ここから本文です
日本よい国、きよい国。 世界に一つの神の国。
降り積もる深雪(みゆき)に耐えて色変えぬ 松ぞ雄々しき人もかくあれ

書庫全体表示

秋篠宮文仁親王殿下ご生誕の日 にあたり記者会見(2)

イメージ 1
皇后陛下と秋篠宮文仁親王妃紀子殿下
 
 
(1)より続く
 
 
【問3】殿下にお伺いします。殿下は皇室の将来のあり方について、昨年の記者会見で、当事者となる皇太子さま、秋篠宮さまの意見を聞く過程や皇太子さまとの話し合いが必要であると言及されました。国費負担の観点からは「皇族の数が少ないというのは、私は決して悪いことではないというふうに思います」とも指摘されています。一方、皇室をめぐっては、週刊誌を中心にセンセーショナルに取りあげられることも多く、宮内庁が抗議する事態が繰り返されています。この1年のご兄弟での話し合いの状況や、将来の皇室像、皇室を取り巻く現状について、お考えをお聞かせください。
 
秋篠宮文仁親王殿下  まず、兄弟での話し合いということですが、これは幾度か行っておりますし、今後もそういう機会を設けて、続けていきたいと思っております。また、将来の皇室像については、やはり今までの経緯、蓄積、それからまた伝統など、そういうものを踏まえることは大事だと思いますけれども、やはりその時代その時代に即した、どういう在り方がふさわしいかということを、常に考えていかなければいけないのではないかと思っております。常にそのことを頭に入れながら、考えていくという、頭に入れながら行っていくということが私は必要だと感じております。
 また、皇室を取り巻く現状についてですけれども、このことについては、いろいろ今おっしゃったように週刊誌とかに取り上げられたりはしていますけれども、私の方から何かそれについての意見を述べるとかいうことではないような気がいたします。
 
 【問4】両殿下にお伺いいたします。この夏には那須や軽井沢で両陛下とご一緒に過ごされ、悠仁さまは陛下とご一緒に登山もされました。また那須では皇太子ご一家とも交流されたと伺っております。両陛下や皇太子ご一家とのご交流の様子について、また、通学に不安をお持ちになっている愛子さまの現状についてもお考えがあれば、あわせてお聞かせ下さい。
 
 秋篠宮文仁親王殿下 そうですね。この夏には那須の御用邸で、それからあと軽井沢、どちらも1泊でしたね(妃殿下を振り向かれる)。
 紀子さま (殿下をごらんになって)ええ。そうでございますね。
 
 秋篠宮文仁親王殿下 どちらも1泊で、短い時間ではありましたけれども、長男の悠仁を交えて、楽しいひとときを過ごすことができました。那須では、先ほども申しましたけれども、あれは前日に掛けておいたトラップに掛かった虫を一緒に見たんでしたっけ(妃殿下を振り向かれる)。
 紀子妃殿下 (秋篠宮さまを見てうなずかれる)虫の専門家の方と一緒に。
 
 秋篠宮文仁親王殿下 虫取りを一緒にしたりとか、今おっしゃったように登山ですね。私も登った山はせきそんさん石尊山という浅間山のすぐ近くの山で、私が登ったのも、もう30年以上前で、久しぶりだったのですが(少しお考えになる)。
 
 紀子妃殿下 (秋篠宮さまのほうを向かれて)眞子も一緒に…
 
 秋篠宮文仁親王殿下 そう、眞子も一緒に行ったんですね。長女と私が陛下と一緒に行きまして、家内と悠仁は登れる所まで一緒に行くということだったのですが、結局だっこをしたりとか、何とかしながら山頂まで一緒に行ってという、とても楽しいひとときでありました。
 そのほか、例えば、週末などに悠仁を連れて御所に伺ったり、それからまた最近では、これも先ほどと重複しますけれども、柿の実を採りに行ったりとかすることもあります。そういうときには、両陛下のご都合が良いときには、御所でしばらくお話の時間を持って、それからその場所へ出かけていくわけですけれども、その時も両陛下のご都合が良ければ、一緒に行くこともありますし、ご都合が悪ければ、私たちだけでその場所に出かけるということもあります。
 一方、娘たちにつきましては、学校の行事があったりとか、それぞれに休日にも用事があったりして、なかなか全員一緒でということはできませんけれども、折を見て御所に伺って、それぞれ大学生活の話ですとか、高校生活の話ですとかをしております。
 また、皇太子ご一家との交流は、今年は夏の那須御用邸に滞在されている時に、こちらも同じ時期に滞在していましたので、その時に御用邸内でみんな一緒に散策をしたりとか、飛んでいるトンボを捕ったりとか、川…(少し考え、紀子さまのほうを向かれる)。
 紀子さま わさび田でしょうか。
 
