ここから本文です
日本よい国、きよい国。 世界に一つの神の国。
降り積もる深雪(みゆき)に耐えて色変えぬ 松ぞ雄々しき人もかくあれ

書庫全体表示

イメージ 1
昭和天皇・香淳皇后 ご真影


拙ブログにご来訪くださり感謝を申しあげます。

女優の市原悦子さんが身罷られました。
衷心よりお悔やみもうしあげます。
大正、昭和、平成を生き抜き辞世された著名人の訃報が続いています。
著名人だけでなく、激動の時代に生まれ、戦後焦土の中から復興し、敗戦から再び大国へと押し上げた原動力となった世代が舞台から去られていくさまは本当に寂しく思います。

「降る雪や明治は遠くなりにけり 」

昭和58年に亡くなった俳人、中村 草田男(なかむら くさたお)氏は明治生まれでした。昭和の時代を目の当たりにして、雪が降るという季節の節目に立ち、母校の小学校を尋ねた際に作った句だそうです。
生まれた時代を振り返って、明治という時代が遠くになったものだな、と言う感慨を句にしたものと思います。
昭和に生まれた筆者も還暦を前に、時々昭和という時代を懐古し、今日の日本と対比することが多々あります。今日のように物質的に恵まれ豊かな時代に暮らしていても、何か大きな忘れ物をしたような?大事なものを置き去りにしてきたように思えてなりません。地域の紐帯は薄れ、個人主義が蔓延り訴訟社会になってしまった平成の日本。豊かではなかったけれど幸せだった昭和の時代。

「昭和は遠くなりにけり 」と・・・

今日は成人の日です。かっての成人になる儀式は元服といいました。
十歳そこそこで元服された先人もおられます。
時は流れ、現代の若者は7割以上が成人式は「20歳で」とし、18歳成人式について「受験」「就職準備」と重なるなど現実的な支障を挙げる若者が多いとか。今どきの成人式は大人としての「自覚を持つ」より、久しぶりに友人と会える、同窓会的役割が主なようです。気骨があった明治人、他人の為に生きた大正、昭和初期の世代、戦前の薫陶をわずかばかりではあるが受け継いでいた昭和中期、後期の世代。

先人を否定し、日本の歴史、文化を忘れ、日本人らしさを失っていくのは自らのルーツを否定しているのと同じではないかと筆者は思うのです。
昨今の日本を見るにつけ、日本が日本で無くなっているような錯覚にとらわれ落胆させられることが多々あります。
今一度、日本という「祖国」「母国」について熟考せねばならぬ時代が来ているのではないでしょうか?

  • 顔アイコン

    日本を取り戻しましょう!

    ナイス

    保守の会会長 松山昭彦

    2019/1/14(月) 午前 9:00

    返信する
  • じせいのくがたくさんしょうかいさてているとかんちがいいたしました。
    じぶんなりになっとくできるじんせいでおわりたいものだとおもっています。

    watch_compass

    2019/1/14(月) 午後 0:54

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事