ここから本文です
日本よい国、きよい国。 世界に一つの神の国。
降り積もる深雪(みゆき)に耐えて色変えぬ 松ぞ雄々しき人もかくあれ

書庫全体表示

イメージ 1
二宮金次郎像



イメージ 2



先日、学校教師に「教育勅語」「修身」を の記事をエントリーしました。
「修身書」は、明治天皇陛下より下賜賜った『教育勅語』を実践するための手引書のようなものでした。
かつてわが国の小学校の多くには、子どもたちが手本とすべき人物の銅像が、建っていました。背中にまきを背負い、本を読みながら歩いている少年の像です。その人物が、二宮金次郎すなわち二宮尊徳です。
上記の表にあるように、「修身教科書」に最も多く取り上げられました。

二宮尊徳翁は、天明7年7月23日相模の国足柄上郡 栢山村、現在の神奈川県小田原市栢山(かやま)の裕福な農民、利右衛門の子として生まれました。しかし、尊徳翁が5歳のとき寛政3年、そばを流れる酒匂川(さかにがわ)が氾濫し、一家の田畑はひどい被害を受けました。田畑の修復に疲れた父は病気がちとなり、幼い尊徳は父の代わりに、川の堤防工事で働きました。しかし、子どもでは一人前の働きができません。申し訳なく思った尊徳は、人知れず皆のわらじ作りに精を出しました。尊徳翁の伝記報徳記』には、わらじを編んで金を稼ぎ、父のために酒を買い、 また、工事の賃金で松の苗を買い、洪水が来ないようにと土手に植えました。
 尊徳翁14歳の時、父が亡くなりました。残された母と幼い弟たちのために、尊徳は朝早くから田畑を耕し、まきを拾い、夜にはわらじ作りに精を出しました。そんな尊徳翁は、貧しさのため寺子屋へも行けませんでした。そこで、仕事の合い間に『童子教』から『大学』『論語』などを独学しました。 少年金次郎の銅像は、このころの姿です。
携帯電話・ゲーム等に没頭する今日の子供たちとは大きく異なります。

 悲しいことに尊徳翁が16歳のとき、母も亡くなってしまいました。しかもその年の夏には、再び川が氾濫し、一家離散となりました。両親の死後、叔父の家にて暮らしていた頃、寝る間も惜しんで読書をしました。油代がもったいないと叔父に指摘されると、荒地に菜種をまいて収穫した種を菜種油と交換し、それを燃やして勉学を続けました。

また、荒地を起こして、捨ててあった苗を拾って植え、2年で20俵を収穫しました。こうした努力と倹約によって、尊徳翁は田畑を少しずつ買い戻し、20歳代で生家の再興を果たしたのです。
 
 尊徳翁は、その後、小田原藩の家老服部家に奉公することになりました。尊徳翁は、主人の息子が儒学者の家に勉強に行くお供をし、庭先で先生の講義をじっと聞いて勉強しました。そのうちに先生も尊徳に気付き、指導してくれるようになりました。やがて服部家でその非凡さを認められた尊徳は、主家の財政の建て直しを成し遂げました。それが評価され、藩主大久保忠真(ただざね)により、桜町領(栃木県二宮町)の復興を命じられ、粉骨砕身の努力により、10年がかりでこれに成功しました。評判はさらに幕府に及び、老中水野忠邦より、印旛沼の分水掘削、日光の村々の再興などを命じられました。
 
 尊徳翁の生きた時代は、江戸時代の末期です。当時の農村は、悲惨な状態にありました。平和な時代が長く続き、人々の生活はぜいたくになっていました。その怠惰な風潮は農村にも及び、わが国全体の農地収入は3分の2に減じたといわれています。飢饉も次々に起こりました。その結果、貢租の重圧に耐えられなくなった農民は、次々と離散し田畑は荒廃しました。そのような時代に、尊徳翁は農村の再建、農民の救済に、懸命に努力しました。実に、約600もの藩や郡村を再興し、多くの人々を飢餓・離散から救いました。
 