 秋篠宮文仁親王殿下 あの(那須御用邸の)中にわさび田があるんですけど、そこに行って、一緒にわさび採りをしたりして過ごしました。
 紀子さま 今年の夏も、両陛下、そして皇太子同妃両殿下、敬宮さまとご一緒に思い出深いひとときを過ごさせていただきました。
7月の下旬には、先ほど、宮様がお話しされましたが、両陛下とご一緒に那須で過ごさせていただきました。
 両陛下のおはからいで、虫に関心がある悠仁は、県立博物館の関係者と一緒に虫取りを楽しみました。ミヤマクワガタやカブトムシなど、幾つもの虫を手に取り、虫の名前や特徴を教えていただく機会に恵まれました。
 8月の下旬には、軽井沢にご一緒いたしました。宮様と眞子が、天皇陛下のお供をして、石尊山を登りました。悠仁と私は、どこまで登るか、登れる所までということでおりましたのですが、やはり山道が続いておりますと、子どもも先はどのようになっているか、何があるのだろうと好奇心を持ち、また、(少しためらわれながら)私も高校時代は山岳部に所属しておりまして、それほど高い山を登ったのではないのかもしれませんが、山を見ておりますと、ご一緒に天皇陛下を始め、宮様と娘と皆で登りたくなりました。
 ただ山道には、小さい悠仁にはちょっと難しいような道もありましたり、(悠仁さまは)大変元気なところはありますけれども、体力的にも、手助けが必要で、山岳部のときに背負っていたリュックサックよりは少々重かったように思いますが、楽しみながら登ることができました。
 頂上の付近では、コケモモが見られまして、天皇陛下がそのことを悠仁に教えてくださり、悠仁は絵本でしか見たことのなかった高山植物を間近で見ることができ、非常に喜んでおりました。
 今年の秋は、御所へ参内しました折、両陛下よりたくさんの虫が見られる、草が茂っている場所を教えていただきまして、悠仁は大変喜び、虫かごを持って度々そこで虫探しをいたしました。時間がおありのときには、両陛下もご一緒に虫を探してくださいました。
 また、先ほど宮様がお話しされましたが、悠仁は柿やムベ、いろいろな果実にも興味があり、そのことをご存じの皇后さまが、御所にあるうす紫に色づいたアケビを見せてくださいました。そのアケビや、また、ムベの果実を使って作った飲み物を頂戴(ちょうだい)いたしました。甘く、おいしいと子どもは話しておりました。
 娘たちと同じように、悠仁も皇后さまより楽しい絵本を読んでいただきまして、この秋も心弾む時間を過ごしたようでございます。
 娘たちは、時折、両陛下を訪ね、大学や高校のお話をしたりします。学校のカリキュラムが違い、また、休みの期間も異なり、さらに学校の諸活動もあるために、昨年に比べますと家族一緒に御所へごあいさつする機会は少なくなりました。
 しかし一方で、一人でごあいさつに参内することもあり、例えば、今年の夏、眞子が語学研修のためにアイルランドを訪れましたが、出発する前には御所へ参りまして、両陛下よりアイルランドでご滞在されたお話をうかがわせていただきましたり、また6週間滞在して帰国しましたときに、眞子はアイルランドでの懐かしい日々を振り返りながらお話しさせていただいたようです。
 皇太子同妃両殿下と敬宮さまとは、那須でご一緒に過ごしました。8月の半ば過ぎでしょうか。涼しい風が吹き始め、黄色い花の…。
 
