物になる可能性があります。

日本の製造業は、優れているからこそ、叩かれるのです。


今、この国に必要なのは?

そう、ブレインです。
ロビイングと、最後は交渉、駆け引きの能力。すなわち政治力です。

この国に育つのか、はなはだ疑問ではありますが、頑張って欲しいですね、日本の製造業!



一方、馬の話は、ネタ切れで申し訳ありません。

今年のスピと私の課題は、この一年の間に複数の試合に出て、経験を積むこと。
ただ、一頭出しでは、回あたりのコストがかさみ、年間で100万円ほどかかってしまいかねないので、いろいろ考えているところです。

「何も今年にこだわらないで、長い目で見れば?」と思われる方もおられると思いますが、この1年にこだわる理由はいくつかあり、ここで書くつもりはありません。

地元のクラブがよくやる、部内大会でも最初はいいんですよね。
いきなり馬運車で行く試合だけが試合じゃない、と私は思っています。

この1年でどこまで経験できるか。
それがスピと私の分岐点になります。

とりあえず、今は、まったく馬のことを考えない日々を送っています。

新盆の精霊棚は、過去に誰も見たことがないので、大変です。
やれ、ほうずきの良いのがどこにあるから買いに行こう、
笹の枝はどこで手にはいる?
お坊様にお渡しするお布施、お車代、御膳料をいれる袋と筆ペンは?

馬のことを考えないと、人生って、こんなに楽なんだなぁ(笑)
とりあえず、のんびりとした日々を送ることにしました。

この記事に

  • 顔アイコン

    素人には1050も1100も1200も大して変わらないんじゃないかと思えてしまいますw
    そんな小さいことでゴタゴタしないで太っ腹な対応をお願いしたいものですね。

    メグナオゴン

    2009/8/10(月) 午後 9:51

    返信する
  • 顔アイコン

    ドイツの老人は、「1100ができるなら1200だってできるだろう。」と突き放すんですよね。20年も30年も実用化できないでいる技術にしがみついていて、ライバル日本が完成させた技術のISO化を阻もうとしている意図が見え見えでした。
    中国が導入を決めていなかったら、ISO化にはならなかったかもしれません。
    中国の影響力は甚大です。

    [ おかん ]

    2009/8/10(月) 午後 9:55

    返信する
  • 内緒さん、
    私も何故だか気になったのですが、番組では説明がなかったですよね?
    フェアな理由であってほしいです。
    ググってみると、色々出てくるかしら!?

    [ おかん ]

    2009/8/14(金) 午前 8:53

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事