 尊徳翁の思想の根本には、独自の人間観があります。尊徳翁は、人間と自然、人間と動物の違いをこう説きます。自然の道、「天道」は、人間が何もしなくても行われますが、人間は働かなければ生きてゆけません。勤労が根本なのです。また、動物は争い、戦い、奪い合いますが、人間は助け合い、融け合い、譲り合うことができます。尊徳翁は、これを人の道、「人道」といいます。世の中をよくするためには、「人道」に徹するほかはないのです。そして、人間の動物にない良いところをのばすために、尊徳は具体的な実践方法を説きました。それが、「報徳思想」です。
筆者が住んでいる兵庫県西宮市にある報徳学園高校は「報徳思想」を教える学校であり、二代目校長、二宮尊親氏は尊徳翁の嫡孫でした。

尊徳翁の報徳思想は、「分度」「勤倹」「推譲」「報徳」の四つからなっています。
動物はエサを食べたいだけ食べますが、人間は先のことを考えて、収穫の中から、来年のための種を保存します。「まかぬ種は生えぬ」からです。そして、一年かけて一家が食べられるように配分し、どれだけ食べ、どれだけ蓄えなければならないかを計画しなければなりません。このように消費と備蓄の度合いを考えて生活をすることを、「分度」といいます。
また、一生懸命働いて収穫を得たら、その利益を倹約するということが大切です。これを「勤倹」といいます。
勤倹によって余りが出れば、これを足りない人に譲る心が大切です。自分のために残すものを「自譲」、他人のために残すものを「他譲」といいます。尊徳翁は、この両方を合わせて「推譲」といいます。
推譲に対して、差し出された者は、感謝して、受けた徳に報いるという心が大切です。これを「報徳」といいます。つまりお返しをするということです。この時に、返し手が自分なりのお礼を加えれば、推譲の基金はいよいよ増えていきます。
これら「分度」「勤倹」「推譲」「報徳」は、どれが欠けても完全ではありません。四つが合わさって人間の生活を全うできるのです。こういう生き方が、尊徳翁の「報徳思想」です。尊徳翁は、これをひたすら実践し、人々に広めていきました。
 
 「報徳思想」はただ食べて、生きていく方法ではありません。
「わが道はまず心田の荒蕪を開くのを、先務としなければならぬ。心田の荒地を開いてのち、田畑の荒地に及んで、この数種の荒地を開いて熟田としたならば、国家社会の進展は手のひらをめぐらすように容易であろう」(『二宮翁夜話続編』)。尊徳翁は、田畑のことも、国家社会のことも、まず心を開拓することが第一だと言われています。
「道徳を忘れた経済は罪悪であり、経済を忘れた道徳は寝言である」(『二宮翁夜話』)とも尊徳翁は説かれています。
心の開発ができれば、国土を豊かにし、国家社会を発展させることができる。生きるために協働し、支え合いながら、自らを磨き、互いの人格を高め合う「和」の精神、それが人としての道であると尊徳翁は説いています。
 
かつて二宮尊徳翁を歌う唱歌がありました。「柴刈り縄ない草鞋(わらじ)をつくり 親の手を助(す)弟(おとと)を世話し兄弟仲よく孝行つくす 手本は二宮金次郎……」
 戦後の日本人は、戦前子供の手本とまでしていた二宮尊徳翁の銅像を校庭から取り払いました。それとともに、尊徳翁が実践され、説き広めた報徳精神も、かえりみなくなってしまいました。
 そして、半世紀たった今日、わが国には長期にわたる不況、国や自治体の膨大な借金、豊かさの中で勤労の精神を忘れた若者たち、官僚の腐敗堕落等の問題が、広がっています。今日の日本人が、再び二宮尊徳翁に学ぶべきことは、まことに多いでしょう。また学ばねばなりません。日本人が日本人であるために・・・原点に還るべきでしょう・・・




  • 顔アイコン

    こんばんは。

    二宮尊徳翁の精神を学校教育でも教えるべきなのに、その尊徳翁像を撤去する学校が増えていることが情けないです。
    「こころの教育」は押しつけと訴える保護者団体があること自体も信じられません。

    傑作
    転載させてください。

    [ - ]

    2012/2/7(火) 午後 8:16

  • 顔アイコン

    転載させて頂きます。

    応援&今日の傑作 ポチ凸

    hito

    2012/2/7(火) 午後 8:16

  • 顔アイコン

    教育は「いい意味での」詰め込みです。子どもは白い紙ですから、ゆとり教育は大学出てから自分でやるもの。経験は遺伝出来ないから、教育するのです。詰め込みましょう。

    [ - ]