 秋篠宮文仁親王殿下 マルバダケブキ。
 
 紀子妃殿下 マルバダケブキやオミナエシなどの花が咲く那須の野で、敬宮さま、そして子どもたちが捕虫網を手に取って、大きいオニヤンマを追ったり、また、わさび田に出かけて、ひんやりとした水の流れを楽しみつつ、サワガニを捕ったりしまして、ゆったりとした時を過ごしました。
 
 秋篠宮文仁親王殿下 先ほど言い忘れましたけれども、愛子内親王が悠仁を随分誘うような形で、一緒に御用邸の中の庭を連れてというか。
 
 紀子妃殿下 (うなずきながら)楽しそうに。
 
 秋篠宮文仁親王殿下 ええ。連れて、まわっているというのが印象に残っております。
 
 紀子妃殿下 そのような光景は、赤坂の御用地内でも、春から夏にかけての週末(にも見られました)。敬宮さまも悠仁も、トンボや蝶がたくさん見られる池がありまして、午後でしょうか…。
 
 秋篠宮文仁親王殿下 (うなずかれながら)ええ。
 
 紀子妃殿下 散策をしておりますと、何が捕れるだろう、何が見られるだろうと、網を持って、一緒に網を振り回していたり。また、池の中にも生き物が見られますので、小さい魚とか。
 
 秋篠宮文仁親王殿下 カエルがいますね。
 
 紀子妃殿下 カエルはなかなか捕るのが難しいのですけれども、生き物に二人で一緒になって親しんでいる様子が印象に残っております。このように赤坂の御用地内で、また那須の豊かな自然の中でのびのびと過ごされる敬宮さま、運動会でもダンスや幾つも競技に参加され、さらに良い方向にむかわれることをお祈りしております。
 
 
 
文字制限の為(2)に続きます。
 
 
 

  • 顔アイコン

    秋篠宮文仁親王殿下

    お誕生日おめでとうございます

    [ - ]

    2010/11/30(火) 午前 10:00

  • 顔アイコン

    お誕生日おめでとうございます。

    皇后陛下、紀子妃殿下お二人とも美しゅうございます!

    傑作

    たけし

    2010/11/30(火) 午前 10:31

  • 顔アイコン

    秋篠宮文仁親王殿下さま。
    お誕生日おめでとうございます。
    妃殿下の紀子様の笑顔、天使の姿に見られます。
    お二方、幾久しく仲むつまじくお過ごしくださいますよう、お願い申し上げます。
    傑作☆

    [ - ]

    2010/11/30(火) 午後 2:30

  • 顔アイコン

    Tomcat様

    コメントありがとうございます。
    秋篠宮家の弥栄を。

    アメブロにタイトル同じで移行。

    2010/11/30(火) 午後 11:50

  • 顔アイコン

    タケシ様

    御意にございます。
    紀子妃殿下は皇后陛下をお手本とされ、御心を継承されんとしておられます。
    素晴らしい微笑みですね。

    傑作、コメントありがとうございます。
    日頃のご配慮に感謝します。

    アメブロにタイトル同じで移行。

    2010/11/30(火) 午後 11:58

  • 顔アイコン

    琴鈴様

    御意にございます。
    紀子妃殿下の微笑みはご皇室の御心ですね。

    傑作、コメントありがとうございます。
    日頃のご配慮に感謝します。

    アメブロにタイトル同じで移行。

    2010/12/1(水) 午前 0:00

  • 顔アイコン

    皇后陛下も紀子妃殿下も、お優しい笑顔ですね。
    秋篠宮文仁親王殿下 お誕生日おめでとうございます。
    傑作です。

    [ さざんか ]

    2010/12/1(水) 午前 1:59

  • 顔アイコン

    さざんか様

    御意にございます。
    ご皇室の微笑みは平和の象徴でもありますね。

    傑作、コメントありがとうございます。
    日頃のご配慮に感謝します。

    アメブロにタイトル同じで移行。

    2010/12/1(水) 午後 10:02

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事