    2012/2/7(火) 午後 9:03

  • 顔アイコン

    カマちゃん先生。こんばんは。(ぺこり)
    毎年仕事で小田原市にある報徳神社に祈願に行かせて頂いております。
    神社の神紋が我が家紋と同じことに、今年参拝に詣でた折に気付きました。
    二宮尊徳翁がとても身近に感じられました。 傑作です!☆

    ピコさん

    2012/2/7(火) 午後 9:06

  • 顔アイコン

    報徳精神は非常に大切な教えです。
    この唱歌も大切な教えであります。

    傑作

    保守の会会長 松山昭彦

    2012/2/7(火) 午後 9:43

  • 顔アイコン

    こんばんは hitoさん経由です

    よい話です

    傑作○

    あまのじゃく

    2012/2/7(火) 午後 9:55

  • 顔アイコン

    二宮尊徳翁の銅像は、懐かしい思い出となるものですが、そうしたモノをどんどん撤去していく日教組などは、子供から道徳も思い出も奪い去る輩ですね。私の6年のときに習った先生は、二宮金次郎さんの銅像にのぼって遊んでいた子を本気で叱って、金次郎さんの本の上に足をおいたと怒っていましたが、なんだか懐かしい気がします。あ、そういえばうちの学校は、銅像ではなく、石像でした。
    傑作

    [ さざんか ]

    2012/2/7(火) 午後 9:58

  • 顔アイコン

    傑作ポチ☆
    転載します。

    [ MUGEN ]

    2012/2/7(火) 午後 10:38

  • 顔アイコン

    ( ´ー`)y─┛チァーパーボェー

    我が小学校にもありましたし 先生が物語として授業していました。

    ぽち

    にっぽに屋にっぽん

    2012/2/7(火) 午後 11:50

  • 顔アイコン

    撤去なんかしないでほしい

    校長はクビ! 寂しい話です

    naomi_shararan

    2012/2/8(水) 午前 8:24

  • よく学びよく遊べ…
    私の小学校の標語でした!

    今は同じく娘が通っていますが、偶に伺うと尊徳翁の像はしっかりと残って居ります。でも、その心まで残っているか?自分自身についても反省するところです。大切な記事をお借りいたしていきます。

    傑作☆&転載

    so-kei♪

    2012/2/8(水) 午前 11:27

  • 顔アイコン

    こんにちは
    転載させて下さい 日をあらためてと少し待ってました^^)
    二宮金次郎像って地元では無いと思います・・
    自分の小学校は那覇市では以外に金をかけた場所にありました
    体育館やプールも他の校よりも先に造られましたが像はありませんでした
    戦争で皆焼けて古い校は無かったのも関係あるのか?米軍占領の所為か?とも思えるんですけど・・
    無かったのは確かです。

    転載します<(_ _)>

    あまのじゃく

    2012/2/10(金) 午後 4:32

  • 歩きながらの読書は子供の体の成長に骨格的に良くない、とかという指摘がよくありますね。
    研究が進んで、それはそうなのかもしれませんが、それは思想の方まで否定されることではないですね。

    理瀬

    2012/2/10(金) 午後 11:01

  • 顔アイコン

    「道徳を忘れた経済は罪悪であり、経済を忘れた道徳は寝言である」
    私が申すのはおこがましいですが、すばらしく本質をついた言葉だと思います。
    経済の根本は道徳にあるけれど、その道徳というのは決して観念論ではなく、現実生活における実践論であるということ。そういうことではないかと思いました。
    傑作、転載させていただきます。

    [ 朱雀 ]

    2012/3/2(金) 午前 0:17

  • 顔アイコン

    記事貰います!ヽ(・∀・)ノ

    現在の世に 復興の神様 は必要です。

    二宮はんは 猿田彦の生まれ変わり やったんですかね♪

    BY柳虫( ̄0 ̄)/

    [ yanagimushi46 ]

    2012/3/2(金) 午前 3:33

  • 顔アイコン

    コメントを頂戴し、またご支援賜り、誠に有難う御座います。
    訪問コメントを優先したく、纏めコメントで失礼致します。
    もちろん、頂いたコメントは全て拝読させて頂いております。
    日頃のご配慮に感謝します。

    アメブロにタイトル同じで移行。

    2012/4/15(日) 午後 3:55

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事